消滅&間もなく絶版!! 元ホンダ営業マンが惜しむ「残してほしかった」モデル 3選

ホンダ絶版車ラッシュ!! 元営業マン語る「販売現場に残してほしかった!」クルマ 3選

 この2年間で9車種が絶版となったホンダ。2021年はアクティ、オデッセイ、レジェンド、クラリティが生産終了。2022年3月にS660が生産終了したことが記憶に新しい。さらに12月には、2代目NSXの生産終了が決定している。

 また、当サイトで既報のとおり、2021年12月に開催された販売店向けの「ホンダ・ビジネスミーティング」でCR-V、インサイト、シャトルの3車種も、2022年度に順次生産終了することが表明された模様だ。

 「えっ、このクルマもなくなってしまうの?」と嘆くホンダファンも多いのではなかろうか。本稿では元ホンダディーラー営業マンの筆者が、販売現場からの目線で”これは残してほしかった…”という絶版車を選んでいく。名車たちの絶頂期を、改めて回顧していこう。

文/木村俊之、写真/HONDA

【画像ギャラリー】惜しくも生産終了するCR-V、シャトル、オデッセイの歴代モデルを振り返る(42枚)画像ギャラリー

CR-V(1995年~2016年一時販売終了・2018年~2022年生産終了予定)

2018年に日本での発売が再開された5代目CR-V。7人乗りの3列シート仕様を設定したガソリンモデルのほか、CR-Vとしては初めてとなるハイブリッドモデルが用意された

 1995年にクリエイティブ・ムーバー(生活創造車)第2弾として生まれ、現代SUVの先駆けとなったCR-V。クロカンSUVが主流だった当時としては珍しく、悪路走破性よりも居住性、実用性を重視したモデルである。

 2016年に一度日本市場から姿を消したが、2018年に日本での発売が再開された。これからというときに、生産終了がアナウンスされるのは惜しいクルマだ。

 5代目ユーザーからは、「静かで高級車のようなトルクフルな走りに驚かされた」「7人乗りが必要なときも乗ることができて利便性が抜群」と好評だった。

 いっぽうで、価格や質感を懸念する声も多い。ライバル車であるRAV4と比べると価格は割高で、CX-8やハリアーに近い。しかし、価格に対して内外装の見劣り感は否めない。ただ、「快適に自由に走り回る乗りもの」として、セダンのような快適性、ミニバンの実用性、そして高い機動性を併せ持つ姿は、CR-Vのコンセプトそのものだったと思う。

 ホンダらしいクルマだからこそ、日本市場からの撤退は残念だ。

シャトル(2015年~2022年生産終了予定)

 圧倒的な居住空間とコストパフォーマンスに定評のあるシャトル。ライバルを見渡しても、5ナンバーワゴンはトヨタ・カローラフィールダーくらいで、他にシャトルの変わりになる車種は見当たらない。

 コンパクトワゴンでありながら、ラゲッジスペースが570Lと積載能力は国産ステーションワゴンでトップクラス。「フィットでは少し手狭だな」「車中泊ができる広さが欲しい」というユーザーから支持を集め、エントリー価格が約180万円で安全装備も充実したコスパの高さにも注目が集まった。

 エクステリアでは、「フロントマスクがスポーティーでカッコいい」と言われる反面、「フィットを無理やり長くしたようなデザインだ」と不評の声もある。

 ただ、ミニバンに近いシャトルは、セダンベースのワゴンと比べると、頭上スペースが広く圧迫感が少ない。これがシャトルの特徴であり、魅力の1つだろう。

 ボディサイズが拡大傾向にあるなかで、5ナンバーワゴンは希少な存在だ。ホンダラインナップからシャトルが消えると、フィットの次に大きなクルマはフリードとなってしまう。手頃なサイズのシャトルがあることで、販売現場も大いに助かっていたはず。ホンダディーラーの落胆も大きいだろう。

次ページは : オデッセイ(1994年~2021年生産終了)

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ