欧州で正式発表! いよいよ登場e-POWERターボでわかった新型エクストレイルの「勝算」とライバル打倒の鍵

新型エクストレイルがライバル車に勝つ道とは? 兄弟車「新型キャシュカイe-POWER」 から見えるもの

 2022年3月7日、欧州日産は、新型キャシュカイにe-POWERグレードを追加し、晩夏(9月頃)に発売開始することを発表した。

 ご存じのとおり、欧州キャッシュカイはエクストレイルの兄弟車。日本ではまだ新型の発表がないエクストレイルだが、すでに北米(北米名はローグ)や中国では新型が発売開始となっている。しかしまだ「エクストレイルe-POWER」はどこにも登場しておらず、今回兄弟車であるキャッシュカイで発売時期が明確になったことは、大きな進歩だ。

 国内登場もいよいよ見えてきた新型エクストレイル。ライバルとなるRAV4やハリアーに対し、どの程度のアドバンテージをもって登場するのか、欧州キャッシュカイe-POWERや北米ローグの情報をもとに、性能予測をしてみよう。

文/吉川賢一、写真/NISSAN、TOYOTA

【画像ギャラリー】海外で登場した新型キャッシュカイe-POWER&新型エクストレイルを国内のライバル車とともにギャラリーでチェック!(20枚)画像ギャラリー

欧州では初となるe-POWER搭載車

 2017年に登場した「ノートe-POWER」で、国内初登場となったe-POWERシステム。この登場翌年となる2018年、当時の王者プリウスを抜き、ノートが国内登録車販売台数ナンバー1を獲得するなど、日本ではすっかりおなじみとなったシステムだが、欧州日産としては、このキャシュカイe-POWERが、e-POWER搭載のトップバッターとなる。

 日産によると、欧州のユーザーは、運転時間の70%以上を都市部や郊外で費やしているという。また、多くのユーザーが、クルマの選択において、環境を気にするあまり、旧来のドライビングプレジャー(アクセルペダルを性愛に踏み込み爽快な加速をするような遊び)は、妥協すべきと感じてきた、とのこと。日産は、「e-POWERは、ドライビングプレジャーを犠牲にすることなく、都市部のほとんどをEV走行でカバーすることができる」としており、「現時点の答えのひとつ」として、キャッシュカイe-POWERを売り出しているようだ。

e-POWERターボに「リニアチューン」を追加したと発表

新型キャシュカイe-POWERのパワートレインの最高出力は188hp(140kW)、最大トルクは330Nm、燃費5.3L/100km(≒18.9km/L)、CO2排出量は119km/mと発表されている

 キャッシュカイe-POWERの発電用のエンジンは、日産自慢の可変圧縮比内燃エンジンであるVCターボ。排気量1.5Lの3気筒ターボチャージャー付ガソリンエンジンは、156hpを発生する。2020年12月に登場した現行「ノート」から採用となった第2世代e-POWERで動力性能を引き上げられたことで、欧州のユーザーでも満足できるレベルへと進化した。

 さらに今回のキャッシュカイe-POWERでは、英国とスペインの日産テクニカルセンターヨーロッパ(NTCE)のエンジニアによって、加速力とサウンドを同期させて、違和感をなくす「リニアチューン」と呼ばれるシステムも開発したという。

 e-POWERのようなシリーズ式ハイブリッドの場合、エンジン音の上昇が伴わず加速感がない感覚、ラバーバンドフィールに似たフィーリングに陥りやすい。高速道路への合流や、追い越し車線で一気に加速することが多い欧州ユーザーにとっては、フィーリングの面も重要だということだろう。

 また、バッテリーEVであるリーフと同様のワンペダルストップ機構も備わる。ブレーキオフでは0.2G制動を発生し、完全停止までは行わず、クリープ程度にまで減速するようセッティングされている。ハイブリッド車やバッテリーEVにおいて気になる回生ブレーキの強度調節だが、どこまで違和感がなくつくり込まれているかは、気になるところ。また、減速度コントロールが数段階でできるパドルシフトのようなものが備わっているかも注目ポイント(キックスe-POWERやノートe-POWERにはパドルシフトがない)だ。

 このキャシュカイe-POWERに搭載となるe-POWERターボが、新型エクストレイルe-POWERターボとまるっきり同じになるかはわからないが、同じプラットフォームという側面を考えれば、ほぼ同じと考えられ、欧州ユーザーも満足する動力性能と、リニアチューンといったところが、新型エクストレイルe-POWERで期待できるトピックであろう。

次ページは : 勝てる見込みがあるのは、コスパ、インテリアの質、走りの質の3点

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ