新型ステップワゴン、ライバルの新型ノア/ヴォクシー試乗からその走りを予想する!

新型ステップワゴン、ライバルの新型ノア/ヴォクシー試乗からその走りを予想する!

 2022年1月7日に初公開されたホンダの新型ステップワゴン。クルマの概要については、情報がほぼ出揃っているが、走行性能に関しては現時点で「e:HEV搭載」というところまでとなっており、新規ユニットとなるのか、流用なのか、そしてガソリンエンジン車はあるのかなど、具体的な内容についてはまだわかっていない。

 同じくミドルクラスミニバンの新型ノア/ヴォクシーでは、クラストップレベルとなる驚異的な燃費性能を実現してきており、新型ステップワゴンの走行性能に関しても、気になるところ。

 そこで今回、新型ステップワゴンのパワートレーンの内容や、燃費性能、そして走りの質感などについて、ヴェゼルやフィットのパワートレーンをもとに予想してみた。

文/吉川賢一、写真/ホンダ、トヨタ、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】ステップワゴンとノア/ヴォク、実は同じ1996年生まれの同級生⁉ 両車の歴史を紐解く(18枚)画像ギャラリー

■e:HEVは改良型に!!

 現行ステップワゴンには、ハイブリッド仕様とガソリン仕様の2種類がある。ハイブリッドは、排気量1993ccの直列4気筒エンジン(最高出力145ps、最大トルク175Nm)と、発電用と駆動用の2モーター(駆動用184ps、315Nm)を組み合わせたe:HEV。

 車速や走行負荷によって、モーター走行、モーター+エンジン走行、エンジン走行の3つを、巧みに切り替えながら走行するシリーズパラレル式ハイブリッドだ。

スクエアでクリーンな外観にイメージチェンジした新型ステップワゴン。パワートレーンはe:HEVと1.5Lダウンサイジングターボのいずれも現行改良版が搭載される
スクエアでクリーンな外観にイメージチェンジした新型ステップワゴン。パワートレーンはe:HEVと1.5Lダウンサイジングターボのいずれも現行改良版が搭載される

 高速走行中であっても、クルマがコースティング中(惰性走行)と判断すれば、モーター駆動へ切り替えて、燃費を伸ばす制御となっている。ちなみに、オデッセイハイブリッドも、同じユニットを搭載している。

 なお、WLTCモード燃費は20.0km/L(市街地18.8km、郊外21.7km、高速19.5km)。つい先日登場した、新型ノア/ヴォクシーハイブリッドの燃費23.4km/Lに大きく負けている状況だ。おそらく、ホンダのパワートレーンエンジニアたちは、ライバルの進化を見て「ゾッ」としたはず。

 生産開始を遅らせないギリギリのタイミングまで、e:HEVユニットの高効率化や、ハイブリッド制御のブラッシュアップを行い、キャッチアップをするのは間違いないだろう。

次ページは : ■ピュアガソリンエンジンも残る!!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ