【3万円の510ブルに20万円のスープラ!?】あの名車の超激安物語 10選


 クルマは高い物というイメージがあるが、選ばなければ激安中古車も掘り出される。そして、高いクルマじゃなくても、クルマというものの楽しさは変わらない。

「安くてボロボロだったけど、クルマに乗れる日々が楽しかった!」。

 今回は、そんな経験をした自動車評論家やレーサーなど、10人による安く手に入れた愛車との思い出エピソードを紹介! 皆さんも同じような経験があったりするかも?

※本稿は2019年1月のものです
文:ベストカー編集部/写真:ベストカー編集部、TOYOTA、HONDA、NISSAN、SUZUKI
初出:『ベストカー』 2020年2月10日号

【画像ギャラリー】自動車評論家、レーサー、ラリーストのエピソードに登場した思い出のクルマたち


■左ハンドル練習用に20万円でC2を購入
新井大輝 ≪シトロエン C2≫

 僕の今まで購入したクルマで一番安かったのは、大学2年生の頃にとある知人から譲ってもらった「シトロエンC2 VTS」。20万円です。

 買った直後はエアコンが壊れ、塗装も剥がれかけていて『ボロい』という文字がここまで当てはまる車両もないだろうなという感じでした。

日本では2004年から導入されたシトロエン C2。写真は新井大輝選手が現在も所有している愛車

 しかし、車重も軽く、軽快なハンドリングで運転できるC2はクルマ好きなら絶対に虜になるはずです。発売当時のC2の記事を読むと評論家さんたちはあまりほめていませんでしたが……。

 C2を買った理由は単純で、ラリー車が左ハンドルになった影響で、練習をするのに普段から左ハンドル車に乗っておく必要がありました。それに加えてメンテナンスから修理まで今まで全部やってきたものですから、C2は愛着が湧きすぎて手放せません。

 買った当初はジリ貧金なしで、日本の酷暑をエアコンなしのまま乗り切りました。ラリー車でもないのに汗でびしょびしょになりながら運転したのはいい思い出です。

 今は走行距離13万㎞。だいぶ走ったので、なるべく労って運転するようにしています。

■強烈な印象を残した破格の3万円SSS
片岡英明 ≪日産 510ブルーバード≫

 免許を取って最初に買ったのは1967年式の「ブルーバード1600SSS」だ。名車「510」の初期型で、ワイパーが外側に向かってふき取るタイプである。これを弟のツテで、書店を経営しているクルマ好きのお兄さんから譲ってもらった。7年落ちで、車検は3カ月しか残っていなかったが、3万円と破格だった。

1967年に登場した3代目ブルーバードは510型。写真は片岡英明氏所有のものではないが、同型、同年式のSSS

 免許を取ったばかりだったので、これで運転の面白さを知った、と言っても過言ではない。ずっと残しておけばよかった、と思うくらい絶好調で、その後のボクの運命を決めたクルマでもある。L16型の4気筒OHCはツインキャブのセッティングがバッチリ決まっていて、6000回転オーバーまで軽やかに回る。フットワークも冴えていた。

 それもそのはず、最初のオーナーは、あの黒沢元治さんで、友人だった本屋のお兄さんに譲ったクルマだったのである。当然、スポーツキットが組み込まれ、エンジンは気持ちよく回ったし、足の動きもよかった。これ以降、マークIIやサバンナに乗ったが、強烈な印象を残したブルSSSを知ったあとではフツーのクルマに感じられたものだ。

次ページは : ■15万円で買ってレストアが終わったら……鈴木直也 ≪ホンダ ライフステップバン≫