アイゴクロスとは何者か!!? 日本導入も期待したいおしゃれコンパクトカー!!

アイゴクロスとは何者か!!? 日本導入も期待したいおしゃれコンパクトカー!!

 コンセプトモデル「アイゴXプロローグ」の登場から3カ月が経過した2022年2月16日、欧州トヨタは、「アイゴX(クロス)」を、フランスで2022年6月より発売することを発表した。

 欧州専売のAセグメントコンパクトカー「アイゴ」をベースとするアイゴXは、デザインから設計まで、欧州にあるトヨタヨーロピアンデザイン&デベロップメントにて開発されたモデル。

 欧州の交通環境に最適化されたコンパクトなアイゴXは、日本市場でも使いやすいサイズ感で、ぜひとも日本導入を期待したいモデルだ。

 いよいよ発売が発表されたアイゴX。その詳細を確認するとともに、日本導入の可能性についても考察しよう。

文/吉川賢一
写真/TOYOTA

【画像ギャラリー】トヨタ ヨーロピアンデザイン&デベロップメントにて開発されたヨーロッパの香り漂うトヨタ アイゴX(14枚)画像ギャラリー

■マイクロカーもニーズが高い欧州

 欧州といえば、全長4100mm程度のBセグメントや、4300mm程度のCセグメントが新車販売の中心だが、今回のアイゴXは、Bセグメントよりもさらに小さいAセグメントに属するモデル。Aセグメントは、全長は3800mmよりも下、1リッター程度の小排気量エンジン車のカテゴリだ。

 このAセグメントの代表車種は、トヨタアイゴ(全長3455mm)のほか、VWアップ(同3545mm)、フィアット500(同3570mm)、フィアットパンダ(同3655mm)、スマートフォーツー(同2785mm)、ルノートゥインゴ(同3645mm)など。

 なかでも、日本でも売られているフィアット500(2020年の欧州市場販売台数:約14万台)やフィアットパンダ(同13万台)が、ベストセラーカーとなっている。

 日本の軽のように税金優遇はないが、欧州市場におけるAセグメントモデルは、若者にそのメーカーの顧客となってもらい、徐々に上級モデルへ乗り換えてもらうための「エントリーモデル」として重要な存在であり、アイゴXも欧州トヨタにとってきわめて重要なモデルだといえる。

■コンパクトサイズながらスタイリッシュ、先進アイテム充実で使い勝手は抜群!!

 ヤリスで好評のGA-Bプラットフォームをベースに、前後のオーバーハングを切り詰めてつくられた、アイゴX。

 5ドア4人乗りのコンパクトSUVであり、わずか3700mmの全長は、ヤリス(3940mm)やアクア(4050mm)よりも短く、最小回転半径も4.7mと、Aセグメントでもトップクラスの小回り性能を達成している。

 エンジンは排気量1.0Lの直列3気筒エンジンで、5速MTもしくはCVTとなる。ヤリスのベースグレードにある1.0Lガソリンモデル(実はダイハツ製)と同じエンジンだ。

 ヤリスやアクアのようなフルハイブリッドはないが、Aセグ・Bセグのなかで、最も軽量なホワイトボディ(車体骨格)をもつアイゴXは、車重が940kgと超軽量なこともあり、燃費は5L/100km(≒20km/L)と、ガソリンモデルとしてはバツグンにいい。

 ちなみにCO2排出量は110~114g/kmと、欧州市場で売る場合の基準となる95g/kmは若干超えている。最高速度は158km/h、0-100km/h加速は14.9秒(5速MTの場合)だ。

ボディサイズは、全長3700mm、全幅1740mm、全高1500mm、ホイールベース2430mmだ。ヤリスよりも全長が240mmも短いと考えると、相当なマイクロサイズだというのがわかる
ボディサイズは、全長3700mm、全幅1740mm、全高1500mm、ホイールベース2430mmだ。ヤリスよりも全長が240mmも短いと考えると、相当なマイクロサイズだというのがわかる

 デザインは、ベースである「アイゴ」とはまったく異なるデザインだが、凝縮感のあるスタイルで非常にスタイリッシュだ。

 よく見れば、テールランプがアイゴの特徴であるS字形状になってはいるが、顔つきやヘッドライト形状、そして、ボディサイドのデザインもアイゴとはまったく異なる。ヤリスとヤリスクロスのような関係と考えればいいだろう。

 ボディカラーは全4色。「Play」、「Pulse」、「Envy」、「Limited」という3グレード構成で、ミドルグレード以上には、18インチタイヤが標準装備だ。さらには、サンルーフ好きの欧州人向けらしく、セグメント初のキャンバストップを備えた「アイゴX Air」も用意されている。

アイゴXは、セグメント初のキャンバストップまで備えている
アイゴXは、セグメント初のキャンバストップまで備えている
ボディカラーは全4色を揃える
ボディカラーは全4色を揃える
最新のマルチメディアシステムを搭載し、9インチのタッチディスプレイを備える。クラウドベースのナビゲーションやOTAにて配信されるアプリケーションなど、拡張性が高い
最新のマルチメディアシステムを搭載し、9インチのタッチディスプレイを備える。クラウドベースのナビゲーションやOTAにて配信されるアプリケーションなど、拡張性が高い

 最新のマルチメディアシステムを搭載しており、9インチのタッチディスプレイやクラウドベースのナビ、OTA配信のアプリなど拡張性も高い。

 ワイヤレスチャージシステムのほか、アンビエントライトやデイタイムライトにフルLEDヘッドライトも採用する。デジタルに親和性の高い若者が、いかにも好みそうなアイテムが、贅沢に搭載されている。

次ページは : ■軽がある日本では、アイゴXの需要は限定的か

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

GR86の4ドアモデル、出る!! 三菱トライトンを雪上初テスト! 注目情報を満タンでお届け「ベストカー3月10日号」

新型スズキスイフト、レクサスLBXなど注目の新型車が続々登場! 「ベストカー3月10日号」! 今年も名物企画「雪上テスト」開催! 三菱トライトンの実力をいち早く丸裸にしたぞ!