コスパで選べ! 年収200万円台の人でも買える軽自動車はどのクルマ?

コスパで選べ! 年収200万円台の人でも買える軽自動車はどのクルマ?

 2021年12月10日。新型アルトの発表会の席上、鈴木俊宏社長は、初代アルトに当時の鈴木修社長が47万円という破格の値段を付けたことに触れ、新型アルトの94万3800円という価格(※A・2WD)が、当時の47万円に比肩するものではないか、と発言しました。

 本稿を執筆してくれた自動車評論家、渡辺陽一郎氏が詳述してくれているように、大卒初任給をベースに1979年の47万円を今の貨幣価値に換算すると94万4000円。鈴木社長の発言は妥当かつ、しかも安全装備へのコストが上昇しているなかで考えれば、素晴らしいコストパフォーマンスだと表現しても差し支えないでしょう。

 ただ、そうは言っても、(100万円を切るクルマを目の前にしても)厳しいお財布事情の昨今。今回はそれでもなんとかしてクルマが欲しいという人に向けて、ただ安いだけじゃない、年収200万円台の人でも買える価格と装備を両立させた「コスパのいい」軽自動車、ご紹介します。

文/渡辺陽一郎
写真/SUZUKI、DAIHATSU、HONDA

【画像ギャラリー】アルト、ミライース、ワゴンR、ムーヴ、N-WGN コスパで選ぶ軽5台をギャラリーでチェック!(18枚)画像ギャラリー

■コスパNo.1:スズキアルト A(94万3800円/CVT)

スズキアルトAは衝突被害軽減ブレーキや車線逸脱やふらつき警報機能は標準装備。電動格納ミラーは非装着だが、これだけの機能が備わっていて94万3800円は破格だ
スズキアルトAは衝突被害軽減ブレーキや車線逸脱やふらつき警報機能は標準装備。電動格納ミラーは非装着だが、これだけの機能が備わっていて94万3800円は破格だ

 クルマの購入予算を抑えたい場合、中古車を選ぶユーザーも多いが、新車も魅力的だ。新車は誰にも使われていないから、キズや汚れがなく、他人が運転したことによるクセも付いていない。

 しかも設計が新しいから、進化の著しい安全装備も最先端の内容が備わる。安全なクルマが欲しいユーザーにとって、新車を選ぶメリットは特に大きい。

 ただし新車は当然ながら価格は高い。そこでなるべく少ない予算で購入できる新車について考えたい。候補は軽自動車から挙げる。軽自動車は価格が安いだけでなく、税金や燃料代など、購入後の出費も抑えられる。そのために割安度がさらに強まる。

 低価格の車種とグレードを推奨するが、衝突被害軽減ブレーキなどの安全装備はなるべく多く装着したい。安全性はクルマにとって一番大切な性能で、先に述べた通り、安全なクルマを選べることが新車を買う大切な魅力になるからだ。

 軽自動車の割安度で1位になる車種は、2021年12月にフルモデルチェンジを行ったアルトだ。ベーシックなAは94万3800円の低価格だが、安全装備は本格的だ。

 衝突被害軽減ブレーキのデュアルカメラブレーキサポートに加えて、車庫入れなど、低速で後退している時に衝突被害軽減ブレーキを作動させる後退時ブレーキサポートも備わる。車線逸脱やふらつき警報機能、運転席/助手席/サイド/カーテンエアバッグなども標準装着した。

車線逸脱や「ふらつき警報機能」を標準で装着
車線逸脱や「ふらつき警報機能」を標準で装着

 実用的な快適装備も、キーレスエントリーやパワーウインドウを標準装着する。上級グレードと比べて劣るのは、電動格納式ドアミラーの非装着程度だ。これだけの内容で、価格が94万3800円であれば、とても割安だ。

初代スズキアルト(47万円)。1979年に発売されてヒット作となった。初代アルトはエアバッグやパワステも非装着。ほぼ同じ貨幣価値で販売される現行アルトAがいかにお得かわかる
初代スズキアルト(47万円)。1979年に発売されてヒット作となった。初代アルトはエアバッグやパワステも非装着。ほぼ同じ貨幣価値で販売される現行アルトAがいかにお得かわかる

 ちなみに初代アルトは、1979年に47万円の低価格で発売され、ヒット作になった。大卒初任給をベースに、1979年の47万円を今の貨幣価値に換算すると94万4000円になる。つまり初代アルトの貨幣価値は、現行アルトAの価格と合致するのだ。今の大卒初任給は、1979年の約2倍に相当するので、この計算が成り立つ。

 初代アルトの装備は簡素で、エアバッグや4輪ABSなどの安全装備は一切装着されていなかった。パワーステアリングも非装着で、エアコン、時計、ラジオなどはオプションだ。左側の鍵穴まで省いていた。

 一方、ほぼ同じ貨幣価値で販売される現行アルトAは、前述の通りフル装備になる。表現を変えると今のアルトは、47万円だった初代モデルに比べると、装備が大幅に充実した分だけ格安だ。超絶的な買い得車になっている。

 そしてアルトの歴代モデルを振り返ると、現行Aのようなベーシックグレードは、いつの時代でも「1979年の47万円」に相当する価格で設定されていた。「なるべく安く新車を買いたい」と考えるユーザーのために、アルトは常に同程度の経済的な負担で、機能や装備を時代に応じて進化させていった。

 そのために「1979年の47万円」に相当する歴代アルトを時系列で見ていくと、軽自動車の、というよりも日本のベーシックカーの歴史が分かる。

 アルトAの購入予算は、94万3800円の車両価格に、税金や自賠責保険料を加えて約105万円になる。5年間の残価設定ローンを利用する場合は、頭金のない均等払いで、月々の返済額は1万5600円だ。

 なおアルトAは、マイルドハイブリッドを搭載しないが、WLTCモード燃費は25.2km/Lと優れている(マイルドハイブリッドは27.7km/L)。

 空間効率の優れたプラットフォームによって車内は広く、身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座る乗員の膝先空間は握りコブシ2つ半とタップリしている。足元空間の前後方向の余裕は、ハリアーやCR-Vと同程度だ。

 後席の座り心地は、座面の奥行寸法が短く快適性を妨げているが、長時間の移動でなければ大人4名が乗車できる。つまりアルトAは、ファミリーカーとしても使えるから、低価格で新車を買いたいユーザーには推奨度が最も高い。

次ページは : ■コスパNo.2:ダイハツミライース B・SAIII(92万6200円/CVT)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!