新型クラウン、カローラで変わった!? トヨタの“もっといいクルマづくり”の正体と成果


 2009年に豊田章男氏が社長に就任して以来、言い続けているテーマが「もっといいクルマづくり」だ。その成果が実際の車にようやく表われ始めたのが、プリウスに始まり、C-HR、新型クラウン、カローラスポーツなど新世代プラットフォームを採用した車たちだ。

 トヨタが掲げる「もっといいクルマづくり」でトヨタ車は良くなっているのか? 新世代のトヨタ車からその成果や課題を探る。

文:鈴木直也/写真:編集部


“もっといいクルマづくり”は何を示す?

 2009年に豊田章男氏が社長に就任して以来、言い続けているのが「もっといいクルマをつくろう!」というテーゼ。

 この言葉の深いところは、具体的にどういう車が「もっといいクルマ」なのか、それについて章男社長はまったく言及していない点にある。

 つまり、トヨタ車をどうやってもっと良くするか、それはそれぞれの車種を担当するエンジニアが考えなさい、というメッセージになっている。

「ではどうする?」と考えたとき、まず思いつくのは「そもそも、プラットフォームが良くならないと、いい車は出来ないよね」という原則だ。

 そして、この新プラットフォーム概念が「多少のコスト増に目をつぶって手の込んだ車作りをやれば、一部の車好きからは評価してもらえるかもしれないが、それじゃコストが高騰する。仕事のやり方自体を変えていかないとダメだよね」という方向へ発展する。

 これがTNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)誕生の経緯だ。

 TNGAは単なるプラットフォーム概念ではなく、車の企画/設計段階からもっと効率よく仕事ができるように新しい仕組みを考える、いわばものづくり革命。

 エンジンやトランスミッションなどはもちろん、ADAS(先進運転支援システム)などの電子装備もその範疇に含まれる。

「これがカローラ?」トヨタ車を変えた新型カローラスポーツ

2018年7月に発売されたカローラのハッチバック版、カローラスポーツ。VWゴルフなどとガチンコの車格・サイズだ

 このTNGA構想に基づいた車が初めて商品化されたのは2015年の4代目プリウスだったが、特徴的な低重心パッケージや高剛性ボディとしなやかな脚のコンビネーションが高く評価された。

 このプリウスから始まったCセグメント用TNGAシャシーは、通称「GA-Cプラットフォーム」と呼ばれ、続いてそれを採用したC-HR、そして最新のカローラスポーツまで、おしなべて走りの評価は高い。

 とりわけ、最新のカローラのハンドリングと乗り心地のバランスは、失礼ながら「これがカローラ?」と驚くような水準に達している。

 ゴルフなど欧州を代表するCセグのライバルに対して、初めて互角の土俵に立ったトヨタ車といっても過言ではないだろう。

次ページは : 賛否両論のプリウスに感じるトヨタの新しい車作り

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ