NISMO STI TRD MUGEN…極上ワークスチューニングデモカー8選

NISMO STI TRD MUGEN…極上ワークスチューニングデモカー8選

 2021年11月15日、ツインリンクもてぎ南コースで開催された『ワークスチューニンググループ合同 試乗会』で試乗した下記 計8台のデモカーをレポート!

●ラインナップ
・NISMO スカイライン400R ニスモパーツ装着車
・NISMO ノートオーラNISMO ニスモパーツ装着車
・STI BRZ S STIパフォーマンスパーツ装着車
・STI フォレスター STIパフォーマンスパーツ装着車
・TRD ヤリス ラリー仕様(1.5L・FF)TRDテスト車両
・TRD ハイラックス オフロードレース仕様
・無限 シビック MUGENパーツ装着車
・無限 ヴェゼル MUGENパーツ装着車

※本稿は2021年12月のものです
文/武井 寛史、写真/ベストカー編集部 ほか、撮影/平野 学
初出:『ベストカー』2022年1月10日号

【画像ギャラリー】ひたすらに強く早く巧く走るために生みだされたクルマたち!! ワークスチューニンググループ合同試乗会を見る!!(32枚)画像ギャラリー

■NISMO

●スカイライン400R ニスモパーツ装着車

NISMO スカイライン400R ニスモパーツ装着車。ブースト圧と点火時期のチューニングを行う「NISMOスポーツリセッティング TYPE-2」を装着
NISMO スカイライン400R ニスモパーツ装着車。ブースト圧と点火時期のチューニングを行う「NISMOスポーツリセッティング TYPE-2」を装着

 最も刺激的だったのがこの400R。NISMOでは400R専用のフロントアンダースポイラーを新開発。空力性能を損なうことなくダウンフォースを得られる自信作だ。

 イチ推しはスポーツリセッティングと名付けられたCPUチューニング。最高出力を変更することなく中間域のトルクを増大させることでノーマルを超える瞬発力を得ている。

 実際ドライブしてみるとピークパワーが変わっていないのに馬力が上がった感覚。サスペンションはノーマルだったけどトラクションコントロールをオフにしてコーナーを攻めたい気にさせられた。

 コーナーでアクセルを踏み込むとテールがスライドして立ち上がっていく感覚はFRスポーツの醍醐味だ!

 調子にノリ過ぎてスピンしてしまったのはここだけの話……。

●ノートオーラNISMO ニスモパーツ装着車

NISMO ノートオーラNISMO ニスモパーツ装着車。Cd値は悪化せずにダウンフォースを得られるフロントスポイラーなどを装着
NISMO ノートオーラNISMO ニスモパーツ装着車。Cd値は悪化せずにダウンフォースを得られるフロントスポイラーなどを装着

 検索サイト『グーグル』で日産と入力すると予測でトップに出てくる注目のオーラのNISMOバージョン。コーナリング性能が抜群だった。外から見るとロール量は多くタイヤに負担がかかっているようだけど、ドライバーに伝わるフィーリングは破綻することなくスムーズに曲がる印象。

 そもそもトルクが高く瞬発力が魅力のオーラだけど、ホイールの素材を鍛造に変更し1輪あたり4kgの軽量化に成功したことでさらに駿足に仕上がっている。NISMOがチューニングしたらこうなるというお手本のような仕上がりだ。オーラNISMOは『静かで速い』。

次ページは : ■STI

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ