ランクル200 現行ジムニー&スイスポ 先代86&BRZは今いくら? あの人気モデルの中古車相場

ランクル200、先代ジムニー&ジムニーシエラ、現行型スイフトスポーツは今いくら あのクルマの中古車相場

 新車の納期遅延の影響で中古車人気が高まっている。今回は、ランクル200、ジムニー、ジムニーシエラ、先代86&BRZなどなど、人気モデルの中古価格の現在を追った!

●トピック
・新型が買えないなら中古のランクル200は買いか?
・即納も可! ジムニー&ジムニーシエラの中古車状況は?
・新型登場! 先代86&BRZの中古車相場は?
・現行スイスポを中古車で買うのはありかなしか?
・最後のEJターボ WRX STIの中古買いか否か?
・現行ロードスターを中古で買うのは良手か悪手か


※本稿は2021年9月のものです
文/大音安弘、伊達軍曹、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2021年10月26日号

【画像ギャラリー】中古車ならきっと手が届く…!? あの人気モデルをギャラリーでチェック!(31枚)画像ギャラリー

■新型が買えないなら中古のランクル200は買いか?

納車が見えない300より高年式ランクル200なら賢い選択だ。V8、4.6Lを味わおう!

 世界的なSUV人気に加え、コロナ禍における減産を余儀なくされたため、信じられないほど納期が長納期化しているランクル300。現在の納車待ちは2年以上とアナウンスされているが、現実的にはそれが最短と捉えるべき。

 最新の生産状況によれば、9月と10月はストップしている。これからオーダーしても、気長に待つしかないのだ。

 そうなれば自ずと先代のランクル200に目が向く。やはりプレミア相場となっており、高年式低走行の最上級車「ZX」はオプション込みとはいえ、800万円以上が当たり前に……。とはいえ、購入検討者には今、ランクルが必要な、ランクルが欲しい理由があるはず。

 そこで、先進安全機能が標準化された2015年のマイナーチェンジ後のモデルで、価格と内容のバランスの取れた中古車を狙いたい。もちろん、新車のオーダーも忘れずに。高年式の200ならば、下取りも期待できるし、気に入れば、新車をキャンセルし、乗り続けるのもアリだ。

 200の魅力はなんといっても4.6L、V8エンジン。その繊細で力強いフィールは、今が最後の贅沢な楽しみとなる。

(TEXT/大音安弘)

■即納も可! ジムニー&ジムニーシエラの中古車状況は?

ジムニーもシエラも中古車は即納状態! が、数万km走行のタマでも新車価格を超えるという

 発売より大人気のジムニーとシエラ。納期はジムニーが1年、シエラはそれ以上と言われ、入手まで時間が必要。しかし、意外にも中古車は豊富。新車同様の登録済み未使用車も多い。

 が、いずれも強気相場。スッピン車でも、新車価格の2割増しなんてのもざら! 特にシエラの価格が高い傾向。さらに、数万km走行の中古車や初回車検済みのタマでも、新車価格を超えるほど。これでは、中古車の旨味はゼロに等しい。

 ご存知のとおり、ジムニー&シエラは実用車の色合いが強い。新車供給が早まれば、価格は落ち着いていく。そうなると中古車の数も潤沢になると、分析する。

 今、新車は、半導体不足で大きな減産を余儀なくされている。この解消が大きなキーとなる。シエラは、海外向けをインド工場でも生産開始するも、半導体不足は同様だ。

 軽仕様は日本専売なので、将来的には納期短縮となるはず。今は、最大1年待つつもりの新車オーダーが賢い。シエラについてはもともと国内割り当てが少ないので、判断が難しい。ただ中古車価格の落ち着きは待ちたいところだ。

(TEXT/大音安弘)

次ページは : ■新型登場! 先代86&BRZの中古車相場は?

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ