商用車の王者、ハイエースに昨年改良を受けたキャラバンはどう立ち向かうのか!?

商用車の王者、ハイエースに昨年改良を受けたキャラバンはどう立ち向かうのか!?

 日本におけるキャブオーバーバンの二大巨頭、トヨタハイエースと日産キャラバン。どちらも日本で「商用車」と言ったら外すことのできない存在だ。

 そんな中、2021年10月20日にマイナーチェンジしたキャラバンだが、人気でハイエースに追いつけていない状況だという。ハイエースの強さはどこにあるのだろうか。ハイエースとキャラバンの違いを分析しながら、ハイエースが好調に売れる理由を分析していく。

文/国沢光宏
写真/日産、トヨタ

【画像ギャラリー】商用車の2大巨頭を画像でチェック!(13枚)画像ギャラリー

■いまだに続く商用車ワンボックスカテゴリーでのハイエース圧倒的な優位

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 02_20200417_02_01_s-600x332.jpg
モデルチェンジのサイクルで言えばハイエースの方が「古い」のだが、販売台数ではそれをものともせず人気を獲得しているという

 昨年のマイナーチェンジで安全装備や燃費を向上させた日産キャラバンながら、販売台数がググッと上昇するという状況になっていない。依然としてハイエースの圧倒的優位が続いている。

 同じような使い勝手を持ち、同じような価格帯のクルマなのに、なんでハイエースのほうが人気なのか? ハイエースで全日本ラリーに出場した1BOXカー好きの自動車評論家が分析してみたい。

■改良されたキャラバンの優位性

2021年10月20日にマイナーチェンジを行った日産 キャラバン。内外装デザインアップデートや動力系の進化、安全機能が追加がなされた
2021年10月20日にマイナーチェンジを行った日産 キャラバン。内外装デザインアップデートや動力系の進化、安全機能が追加がなされた

 まずマイナーチェンジでキャラバンがどんな改良を行ったのか、再確認しておきましょう。ひとつ目はパワーユニットの改良。従来、ガソリンエンジン同士を比べると、燃費や動力性能、静粛性でハイエースに5%くらい負けていた。そいつをイーブンにしている。

 ふたつ目はADAS性能。いわゆる自動ブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)の強化である。マイナーチェンジでモービルアイ製を採用した。

 従来モデルにもADASが付いていたけれど、レーダーしか付いていない旧式。停止車両に対する自動ブレーキ機能のみで、カメラがないため歩行者は検知すらできなかった。マイナーモデルはカメラ+レーダーという新しいタイプにグレードアップ。

 歩行者も検知可能な最新の乗用車とまったく同じ機能を持つから、安心して運転できるようになった。「サポカーSワイド」にも対応している。

■それでも根強いハイエース人気

 ラリーでハイエースに乗っている私ながら、実は1BOX好きで、キャラバンも何度か購入を考えたこともあります。そんなポジションからマイナーチェンジしたキャラバンを見ると、なかなか魅力的だったりする。

 だったらハイエースでなくキャラバンを買うか、と聞かれたら答えは「やっぱりハイエースかなぁ」。なぜハイエースを選ぶのかと言えば、3つ理由を挙げておく。

次ページは : ■理由1.中古車買取価格の高さ

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ