何がダメなのか!? 期待を裏切った新車 ワースト6 【2008-2018】


スカイライン「いろいろな要素が海外向けに」

日産 スカイライン(2014年発売)/現行型は13代目と伝統を誇り、日本の自動車ファンに最も愛される1台のひとつだが、海外志向であることは否めず販売も低調

 歴代スカイラインは、大きく見せるボディスタイルと、引き締まった外観を交互に採用してきた。

 分かりやすいところでは、7代目(R31)は大きく見せて、8代目(R32)はスポーティに。9代目(R33)では、再び拡大されて3ナンバー車になった。

 当時は節操がないと思ったが、市場動向に合わせて拡大と縮小を繰り返していた。マークII(現在のマークX)のような上級セダンが売れ筋になると、スカイラインも4ドアハードトップを用意して、豪華指向にならざるを得なかったのだ。

 そうすると、スカイラインのファンから厳しく批判され、次はスポーティに転じた。ファンは喜ぶが、売れ行きが下がり、再び大きくする繰り返しだった。

 ところが11代目のV35型以降は、この繰り返しもなくなった。13代目になる現行型(V37)まで、一貫してボディを拡大している。スカイラインがインフィニティ G35として海外を中心に売られるようになり、日本の市場をほとんど考慮しなくなったからだ。

 現行スカイラインのボディは、全長4815mm、全幅1820mmまで拡大され、フロントマスクのエンブレムも日産ではなくインフィニティだ。日本で売られるスカイラインなのにインフィニティを名乗る。このメリットが分からない。

 運転すれば操舵感が機敏で、北米向けに開発された一種のクセのような挙動を感じる。緊急自動ブレーキを作動できる安全装備は歩行者を検知できない。これも日本の安全装備の常識から逸脱する。

 以上のように今のスカイラインは、ボディスタイルとサイズ、運転感覚、安全装備まで、いろいろな要素が海外向けになってユーザーの期待を裏切っている。

ジェイド「3列目は補助席、2列目も長らく座面が不足」

ホンダ ジェイド(2015年発売)/ストリームの実質的後継車という位置づけだったが、3列ミニバンとしては中途半端なコンセプトで販売は伸び悩んだ

 ジェイドは3列シートのミニバンとして2015年に発売。全高が1530mmと低いこともあり、3列目のシートは補助席だ。大人が多人数で乗車できるのは、短距離の移動に限られる。

 天井が低いから、3列目を畳んでも自転車のような大きな荷物は積めない。ジェイドを「カッコ良さと実用性を併せ持つスポーティなミニバン」と受け止めたユーザーの期待は裏切られた。

 そして、各シート座面の奥行寸法は、1列目が505mm、2列目は450mm、3列目は425mmだ。2列目はミニバンの特等席とされるが、ジェイドでは座面の奥行が1列目に比べて45mmも短い。座り心地が悪く、快適なのは1列目のみとなった。

 そこでジェイドは、2018年5月の改良で2列シート仕様を設けた。2列目の座面も長くなり、座り心地のボリュームも増して快適性を大幅に高めた。しかし、今となっては、遅きに失した印象が強い。

次ページは : SX4 Sクロス「エスクードより割高で装備も乏しい」