なんと1億5000万円のGT-Rイタルデザイン、なんでこんな値段になったの!?

なんと1億5000万円のGT-Rイタルデザイン、なんでこんな値段になったの!?

 イタルデザインは昨年11月2日、GT-R 50 by Italdesignの出荷を開始した。世界限定50台が順次納車される予定で、日産GT-R50 by ItaldesignはGT-Rとイタルデザインが各々2019年と2018年に迎えた50周年を記念して共同開発したモデルで、50台が限定生産される。

 GT-R NISMOをベースとし、ニスモで組み立てられた専用エンジンの3.8LV6ガソリンツインターボ「VR38DETT」エンジンは、ニスモがGT3で得たノウハウを生かして、手作業で組み立てられ、最大出力は720ps、最大トルクは79.5kgmに引き上げられている。この消費税込みの車両価格は、1億4530万5600円。しかし、実際にこの価格に見合ったパフォーマンスなのかどうか、なぜこんな値段になったのかを西川淳氏が分析する。

文/西川淳、写真/NISSAN

【画像ギャラリー】ついに納車開始!! GT-R50 by イタルデザインの市販モデルからプロトタイプまで全部見せます!!(24枚)画像ギャラリー

■ラグナセカでGT-R50イタルに乗れた!!

 GT-R50 by Italdesign(以下、50イタル)の顧客への納車がついに始まったらしい。限定50台のうち2割=10台前後は日本にやってくる予定らしく、街で見かけることは難しいかもしれないけれど、イベントなどに現れてくれることを楽しみに待ちたいと思う。

 もっとも東京都心では世界限定19台、日本わずか2台のランボルギーニシアンロードスターだって走っている。「輸入車」とはいえ、日本の名車がルーツだ。案外、東京あたりではすぐに目撃できるかもしれない。

 それはさておき、筆者はこの貴重なモデルのプロトタイプにかつて試乗したことがある。2018年の夏、モンタレーカーウィークに訪れた際、幸運が舞いこんだ。発表されたばかりの50イタルを物欲しげに眺めていると、旧知のデザイナーでイタルデザインのヘッドに就任していたフィリッポ・ペリーニに再会し、そこでなんと試乗の空きスロットがあるから乗ってみないか、と誘われたのだった。

サーキットを疾走するGT-R50イタルデザインのテストカー。このクルマは、主にボディやリアウィング、カーボンパーツなどエクステリア各所の剛性・耐久テストのために、サーキット走行で使用した車両
GT-R50イタルデザインのテストカーは2021年1月から3月の期間に銀座にある日産クロッシングにて展示された

 チャンスはコークスクリューで有名なラグナセカを先導車両付きでわずか数周のことだったが、大舞台での試乗に心は大いに躍った。もっとも、先行するGT-Rニスモとの差がなかなか縮まらないと思っていたら、この時点で中身はニスモと同じで、720psではなかったらしい。それでもこの「カタチ」に乗れただけでクルマ好きとしては大満足だったし、誇らしい気分になれた。

■全世界限定50台の希少価値はおいくら?

 結局のところ、そういうことなのだ。どれだけこのカタチに特別な思いを抱くことができて、それが世界で50人に限定されているという事実にいかなる価値を個人的に見出すことができるか。それによっておよそ1億5000万円という値段に対する妥当性がまずは生まれるのだと思う。そのうえで冷静に考えてみて、この価格が高いか安いかを論じてみたいと思う。

 まず、ベース車両のGT-Rニスモの価格は約2500万円であることを思い出してほしい。50イタル用のエンジンはパワーアップされており、ワークスチューンであることを考慮すれば3000万円程度の価値はまずあると踏んでいい。

日産GT-Rニスモ スペシャルエディション2022年モデル、価格は2464万円。本モデルはすでにオーダーが予定していた販売数を超えたため注文受付を終了している。東京オートサロン2022に出展予定

 そのうえ、現時点ではもう新車をオーダーすることができず、今後はプレミア価格になっていくからベースモデルの価値はさらに上がっていくが、話がややこしくなるので今回そこは考慮しないことにしよう(将来性については最後にもう一度述べたい)。

 中身(ベースモデル)の価値が3000万円だとして、50台限定の50イタルの価格はその約5倍だ。これは果たして高いのか、安いのか。

次ページは : ■GT-R50イタルデザインはハイパーカーにふさわしいのか