プリウスの役目は終わったのか? 元祖HV車の功績と現在の立ち位置

プリウスの役目は終わったのか? 元祖HV車の功績と現在の立ち位置

 1997年12月、「21世紀に間に合いました。」のキャッチコピーで歴史的な登場をはたした、トヨタ「プリウス」。

 世界初のハイブリッド量産車として華やかなデビューを飾り、また先進技術搭載車でありながら使い勝手と省燃費性能を併せ持った存在として重宝されたプリウスは、かつて販売台数ナンバーワンの座を獲得。

 しかし直近2021年度(2021年4月~2022年3月末)の年間販売台数は44,935台(前年同期比76%)に留まり、登録車販売ランキングでは15位まで順位を落としている。

 もちろんかつて「ほぼ唯一のハイブリッド車としての選択肢」だった頃と比べると、日本自動車界の様相は大きく変化しました。ではプリウスはその変化についていけているのか? それとも取り残されているのだろうか?

文:立花義人、エムスリープロダクション
写真:TOYOYA

【画像ギャラリー】3世代にわたりヒットを続けてきた元祖ハイブリッドカー「プリウス」の歴代モデル(19枚)画像ギャラリー

初代プリウスは売れば売るほど赤字だった!?

 初代プリウスに搭載されたのは、1.5L ミラーサイクル式ガソリンエンジンにモーターを組み合わせたハイブリッドシステム。10・15モード燃費は28km/Lと、当時としては驚異的な数字だった。

 ボディは5ナンバーサイズで、ちょっと高さのあるセダンという印象。室内空間は広く、後部座席でも大人がラクに座れる高効率パッケージングであった。

 車両本体価格は215万円から。この価格は「21世紀へGO」という語呂合わせから付けられた価格、という噂もあったが、こうしたジョークがあったことも面白いエピソードだ。バッテリーやモーター、制御ユニットなど、新たに搭載されたテクノロジーを考えると、当然この価格では利益が出なかったため、初代プリウスは売れば売るほど赤字だったといわれている。

初代プリウス。奇抜なデザインではなく、カローラのような親しみやすさも感じられた。それでいてフロントグリルまでシームレスにつながるボンネットなど、斬新なディテールで先進性もしっかりアピール

時代がプリウスに追いついた!! 三代目は大ヒットを記録

 ただ、販売において、プリウスは二代目までは苦戦をしていた。メカニズムの観点からするとお得な値段だったとしても、同クラスのカローラに比べたら相当割高であるし、いくら燃費がよくても通常のモデルサイクルでは、価格差をガソリン代で回収するのは難しい。バッテリーだっていつまで持つのか未知数。ハイブリッドだからといってめちゃくちゃ走りが良いわけでもない。ネガティブな要素を考えていくと、新しいもの好きでなければ簡単には手が出ない存在だった。

 ところが、2009年5月に登場した三代目プリウスは大ヒットとなった。ハイブリッドシステムはほとんど新開発ともいえる「リダクション機構付THS-II」を搭載し、高速道路での燃費向上を図って1.8Lのガソリンエンジンを採用した。スタイリッシュでモダンなデザインもバランスが良く、プリウスのクリーンなイメージに直結するものだった。

 もちろんメカニズムやデザインだけが売れた原因ではなく、著名なハリウッドスターやセレブが「エコカー」に乗ることの意義を発信してプリウスを選んでいたことや、政府のエコカー減税、補助金導入によるバックアップも大きかった。日本では2009年から2012年の年間販売台数で首位、2015年に登場した4代目も2016年と2017年、2019年の前半まで首位を獲得。プリウスはこうして人気モデルへと駆け上がった。

エコカーの代表選手として存在意義を維持できるか!?

 プリウスのすごいところは、ハイブリッドモデルとして先進的なメカニズムを搭載しているのに、いたって走りが「普通」であるところだ。ものすごいスポーティなわけでもなく、運転が難しいわけでもない。デザインも決して奇抜ではなく、親しみ深さがありつつも、先進性と機能性を随所に盛り込んだディテールだ。

 もし初代プリウスの価格が庶民には手の届かないほど高かったり、ハイブリッドシステムが既存の高級車の一パワーユニットとして登場していたとしたら、ここまでハイブリッドは浸透していなかっただろう。プリウス自体は初代も二代目もヒットしなかったとはいえ、三代目の登場までには確実に「庶民が買えるエコカー=プリウス」として認知されていた。今これだけハイブリッドが浸透しているのもプリウスの存在があったからこそだ。

 ところが今は、SUVもミニバンもコンパクトカーも高級セダンもハイブリッドが選べるし、クリーンディーゼルやダウンサイジングターボによってエコカーの選択肢は広がっている。欧州モデルを中心にバッテリーEVも続々と登場しており、プリウスを選ぶ理由が少なくなくなっている。

 プリウスがあくまでもエコカーの絶対王者として残りたいのであれば、次世代のエコカーとして進化していくのが必要だと筆者は考える。「カーボンニュートラルとは選択肢を1つに(つまりバッテリーEV一点に)絞ることではない」と主張する豊田章男社長の言葉通り、トヨタは、バッテリーEVのほかにも、プラグインハイブリッド車や水素エンジン車の開発にも積極的だ。

 もし次のプリウスが「水素エンジン+モーター」のようなハイブリッドとして登場するなら、トヨタの看板モデル、そしてエコカーの代表選手として存在意義を維持できるが、はたしてどうなるか。

 クルマ自体がエコカーであることが大前提となってきている昨今、プリウスが生き残るには総合的な性能でもライバルを圧倒していく必要がある。ハンドリングや実用性、デザインなどでどこまで存在感・優位性を示せるか。次期プリウスにも大いに期待している。

【画像ギャラリー】3世代にわたりヒットを続けてきた元祖ハイブリッドカー「プリウス」の歴代モデル(19枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ