【クラウン、インテグラ…顔が激変!?】マイナーチェンジで復活したクルマ5選


 ここ数年フルモデルチェンジまでのサイクルが長期化していることもあり、規模の大小を問わずモデルサイクル途中で行われるマイナーチェンジの重要度が増している。

 過去を思い出すとフルモデルチェンジから1,2年のスタートダッシュに失敗しながらも大規模なマイナーチェンジをきっかけに販売が大きく盛り返したクルマというのもあり、当記事ではそんなクルマたちを振り返る。

(※一部、登場年と「代目」が間違っておりましたので修正いたしました。ご指摘いただきありがとうございました。2019.10.22 22:30)

文:永田恵一/写真:TOYOTA、HONDA、NISSAN、MAZDA、SUBARU

【画像ギャラリー】丸くして失敗した9代目クラウン


トヨタクラウン(9代目)

デビュー:1991年10月
ビッグマイナーチェンジ:1993年8月

大ヒットした8代目クラウン。ボクシーでグリルが強調されたフロントマスク。これこそユーザーのクラウンのイメージであり魅力として定着していた
丸みを帯びたデザインで登場した9代目クラウン。すべてについて8代目に比べて進化、洗練されていたが、ユーザーは高級感、威厳が消失したように感じ不満

 9代目クラウンの先代型となる1987年登場の8代目モデルはクラウンらしいオーソドックスな仕上がりだった。

 それに対し同時期の宿命のライバルであるセドリック&グロリアのY31型はスポーティなグランツーリスモの設定や3ナンバー専用ボディであの255馬力の3ℓ、V6DOHCターボによる強烈な加速を持つシーマの登場により勢いがあり、王者クラウンは苦戦を強いられていた。

 1991年10月にクラウンは9代目モデルにフルモデルチェンジされ、この時に主力となるロイヤル系とセルシオの中間の車格となるマジェスタとスポーティセダンのアリストを加え、同じ年にY32型にフルモデルチェンジされたセドリック&グロリア、シーマを迎え撃った。

 しかしロイヤル系は丸みを帯びたデザインで、クラウンらしい押し出しに欠けるものだったことが原因で販売は伸び悩み、Y32型セドリック&グロリアを引き離すことができなかった。

上写真の8代目のようにグリルの縦桟を強調することで威厳を取り戻した。このフロントマスクの変更が復活への大きなカギとなった

 そんな事情もあり9代目クラウンは1993年8月にビッグマイナーチェンジを行い、中身はそれほど変わらなかったが、フロントマスクは押し出しのあるものに、リア周りも風格を感じるクラウンらしいものに大きく変更。

 販売も盛り返し、9代目クラウンは危機を脱した。当時はクラウンはかくあるべき、というユーザーのイメージがあり、それに戻して復権。

 ただ、クラウンシリーズのロイヤル系はゼロクラウン登場まで冒険を避けたクルマ作りになったのも事実。

ホンダインテグラ(2代目)

デビュー:1993年5月
ビッグマイナーチェンジ:1995年8月

独立丸目4灯のヘッドライトを採用したチャレンジングなフロントマスクで登場した3代目インテグラだったが、アクが強すぎて万人受けせず苦戦

 シビックとアコードの間の車格に位置し、3ドアクーペと4ドアハードトップを持つインテグラは1993年5月に2代目モデルにフルモデルチェンジされた。

 2代目インテグラは車格に沿って1.8Lエンジンを搭載し、シビックに対し各部の質感も若干向上しているなど、決して悪いクルマではなかった。

 しかし如何せん丸目4灯ヘッドライトというクセのあるフロントマスクが日本人には受け入れられず、販売は振るわなかった。

 そこで1995年8月に行われたビッグマイナーチェンジではほとんどのグレードのヘッドライトをオーソドックスな形状に変更。

スッキリタイプの異形ヘッドランプに大幅変更。フロント部分のボンネット、プレスまで変更する大掛かりでお金のかかったビッグマイチェンだが効果はあった

 さらにこの時に1.8L、VTECエンジンを搭載するSiRにパワートレーン、足回り、インテリアなど広範囲に渡りレーシングカーのようなチューニングを施したタイプRを追加。 

 タイプRは当時の若者やクルマ好きに大きな衝撃を与えたいわゆるホンダらしいクルマだったにの加え、4ドアハードトップにも設定されファミリーカーとして使えないこともなかったため、一部手作業となる部分があったエンジンの生産に限界があったという事情もあり生産が追い付かなるほどの人気車となり、2代目インテグラの復調に大きく貢献した。

2代目インテグラの復活において、1995年のビッグマイチェンと同時に追加されたタイプRの存在は無視できない。欧州は丸目4灯のタイプRが販売されていた

次ページは : 日産プレーリー(2代目)

最新号

ベストカー最新号

ロータリースポーツ復活説急浮上!! 特集「時空を超えた対決」|ベストカー 8月10日号

本日、ベストカー8月10日号が発売!! 日本車スクープ 大追跡スペシャル、新旧スポーツモデルの魅力にせまる企画、世界クルマ五輪など盛りだくさんの内容でお届け。

カタログ