惜しいッ!! 欧州車に負けている装備と勝っている装備7選

惜しいッ!! 欧州車に負けている装備と勝っている装備7選

 車両本体価格が100万円を切るダイハツミライースから、2000万円オーバーのトヨタセンチュリーまで。

 最新の日本車であれば、価格帯を問わず輸入車と比較して圧倒的に故障に対する不安が少ない。それに加えて真夏の大渋滞のなかでもガンガンにエアコンが効くし、一昔前のモデルと比較しても格段に燃費が向上している。

 相対的に一定以上の性能が確保されているので「安かろう悪かろう」があてはまらないのだ。これってかなりすごいことではないかと思う。

惜しいッ!! 欧州車に負けている装備と勝っている装備7選
グレードによっては車両本体価格が100万円を切るものもあるミライース。基本的にオーディオレスだが、エアコンは標準装備。安いからとって壊れやすいといったことがないのがすごい

文/松村透
写真/トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、スバル、松村透

【画像ギャラリー】惜しいッ!! 欧州車に負けている装備と勝っている装備7選(15枚)画像ギャラリー

■確実に進化してきていると実感できる日本車。それゆえ、気になるところも

惜しいッ!! 欧州車に負けている装備と勝っている装備7選
現在、新車で購入できる日本車のなかではもっとも高価なセンチュリー。堂々としていてそれでいて威圧的すぎない点も魅力

 あまりによくできすぎている分、気になってしまうところが目立つのも事実。日本車と比較する際の定番ではあるのだが、欧州車に負けている装備と勝っている装備をピックアップしてみた。

■欧州車に負けている装備は許容範囲? それとも?

2画面の液晶ディスプレイが目を引くメーター&インパネ
 バブル期を彷彿とさせるのか、当時の日本車はキーにも味わいと所有感を満たしてくれるものもあった。

 メルセデスベンツやフォルクスワーゲンなど、メーターパネルとエアコンやオーディオなどの各種操作をつかさどるディスプレイまわりのデザインを持つクルマが増えてきた。それはまるで「2台のスマートフォン(あるいはタブレット)」が結合したように見せるモデルが増えてきたように思う。

 そのおかげでメーターまわりの凹凸が減り、すっきりとしたデザインとなった感がある。反面、日本車は旧来のデザインを踏襲したものが多い。これはこれで見慣れた景色ではるのだが。

 欧州車に匹敵する先進的なデザインなのはホンダeくらいだろうか・・・。

惜しいッ!! 欧州車に負けている装備と勝っている装備7選
ダッシュボード上はあらゆるモニターで埋め尽くされるホンダe。マルチモニター環境でリモートワークをしているような気がする・・・

安っぽい音色が気になるチープなクラクション
 普段の運転でクラクションを鳴らす行為はできるだけ避けたいものだが、どうしても使わざるを得ない場面もある。

 そんな時「ピッ」という安っぽい音色のクラクションではさすがに鳴らすのがはばかられるという人もいるだろう(むしろ鳴らす回数を減らす効果を期待できるかもしれないが)。

 そのあたりはメーカーも心得ているのか、純正オプション品としてホーンを設定しているケースもある。社外品でも多くは数千円で購入できるので手を出しやすいだろう。問題は取り付け位置だが・・・。

惜しいッ!! 欧州車に負けている装備と勝っている装備7選
「ピッ」という安っぽいクラクション。極力、使うことを避けたい装備だが、やはりそれなりの音色であってほしい・・・

いまいち普及しない音声認識システム
 MBUX(メルセデス・ベンツ・ユーザー・エクスペリエンス)は、「ハイ、メルセデス」とクルマに話しかけた後「暑い」と話すだけでエアコンの温度調整をくれる便利な機能だ。

 その他、音楽や目的地設定など、まさにクルマと会話する感覚で機能が動作してくれるという。

 また、スマートフォンユーザーならSiriやGoogleアシスタントを使いこなしている人もいるだろう。

 日本でも純正および社外品を問わずボイスナビの設定はあるが、精度はいまひとつの印象が拭えない。今後、Aiがさらに進化することで、高齢者ドライバーにも簡単で使いやすい音声認識システムが確立されることを願うばかりだ。

惜しいッ!! 欧州車に負けている装備と勝っている装備7選
MBUXもまだまだ発展途上の機能ゆえ、当然ながらきちんと音声認識してくれないこともある。そこを愛らしいと思える度量の広さも持ち併せたいものだ

次ページは : ■欧州車に勝っている装備は日本車特有の美点なのか!?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ