せ、1000馬力ってマジっすか!? これぞ究極チューニング!! 1000psのGR86を最新タイヤが受け止める【東京オートサロン2022】


 近年の日本のチューニング界を牽引するのはやはりGR86だろう。東京オートサロン2022では何十台ものGR86がカスタマイズされていたのだが、そのなかでも最強スペックを誇る1台を紹介しよう。

 しかも展示されているのはなんとタイヤメーカーのブース。赤と黒のあのカラーに身を包んだGR86の詳細に迫ります。これぞチューニングカーって感じがしていいですよね(レーシングカーだけど)。

文/写真:ベストカーWeb編集部

【画像ギャラリー】1000psのエンジン独占公開!! 大パワーを受け止める最新タイヤが凄い(7枚)画像ギャラリー

■GR86に直6が入るのね……劇的チューニングを受け止めるタイヤも見よ

アドバンカラーってだけでもめちゃくちゃかっこいい

 GR86といえば2.4L水平対向エンジンを搭載するFRスポーツだ。コンパクトな水平対向エンジンだけに重心を下げることができ、運動性能のバランスの向上、素直なハンドリングなど大きなメリットがある。

 そこにこだわってスバルとトヨタの協業で生まれたGR86なのだが、東京オートサロン2022では吸排気系チューニングなど、パワーアップを求めるチューナーが多く出展していた。

 どれもこれもかっこいいデモカーばかりで目移りをしていた担当だったが、とんでもないぶっ飛びマシンが目に飛び込んできた。赤と黒のツートンのADVANカラーに身を包んだマシンだ。

 ドリフト仕様のこのマシン、まずはエクステリアがすごいのなんの。老舗エアロメーカー「ロケットバニー」のエアロでワイドボディになっているのだが、ホイールサイズはフロント10J、リア11Jのまさにレーシングカーサイズ。

リア11Jの迫力がすごい。マシンメイクは近年のドリフトマシンの定石に則っているが、もしかしてドリフト競技に参戦するのか!?

 そしてエンジンはなんと2JZ-GTE。トヨタの直6エンジンの名機をスワップしているところまではまだ理解できるのだが、さらにHKSの3.4L化キットを組み込みなんと1000ps超えという。

 一瞬「ここはなんのブースだっけ?」と自問自答したが、この大パワーを支えるタイヤこそがこのブースの出展者である横浜タイヤのアドバンネオバAD09。1000psにも対応できるよ、という自信の現れでもあるのだがなかなか思い切った展示だ。

 タイヤサイズは255/35/R18をフロントに組み込み、リアは圧巻の295/35R18。フェンダーぱっつぱつのこのタイヤサイズを飲み込むボディメイクはさすがのひと言。走っているところを見てみたい!?

AD09の開発現場潜入レポートはこちらから

■M4はオトナ仕様もやっぱりこだわりが凄い

なんとなくグリルに見慣れてきたBMW M4。スタディーのカスタムでオトナ仕様ながらリファインされている

 もう1台気になるのがアドバンスポーツV107を装着していたBMW M4。このグリルいつまでも見慣れないと思っていたけど、なんだか少し見慣れている気がするのが凄い。

 こちらはBMWのカスタムでお馴染みのスタディーのデモカー。なんとアドバンスポーツV107のプロモーション映像にも登場しているもの。やっぱり車高を落とすとBMWは一層かっこよくなるなぁ……。

ラグジュアリーにそしてスポーティにを両立するタイヤがV107だ。タイヤのキャラクターをデモカーの性格で表現している

 足元を支えるアドバンスポーツV107は単なるラグジュアリータイヤではなく、スポーティなクルマに装着してもそのパフォーマンスをしっかりと支え、なおかつ快適性とのバランスをとったタイヤだ。

 V107のコンセプトムービーがなかなか凝っているのも合わせてお伝えしよう。なんと渋谷のスクランブル交差点を走っているのだが、これはもちろんCGとスタジオ撮影の合成。

ちなみに実車走行シーンは栃木県足利市にあるスクランブル交差点の撮影用セットを使ったという(なんでもあるものだなぁと感心)。力作のプロモーションビデオはぜひ横浜ゴムの公式YouTubeなどで見てほしい。

【画像ギャラリー】1000psのエンジン独占公開!! 大パワーを受け止める最新タイヤが凄い(7枚)画像ギャラリー