ヤリスクロス アルファード アクア ヴェゼル……売れてるクルマのベストグレード

ヤリスクロス アルファード アクア ヴェゼル ルーミー……みなさんの見識に脱帽です! 売れてるクルマのベストグレード

 ほしいクルマは決まっているけど、どのグレードにしたらいいかわからない……そんな人は多いハズ。「賢いグレード選び」は、買う人によっても当然違う。

 そこでここでは、アクア(トヨタ)、ルーミー(トヨタ)、ヤリスクロス(トヨタ)、ヴェゼル(ホンダ)、アルファード(トヨタ)、人気モデル5台の「オススメ買い得グレード」を、自動車評論家、そして「コスパの鬼」こと渡辺陽一郎氏が解説!

 自分がほしいグレードを選ぶ際のポイントもわかるハズ!

※本稿は2022年2月のものです。
文/渡辺陽一郎、写真/TOYOTA、HONDA

【画像ギャラリー】人気モデル揃い踏み! グレード選びが悩ましい5台をギャラリーでチェック!(30枚)画像ギャラリー

■トヨタ アクアの買い得グレード:Z(240万円)

トヨタ アクア ※写真はZ・2WD(クリアベージュメタリック)※オプション装着車

■トヨタ アクアの人気グレード上位3
●1位/Z…30.7%
●2位/G…24.2%
●3位/S STYLE BLACK…17.5%
※2021年1月~12月のデータ・トヨタ調べ

 アクアには4種類のグレードが用意されるが、最も買い得なのは、装備を充実させて価格を割安に抑えたZ(240万円)だ。

 2WD同士でZとG(223万円)を比べると、ZはGに比べて17万円高いが、15インチアルミホイール(オプション価格は4万9500円)、バイビームLEDヘッドランプ(同11万円)、ディスプレイオーディオの10.5インチ化(3万8500円)などが加わる。さらに内外装の質も向上する。

 注意したいのは、Gにオプション設定されて、Zに標準装着される装備だけでも、価格を合計すると19万8000円に達することだ。つまりZとGの価格差となる17万円を飛び超えてしまう。

 さらに内装の上級化などもあるから、ZとGの実質差額は約22万円だ。これだけの内容が17万円の上乗せで得られるため、アクアではZが買い得グレードになる。

 仮にGを選んでオプション価格が11万円のバイビームLEDヘッドランプを装着するなら、さらに6万円を加えてZにグレードアップしたい。数年後に売却する時の査定は、年式と走行距離に加えて、グレードで判断される。

 中級のGにオプションでバイビームLEDヘッドランプを加えるよりも、これらを標準装着する上級のZを選ぶ方が、買い得で査定でも有利になりやすい。

 なおアクアの販売動向を見ても、最上級のZが全体の30.7%を占める。買い得グレードが売れ筋になっているわけだ。

次ページは : ■トヨタ ルーミーの買い得グレード:カスタムG(191万4000円)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

サッカー日本代表に負けじとアツい! 創刊45周年記念号 第2弾! ベストカー12月26日号

大盛り上がりのサッカー日本代表同様に、アツい内容でお届けするのが発売中のベストカー12月26日号! 創刊45周年記念第2弾の今号は名物の「ゼロヨンテスト」特集や今年を振り返る「クルマ界2022 The総括」特集。大注目の格好いい新型プリウスを丸裸にする特集もあります!

カタログ