通ってもいい? 進入禁止? 道路のゼブラゾーンは何のためにある??

 道路を走っていると、右折帯の手前などでゼブラゾーンを見かけること、ありますよね。このゼブラゾーン、なんのためにあるのでしょうか。走りにくいし渋滞の原因になってるような気もするし、許せん! というわけで調べてみました。

※本稿は2017年のものです。
文:ベストカー編集部 写真:ぱくたそ、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』2017年10月10日号


ゼブラゾーンは跨いで走っても違反ではない

 センターラインに沿うように路面にペイントされたゼブラゾーン。交差点手前に多く、例えば片側1車線道路の道幅が広がり前方の交差点に右折レーンが現われる、というような地点で、手前にゼブラゾーンが出現することが多いです。

 これは『導流帯』と呼ばれるもので、直進車両が誤って右折レーンに進入してしまわないように誘導する目的でマーキングされているのです。

 先の右折レーンを目指して右寄りを走行してきたクルマにとって、このゼブラゾーンはなかなかの「邪魔者」。せっかく右寄りを走ってきたのにゼブラゾーンの部分で一旦左車線に移動して、改めて右折レーンに進む……、という必要は、実はないのです。この『導流帯』は、あくまでもスムーズな交通の流れを導くために設置されたもので、導流帯自体は進入禁止場所ではないのです。堂々と走っていい場所なのです。

この場所は2車線だが、前方で道幅が広がり右折帯が出現する、という場所。中央分離帯に沿ってゼブラゾーンが設けられているが、これが「導流帯」。右端を走行してきたクルマが前方の右折帯に進入しないように『導く』目的で設置。右折するクルマはこのゼブラゾーンに入って右折帯に向かっていいのである

 ただし、こうなると考えられるのが、「跨いで走っていいこと」を知っている人がゼブラゾーンを跨いで直進し、知らない人がゼブラゾーンの途切れたところで右折レーンに入り衝突してしまうケース。「ゼブラゾーンを直進してくるクルマがいるかもしれない」「右折レーンにいきなり入ってくるクルマがいるかもしれない」という意識は、常に持っておいてほしいところです。

 もうひとつ注意しなければならないのが、『安全地帯』などと間違えないこと。ゼブラゾーンの周囲が黄色いラインで囲まれていたらそこは進入禁止の場所。『導流帯』はすべて白のラインでペイントされています。

左は「立ち入り禁止部分」、真ん中は「安全地帯」、右は「停止禁止部分」だ

まだある!? つい意味を忘れてしまう道路表示

 路上のペイントは道交法で規定されていますが、ついついその意味を忘れてしまっているものも少なくありません。

 例えば2車線以上の道路での車線を示す白の実線と破線の違い。黄色線なら車線変更禁止だとわかりますが、さて、白実線は!? 

 白実線自体に規制の意味合いはありませんが、得てして「道交法上踏み越えてはいけない」場所に引かれているケースが多いので、気をつけるべきなのです。

■幅員片側6m以上の道路におけるセンターラインの場合、対向車線にはみ出してはダメ(追い越し禁止)

■交差点、踏切、横断歩道手前30m以内のエリアに引かれた車両通行帯の場合、他車を追い越すための車線変更は不可。車線変更を伴わない追い抜きは可。追い越しのためではない車線変更は可

 難しいですね。

最新号

ベストカー最新号

ジムニー 5ドア計画を暴く|ベストカー 12月10日号

 2018年も残すところあと2ヶ月。今年もさまざまな新車が登場したが、なかでもひと際注目を集めたのが、久々の刷新となった新型ジムニー。  11月10日発売のベストカー最新号では、そのジムニーに待望の5ドアが追加されるというマル秘情報の真相を…

カタログ