生産終了したはずのオデッセイの新車がまだ買える!? 今年生産終了予定3車種の運命はいかに⁉

生産終了したはずのオデッセイの新車がまだ買える!? 今年生産終了予定3車種の運命はいかに⁉

 ホンダは最上級ミニバン「オデッセイ」を2021年12月いっぱいで生産中止したが、この3月上旬現在ではまだ買える状況にあるというのだ。

 生産終了から3ヵ月も経っても売れ残っているのは珍しいという。なぜオデッセイは売れ残っているのだろうか? さらに今後生産終了予定のシャトル、CR-V、インサイトも合わせて紹介していきたい。

文/遠藤徹
写真/ホンダ、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】今年生産終了予定の3車種と歴代オデッセイを画像でチェック!(25枚)画像ギャラリー

■新型ステップワゴン人気に押され・・・?

ハイブリッドのアブソルートEX7人乗り仕様が、多く在庫として残っているという
ハイブリッドのアブソルートEX7人乗り仕様が、多く在庫として残っているという
とは言えマイナーチェンジ後は月間1000台超えの販売台数を確保していたから、生産中止はもったいない気もする
とは言えマイナーチェンジ後は月間1000台超えの販売台数を確保していたから、生産中止はもったいない気もする

 ホンダの目論見としては2021年12月いっぱいまで、2月くらいまでの需要を見込んで多めに生産していた。これを1月いっぱいで売り切り、2月からは新型ステップワゴンの最上級グレードである「スパーダプレミアムライン」にバトンタッチする予定だった。

 ところがこのオデッセイはメーカーやディーラー在庫として残っており、完全に売り切るのは3月いっぱいかかる見通しになっている。

 当て込んでいた売れ行きが思ったより伸び悩んだことと、半導体を中心としたサプライヤーからの部品供給が滞りがちで、納期が先送りになったことが影響しているようだ。3月上旬現在、メーカーのモータープールとディーラーに存在するオデッセイの在庫は合わせて700台あまりとなっている。

 グレード別だと大半がハイブリッドのアブソルートEX7人乗りで、売れ筋のアブソルートハイブリッドや2.4L車はほとんど売り切った状況にある。ボディカラーも売れ筋のホワイトパール、ブラック、シルバーに限定されつつある。

 オデッセイのこれまでの登録台数は2021年12月が1686台、2022年1月1382台、2月1039台となっている。2月実績だとホンダの登録車ではフリード、ヴェゼル、フィット、ステップワゴンに次いで5位であるから、生産中止をするのは惜しいような気もする。

生産中止は2021年12月だったが、ステップワゴンの販売開始までの繋ぎとして多めに生産台数が確保された。それが在庫車がまだある理由だという
生産中止は2021年12月だったが、ステップワゴンの販売開始までの繋ぎとして多めに生産台数が確保された。それが在庫車がまだある理由だという

 2021年12月いっぱいで生産中止したわけだが、新型ステップワゴンの先行予約開始までのつなぎが必要とみて、かなりの生産枠を確保した。このことがメーカーのモータープールやディーラー各社の在庫が多く残った背景にもなっている。

 首都圏にあるホンダカーズ店で在庫の「アブソルートEXハイブリッド7人乗り」(車両本体価格 462万4000円)にオプション&付属品のナビ、ETC、ドライブレコーダー、ボディコーティング、フロアマット、ドアバイザー、ガラス撥水など70万円強を装着してひいてもらうと法定、法定外費用を含めて、総額555万円弱となった。納期は4月中旬と提示された。値引き額は下取り車なしで初回の提示額が40万円としている。

 新型ステップワゴンは2月上旬から先行予約をスタートさせており、シリーズ全体としては好調な出足となっている。発表、発売の5月26、27日までに先行予約目標を2万台に設定したのに対して、1ヵ月後の3月上旬現在ではすでに、その目標を達成したようだ。

 半分以上が2リッターハイブリッドの「スパーダ」で占められる。3月上旬現在の納期は半年待ちの9月となっている。しかしながらオデッセイの受け皿として見込んでいた最上級グレードの「スパーダプレミアムライン」は先行予約トータルの10%以下にとどまっている。

次ページは : ■これから行われるホンダの生産終了車

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ