悲運のミニバン ホンダエリシオンはいま復活すれば売れるのか?

悲運の高級ミニバン ホンダエリシオンはいま復活すれば売れるのか? やっぱり無理か??

 ホンダのミニバンといえば、つい先日新型がお披露目されたステップワゴン、そして2021年末に惜しまれつつ生産終了となったオデッセイが有名だが、かつてはその上位に「エリシオン」というLサイズミニバンがラインアップされていた。

 トヨタアルファードや日産エルグランドと比べると、エリシオンの認知度はいまひとつ。2004年から販売されていたが、日本では2013年に一世代のみで生産終了となってしまった。悲運の名車、エリシオンの魅力について振り返っていこう。

文:吉川賢一
写真:HONDA

【画像ギャラリー】「走りは一級」だった悲運のミニバン ホンダ「エリシオン」と「エリシオン プレステージ」の全歴史(37枚)画像ギャラリー

2000年代の流行を抑えた、ホンダ流「走り」のミニバン

 3代目オデッセイをベースとして、両開きスライドドア8人乗りのLクラスミニバンとして誕生したエリシオン。サイズは、全長4845mm×全幅1830mm×全高1790mm、ホイールベースは2900 mm。2004年当時のアルファードやエルグランドといったライバルと、全長や全幅は同等レベルであったが、全高は、当時のホンダの「低重心パッケージ」によって、他のLサイズミニバンと比較すると、低めであった。

 昨今のミニバンのフロントフェイスと比べると、おとなしいフェイスではあるが、その分、すっきりしたフロント周りや鋭い眼差し、低く構えたエクステリアデザインは、エリシオンのスポーティでラグジュアリーな存在感を引き上げていた。

 当時は、背高なミニバンをエアロパーツで武装し、さらにはローダウンする文化が全盛期を迎えていたころ。そうした需要も考慮してか、2.4LのLXグレードを除いた他は、すべてAERO仕様となっていた。

全長4845mm×全幅1830mm×全高1790mm、ホイールベースは2900 mm。2004年当時のアルファードやエルグランドといったライバルと、全高は低いが、全長や全幅は同等レベルのLクラスミニバンであった

 2列目ベンチシートの8人乗りをメインとしていたが、メーカーオプションで2列目キャプテンシートの仕様もあった。オッデセイ(2830mm)よりも70mm長いホイールベースによって、3列目シートでもゆとりのある居住空間が確保されており、2列目/3列目は、6:4分割ができるチップアップ&スライドシートだ。ホンダお得意の低床プラットフォーム技術によって、フラットな室内フロアであり、シートアレンジ次第では、荷物もたくさん載せられるようになっていた。

 上級グレードには木目調フロントパネルや、センターコンソールのブルーイルミネーションなども採用、運転席・助手席・後席のそれぞれで温度設定ができるフルオートエアコンを装備し、収納も豊富で、利便性も十分だった。

8人乗り仕様の内装。3列目シートもサイズが大きくて居心地は快適だった。インテリアカラーはキャメル

優れた走行性能、V6エンジンには気筒休止システムも

 エンジンはV型6気筒3.0Lのi-VTEC(最高出力250ps、最大トルク309Nm)と、直列4気筒2.4Lのi-VTEC(160ps、218Nm)の2種類。トランスミッションは5速ATだ。前者は、同社のLクラスセダン「インスパイア」と共通であり、走行状況に応じて3気筒を休止させる「可変シリンダーシステム」まで装備していた。燃費はJC08モードで9.0km/L(2.4Lは9.9km/L)と、よくもないが悪くもないレベルであった。

 駆動方式はFFと4WDがあり、サスペンションは前後ダブルウィッシュボーンタイプ。215/60R17サイズのタイヤを装着していた。重心が低いことから、やはり走行性能は、ライバル達よりも優れていた。他のミニバンでは車酔いする人でもエリシオンでは酔いにくいという評判もあった。

次ページは : 人気低迷でフェイスを派手にするが、欲しかったのは「高い全高」

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ