カーマニアも脱帽!!? 新型ノア/ヴォクシーにファミリーカーの頂点を見た!!

カーマニアも脱帽!!? 新型ノア/ヴォクシーにファミリーカーの頂点を見た!!

 4代目ノア/ヴォクシーが登場! ミニバンへの関心が薄いエンスー清水草一が、さほど気合も入れずに試乗したら、驚くべき進化にぶったまげた! そのすべてを報告!!

※本稿は2022年2月のものです
文/清水草一、写真/TOYOTA、ベストカー編集部、撮影/平野学
初出:『ベストカー』2022年3月26日号

【画像ギャラリー】最新ミニバンの超絶進化を見よ!! エンスー清水草一もビックリのトヨタ新型ノア&ヴォクシー(26枚)画像ギャラリー

■超獣顔だけど中身は超フレンドリー!

第5世代の新しいシステムを搭載したハイブリッドは、パワーと燃費を共に向上。動力性能に不満なし

 新型ノア/ヴォクシーに初対面&初試乗して参りました! なによりも気になっていたのは、“超獣顔”ヴォクシーの第一印象。実物はどうだったのか!?

「あれ、あんまりエグくない……」でした。

 写真で見ると遊星からの物体Xだけど、実物はグリル内が真っ黒なので、単に口がデカいミニバンって感じで、それほどアグレッシブに見えない。

「もっとエグくしてくれ!」と、早くもおかわり宣言。買いもしないのにスイマセン。

 カーマニアにとって、ミニバンは基本的にどうでもいい存在で、私のような子離れ世代はなおさらだ。それでも新型ノア/ヴォクシーには感心しまくった。

 感心その一は、3つの「からくり構造」だ。まずは左側スライドドアの「ユニバーサルステップ」。

 電動サイドステップだと、オプションで20万円くらいになるところを、スライドドアと機械的に連動させることで、わずか3万3000円で実現! 子どもや老人にはありがたいステップである。私も間もなく老人。ありがたや〜。

 続いては、バックドアをどの角度でも止められる「フリーストップバックドア」。狭い駐車場ではこれは便利! 私の数少ないミニバン所有体験でも、バックドアに気を使う場面は多かった。コロンブスの卵ですな。

 そしてトドメは、3列目シートのワンタッチ跳ね上げ機構。ホントにワンタッチでバシュン! って跳ね上げて固定できる。ミニバンの細かい装備なんてまったく関心なかったオレだけど、この3つには心の底から感心した。さすがトヨタ様だぜ!

 ついでに、自動駐車機能である「アドバンストパーク」にも感心しました。

 これまで、あらゆる自動駐車を「こんなもん使えるか!」と一蹴してきたオレですが、これは真剣に操作が簡単で駐車も素早い。マジで使える!

 さすがにスマホでクルマをリモート移動させる機能は、「使うのは1000人にひとりくらいだろ」と思ったけど、走り出す以前に、装備でここまで感心させられるなんて……。さすがトヨタ様のミニバンだぜ!

■ミニバン浦島太郎が驚き&感心の連続!

カーブや先行車の手前で自動減速するプロアクティブドライビングアシストは効果絶大

 試乗記なので、いいかげん走り出したいと思います。

 まず感じるのはボディのしっかり感だ。先代の微妙な頼りなさと比べると、長足の進歩である。

 乗り心地はやや固めながら軽快で、走りにこだわる近年のトヨタらしい仕上がりだ。さすがTNGA。このしっかり感とひきかえに、フロア高は20mm上がったそうですが、そこは例の激安ステップで解決したのですね。

 パワートレーンは、2Lガソリンと1.8Lハイブリッドの2種類。

 特筆すべきは、ハイブリッドモデルがぐっと力強くなったことか。先代ノア/ヴォクシーは、車両重量的に動力性能がギリギリで、「遅っ!」と思ったけど、新型は「普通っ!」に快適に走る。普通が一番です。

 新世代ハイブリッドシステムと銘打っただけに、燃費の改善も目覚ましく、都心部の一般道+空いた首都高の試乗で20km/L強をマーク! このサイズでリッター20km超えはすげえ。ちなみにガソリン車は10km/Lでした。

 受注比率は現状、おおむね半々とのことですが、街乗り中心だと、ガソリン代が約2倍違ってくると思うべし。約40万円の価格差に悩むのう。

 運転していて一番感心したのは、これまたお助け装備の「プロアクティブドライビングアシスト」!

 ACCをONにしていなくても、カーブの手前で自動的に減速してくれる。首都高のようにカーブの多い道路では、手前でアクセルを離して「さて、ブレーキをば」と思ったところで、自動的に穏やかに減速するのでめっちゃラクチン!

 前走車に追いついた場合も同様だ。エンブレだけでなくフットブレーキも作動させていて、ブレーキランプも点灯。その時はメーター内のインジケーターも点灯する。なんてよくできてるんでしょ〜!

 ただしこの装備、前走車が急減速や停止した場合は、ドライバーがブレーキペダルを踏んで減速しないとダメ。そこまで全部助けると、ドライバーがブレーキを踏むことを忘れてしまうという調査結果があり、それを防止するためだそうです。

 確かにラクチンすぎると、人間がダメになるからネ。これでも充分ラクチンすぎて、ダメ人間化しそうですから。

 というわけで、すべてにおいて感心しまくりの試乗でしたが、お値段を見て仰天。車両価格も最高400万円近いけど、そこにセットオプション等をテンコ盛りすると500万円に迫ってくる。

 ノア/ヴォクシーってこんなに高かったっけ? 最高でも300万円くらいだった気がするんだけど、それは8年前に先代が登場した頃の話で、その後装備の充実と共に価格もアップ。実は、新型になっての値上げはわずかなのだ。ミニバン浦島太郎でスイマセン。

次ページは : ■ウェルキャブも進化、そして値下げ!

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ