新型インテグラは日本で売らない!? これでホントにいいのか、ホンダの国内販売戦略!!

新型インテグラは日本で売らない!? これでホントにいいのか、ホンダの国内販売戦略!!

 ホンダインテグラ。FFスポーツ界を牽引してきた1台であり、日本だけでなく世界的にもスポーツカーとは何かを世界に発信してきた存在であることは誰も否定しないかと思う。その新型が米国、中国で復活すると話題になっているが、肝心の日本では復活しないとか。

 ホンダよ、本当にその選択でいいのか。販売戦略に問題提起する!

文/渡辺陽一郎
写真/ホンダチャイナ、USホンダ

【画像ギャラリー】かっこインテグラ? 乗ってインテグラ? えっ買えなインテ!?(43枚)画像ギャラリー

■クルマ好きのユーザーから支持されたインテグラだったが……

 2022年に、ホンダは高級車のアキュラブランドを使い、海外でインテグラを復活させることになった。

アキュラインテグラは1.5Lターボを搭載。最高出力は200馬力、最大トルク192lb.-ft(約260Nm)である

 インテグラは、かつて日本でも販売されていたホンダの代表的なスポーツモデルだ。初代は1985年に発売され、当時はコンパクトだったシビックと、スポーツクーペとなるプレリュードの間に位置づけられ、手頃なサイズのスペシャルティカーとして人気を高めた。

 1989年に登場した2代目インテグラは、高性能なVTECエンジンで話題になり、1993年に発売された3代目は、2年後に高性能版のタイプRを追加する。このようにインテグラは、各世代ごとに話題性があり、クルマ好きのユーザーから高く支持された。

 しかし、1996年には、ホンダから初代ステップワゴンが発売されてヒット商品になり、2001年に登場した初代フィットも売れゆきを伸ばした。実用的なミニバンやコンパクトカーが売れゆきを伸ばす時代に入り、2001年に発売された4代目インテグラは、4ドアボディを廃止して3ドアクーペのみになった。この後、2006年に生産を終えている。

 そしてインテグラは、北米ではアキュラブランドでも売られていた。4代目インテグラの北米版は、車名をアキュラRSXに改めたが、日本版のインテグラと同じくこの世代で終了している。

■メーカーの考えは「日本市場には必要ない」

 以上のような経緯を経て過去の存在になったインテグラが、海外で復活する。新型インテグラの外観は、イエローの外装色ですでに披露されており、ボディタイプはミドルサイズの5ドアハッチバックだ。外観は、シビックをスポーティにアレンジしたような雰囲気になる。エンジンは直列4気筒1.5LのVTECターボを搭載する。

 気になるのは日本国内の販売だ。販売店に尋ねると以下のように返答した。

「新しいインテグラについては、お客様からの問い合わせも多い。私たちも日本でぜひ売って欲しいと願っているが、その可能性は低い。新型インテグラの中身はシビックと基本的に同じで、今後はシビックにタイプRも加わる。従ってメーカーの考えは、インテグラは必要ない、というものだ」。

 要するに、新型インテグラが国内で発売される見込みは乏しい。そしてホンダは、新型インテグラについて、国内で何も発表していない。今後、国内で売ることも検討しているなら、海外で新型インテグラがデビューしたことを国内でも公表するだろう。

■いま、日本市場で売れているホンダ車は軽自動車やコンパクト車ばかり

 ホンダが新型インテグラの国内販売に消極的な背景には、今の国内状況もある。今日のホンダのブランドイメージは「小さなクルマのメーカー」になり、新型インテグラのような車種を売りにくくなったことだ。

 2021年(1~12月)に国内で新車として売られたホンダ車の内訳を見ると、全体の33%をN-BOXが占めた。2022年1月(単月)には、N-BOX比率が40%の大台に乗った。N-WGNなども含めると、2021年に国内で新車販売されたホンダ車の53%が軽自動車だ。2022年1月は57%に達した。

 このような具合だから、軽自動車の届け出台数に、小型車のフィット/フリード/ヴェゼルの3車種を加えると、2021年に国内で売られたホンダ車の85%に達する。ほかの車種は、すべて残りの15%に片付けられてしまう。

 この販売格差が、今の国内で売られるホンダ車に、大きな影響を与えている。

次ページは : ■ミドルサイズ車は他社と真っ向勝負を避けたいという思惑

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ