スタッドレスタイヤから夏タイヤへの交換時期到来! 外したスタッドレスタイヤの寿命と保管方法


 桜が咲く季節が到来! まだ地方によっては、残雪が残っているかもしれないが、スタッドレスタイヤから夏タイヤへ交換する時期がやってきた。

 そこで、外したスタッドレスタイヤの正しい保管方法はどうすればいいのか? また外したスタッドレスタイヤは来シーズンも使えるのか、寿命のチェック方法をお伝えしていきたい。

文/高根 英幸
写真/Adobe Stock(メイン写真=sojyun@Adobe Stock)
※記事中・画像ギャラリーの写真はすべてイメージです。

【画像ギャラリー】今だから知りたい スタッドレスタイヤの危険のサイン・寿命を延ばす保管方法をギャラリーで時短チェック!(6枚)画像ギャラリー

■スタッドレスの方が夏タイヤより寿命は短い

 夏タイヤはゴム硬度が高く、ブロック剛性も高いからスタッドレスに比べて耐久性が高い。

 通常の使い方なら、夏タイヤは摩耗限界より前に劣化による寿命に到達してしまうことはほとんどないが、スタッドレスタイヤは、保管している内に劣化して、摩耗限界よりも機能の低下(主に氷雪性能)により、買い替えを余儀なくなれるケースが珍しくない。

 しかも首都圏以西のドライバーであれば、一般的には夏タイヤよりもスタッドレスタイヤの方が使用頻度は少なく、走行距離も短めになる。

 まだ十分に残り溝があるのに、買い替えなくてはならないのはドライバーとしては痛い出費だし、資源としても勿体ない。

 そういった事態を防ぐには丁寧な走行を心がけるのと、シーズンオフの間の保管の仕方が重要だ。

スタッドレスタイヤは夏用タイヤに比べて劣化が早い。劣化を防ぐためには、保管方法が非常に重要となる(naka@Adobe Stock)

■タイヤの仕組みや特性を知ることも大事

 タイヤの原料には、20種類を超える素材が使われている。

 内部の構造材であるカーカスにはナイロンが、スチールベルト、ビードには鋼鉄製のワイヤーが使われているが、表面や内側を覆い、トレッド面で路面と摩擦しているのはゴムだ。

 このゴムも石油から作られる合成ゴムとゴムの木の樹液から作られる天然ゴムを配合して、さらにポリマーやシリカ、カーボンブラック、硫黄、オイルなどを添加して混錬することによりコンパウンドが完成する。

 これをカーカスを覆ったタイヤのベースに貼り、金型に入れて加硫(加熱して硫黄により弾性化させる)ことでタイヤが出来上がる。

 特に極低温でも柔軟さを維持しながら、ドライ路面の高速走行までカバーするスタッドレスタイヤのコンパウンドは、実に様々な工夫が施されている。

 特に国産スタッドレスはゴムの劣化防止に様々な劣化防止剤を配合しているが、アジアンタイヤの中には柔軟さを確保するためにオイルを増やし、劣化防止剤はコスト削減のために省いているブランドもあるようだ。

 ある程度の価格となる国産スタッドレスはより長持ちさせるために、格安なアジアンブランドのスタッドレスは性能の低下を抑えるために、シーズンオフの間の保管が大事なのだ。

 ゴムという素材は不思議な特性を持っていて、運動している方が柔軟さを保つことができる。

 使っていないと劣化による硬化が始まり、やがてタイヤの溝やサイドウォールに細かいヒビが入るようになってしまう。こうなるとスタッドレスとしての性能は大幅にダウンしてしまうことになる。

■来シーズンも使うための保管方法

 夏タイヤに履き替えて、スタッドレスタイヤのホイールセットが車体から外されたら、まずは隅々まで洗おう。

 ホイールはブレーキダストで汚れていたらカーシャンプーやクリーナーを使って落とし、タイヤは基本水洗いで泥や砂、埃などを落とし、カーシャンプーを使ったらよく洗い流す。これによりタイヤとホイールの点検も兼ねることができる。

 タイヤに釘などの異物が刺さっていないか、ホイール内側のサイドウォールにも傷など異常がないか、ホイールも傷やクラック、歪みなどがないか点検しよう。

 釘が刺さっていたら外からプラグを差し込むタイプのパンク修理でいいので、釘を抜いてパンク修理しておいた方がいい。水分の侵入などでスチールベルトが腐食すると、走行中にバーストする危険性が高まる。

 洗ったら、乾かして水分を無くしてからゴミ袋などの大きなビニール袋に入れて、日陰の涼しい場所に保管しよう。

 また保管時には、タイヤの空気圧を下げることも大事なことだ。

 クルマを支える必要がないので空気圧を高めておく必要はなく、むしろ空気圧を下げることでタイヤの構造材にかかるテンションを和らげて、負担を軽減することになる。

 ただし、空気を抜き過ぎると変形しやすくなって、後で再び履き替えても空気圧を高めても、しばらくは走行中に振動が出る恐れもある。目安は指定空気圧の半分ほどだ。

 それと油分によりゴムが溶け出して変質して劣化するため、油性のタイヤワックスを塗ったままの保管もお勧めできない。水性でもタイヤワックスは美観のためのもので、タイヤの保護には役に立っていない。

 また水に濡らしたり、湿気の多い場所も厳禁だ。水分により加水分解することもあり、さらに温度が高ければ、これらの反応はさらに活発になって劣化が早まってしまう。

 紫外線があたったり、温度が上昇する日光があたる場所や、オゾンを発生させるエアコン室外機のそばに保管するのも避けたい。

 ゴムは分子同士がつながる「架橋結合」となっているため、紫外線やオゾンといった刺激により分子同士のつながりが断ち切られてしまうと、やはり表面がヒビ割れてやがてボロボロになってしまうのだ。

 樹脂パイプ製のタイヤラックも効率良く収納するためには便利なアイテムだが、それは保管の環境を改善するというより、本来スペースが十分ではないところに置けるようにするために使われるケースの方が多い。

 自宅の収納スペースの関係上、そんなに環境の良い保管場所は確保できない、というケースも当然あるだろう。

 コンテナのレンタル収納スペースは便利だが、夏場は内部が高温になってしまうので、スタッドレスタイヤの保管スペースとしては正直に言って適してはいない。

 カー用品店やタイヤ専門店では、スタッドレスタイヤの保管サービスを行なっているところも多いが、そこでスタッドレスを購入する必要があるし、保管料もそれなり(5000円~2万円/年間)にかかる。

 自分にとって、何がベストか悩むドライバーも多いのではないだろうか。

次ページは : ■スタッドレスタイヤの寿命の見分け方

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ