敵は己にあり!? 新型フェアレディZ「プロトスペック」 696万円の価値と立ち位置

まさかのライバル車は!? 新型フェアレディZ「プロトスペック」の魅力と弱点

 2022年1月に開催された東京オートサロンにて、日産新型フェアレディZの日本仕様が発表された。日本仕様発表の5カ月前には、すでに北米仕様が発表となり、話題になっていた。

 2008年に現行型フェアレディZが発売してから、14年ぶりのフルモデルチェンジとなる。先に特別仕様車「プロトスペック」限定240台が先行発売される。日産公式メールマガジンに登録し、抽選販売となる。申し込みは、2022年3月24日15時まで。

 そこで、本稿では、新型フェアレディZの魅力に触れつつ、価格、スペック、ライバル車について解説していく。一番のライバル車は、まさかの…!?

文/渡辺陽一郎、写真/NISSAN、ベストカーWeb編集部

【画像ギャラリー】まもなく新型発売!! 新旧フェアレディZを画像でチェック(22枚)画像ギャラリー

新型フェアレディZがついに登場!!

東京オートサロン2022で、日本登場を果たした新型フェアレディZ。写真は2022年6月下旬頃に発売する240台限定の特別仕様車「プロトスペック」

 最近は2ドア、あるいは3ドアクーペのスポーツカーが大幅に減った。世界的にスポーツカーのニーズが下がった結果だが、国産車も10車種に達しない。その意味で新型フェアレディZの登場は注目される。従来型は2008年の発売だったから、14年ぶりのフルモデルチェンジだ。

 新型フェアレディZのボディサイズは、全長が4380mm、全幅は1845mm、全高は1315mmで、ホイールベース(前輪と後輪の間隔)は2550mmだ。従来型に比べると、全長は110mm伸びたが、全幅/全高/ホイールベースは同じ数値になる。つまり新型フェアレディZの位置付けは、従来型を踏襲した。

 エンジンはV型6気筒3Lに、ツインターボを装着したVR30DDTT型だ。スカイライン400Rと基本的に同じエンジンで、最高出力は405馬力(6400回転)、最大トルクは48.4kg-m(1600~5600回転)になる。6速MTと9速ATを設定した。

 販売方法は通常の車種とは異なり、まずは特別仕様車のプロトスペックを240台限定で発売した。購入するには新型フェアレディZのホームページにアクセスして、メールマガジンの会員に登録する。そのうえで購入の申し込みをする段取りだ。応募の締め切りは2022年3月24日15時とされる。

 240台を超える申し込みがあったときは、ユーザーを抽選で決める。購入する権利が得られたら、見積りを入手して販売店を選び、購入や納車の手続きをする。

 ほかのグレードは2022年6月下旬頃から販売を開始する予定だが、日産の販売店によると「車両に関する情報を把握しているのは、特別仕様車のプロトスペックのみ」だという。標準仕様/バージョンS/バージョンSTというグレードについては、価格を含めて2022年2月中旬時点では分かっていない。

 プロトスペックについては、前述の主要データに加えて、装備内容も公表されている。14年ぶりの刷新とあって安全装備は大幅に充実され、衝突被害軽減ブレーキを作動できるインテリジェントエマージェンシーブレーキ、ドライバーの死角に入る後方の並走車両を検知して知らせる後側方車両検知警報、運転支援機能のインテリジェントクルーズコントロールなどが標準装着される。

 そのほかの装備も、プロトスペックは最上級グレードに準じた内容だ。レイズ製19インチ鍛造アルミホイール、4輪アルミキャリパー対向ピストンブレーキ、日産コネクトナビ&9インチディスプレイ、BOSEサウンドシステムなどが標準装着される。プロトスペックの専用装備として、アルミホイール/ブレーキユニット/本革・スエード調ファブリックシートなどは、専用のカラーになる。

次ページは : プロトスペックは696万6300円! 通常モデルはもう少し安価に?

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ