【厳禁!!】クルマを1か月置きっ放しにしたら起こる「寿命が縮まる要因」とは

タイヤ潰れによる異常振動や、融雪剤による錆の進行も

 また、ずっと一か所に同じ負荷をかけられた状態となるタイヤには「つぶれ癖」ができてしまいます。わずかなつぶれ癖であれば、クルマを走らせれば元に戻りますが、目視でへこみが分かるほど癖がついてしまうと元に戻らず、「円」ではなくなってしまうため、走行中にバタバタと振動が発生してしまうことがあります。

 できれば一週間に一度はクルマを動かして、エンジンオイルをいきわたらせ、タイヤの癖をとり、バッテリーに充電をさせておきたいところです。

 ほかにも、潮風があたる場所で放置したり、雪道を走って融雪剤が付着したまま放置すると、ボディが錆びてしまう可能性もあります。

路面に白く浮いているのが融雪剤の跡。こうしたところを走行すると、知らずうちにクルマへと融雪剤のカスが付着する。そのままの状態で、クルマを長期間止めておくと、錆の原因となりうる(PHOTO:写真AC_会社員)
路面に白く浮いているのが融雪剤の跡。こうしたところを走行すると、知らずうちにクルマへと融雪剤のカスが付着する。そのままの状態で、クルマを長期間止めておくと、錆の原因となりうる(PHOTO:写真AC_会社員)

半年動かさないと、ガソリンが劣化

 そして半年にもなると、上記に加えて、「ガソリンの劣化」が心配です。ガソリンタンクの中は密閉されてはいますが、タンク容量に対してガソリンが少なければ、その隙間に空気があるわけで、その空気が多ければ多いほど、劣化が早まってしまいます。

 ガソリンが満タンで、タンク内の空気が少ない状態で放置されていたとしても、半年経過したガソリンは使わずに入れ替えることをお勧めします。ただし、ガソリンは危険物ですので、自分では行わず、専門家に任せてください。

 そのほかにも、オイルシールなどのゴム製品の硬化や固着も考えられます。タイヤもそうですが、ゴム製品は、伸び縮みをすることで柔軟性を保つことができ、放置されると劣化は早まってしまいます。

 さらに一年以上放置されていたクルマでは、上記に加えてブレーキやボディ関連の部品が錆びついていることが考えられます。ブレーキのローター表面の錆だけならば、少し走行すれば元に戻せますが、摩擦材がブレーキローターと固着してしまったり、ボディに錆が浮いてしまいクルマへ乗り込んだ瞬間に、「ミシミシ」と、亀裂が発生してしまうようだと、もうどうにもなりません。

隙間に付着した塩分によって、見えないところから錆が浸食している可能性も(PHOTO:Adobe Stock_ike)
隙間に付着した塩分によって、見えないところから錆が浸食している可能性も(PHOTO:Adobe Stock_ike)

長期間クルマを使用しない場合は、事前に対策を

 海外出張や長期旅行、長期入院などで、どうしても長い期間、クルマを使うことができない場合は、できるだけ屋根付きの駐車場を確保し、ガラスに日よけなどをつけた上で、ガソリン満タン、バッテリーのマイナス端子を外す、タイヤの空気圧を上げる、エンジンオイルを保持性の高いオイルに替える、などの措置をしておくと、ダメージが少なくて済みます。

 特に、潮風にさらされるような海沿いの地域や、雪が降りやすい地域で屋外駐車をしていた場合は、クルマのボディ表面が一見キレイに見えても、隙間に付着した塩分によって、見えないところで錆が浸食している可能性もあります。普段から月に1度は洗車をし、長期間クルマを放置する前にも、洗車をしておくと安心です。

◆     ◆     ◆

 クルマの状態にもよりますが、1ヶ月程度であれば、すぐにトラブルに直結するほどのダメージには至らないと思われます。しかしながら「リハビリ」は必要です。走り出しは速度を抑え、ブレーキの効き具合や、エンジンに異常振動がないかなど、クルマの調子を見ながらの走行をお薦めします。

 ただ、本文中で触れたように、クルマはやはり毎日乗ってあげることが理想的です。毎日乗ることができなくても、3日に一度、できれば1週間に一度は、30分以上クルマを走らせて、状態をチェックするようにしてください。

【画像ギャラリー】クルマ置きっぱなしにしていない!? クルマの放置が引き起こすさまざまなトラブルとクルマの寿命を縮めてしまうNG行為(14枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!