“86の再来”ってなんだった!? 今見たら意欲作なのに…… アルテッツァが遺した爪痕とは


 1998年に登場し、同年の日本カーオブザイヤー(COTY)に輝いたアルテッツァ。コンパクトボディにFRレイアウトのセダンに対して、当時の自動車媒体は「AE86の再来」と記している。

 振り返ってみればわずか約8年、1世代で消滅してしまったアルテッツァだが、今あらためて見ると、よいところが多い。なぜ当時アルテッツァがウケなかったのか、アルテッツァが遺したものは何だったのか、令和の今振り返る。

文:佐々木 亘
画像:TOYOTA

【画像ギャラリー】FRスポーツセダンの再燃を託された「アルテッツァ」を画像でチェック(5枚)画像ギャラリー

■正統派FRセダンだったのに

アルテッツァ 生産台数は約8年間で11万台を超える

 アルテッツァは、全長4,400mm、全幅は1,720mmと欧州セダンも意識したボディサイズに、当時の自然吸気の2リッターエンジンとして、最高出力となる210馬力を発生する3S-GE型エンジンを搭載した。「操ることが、こんなに楽しい」と、スポーツセダンを全面に押し出し、登場したクルマだ。

 当時は既に、セダン人気が下火になっている頃。アルテッツァは、若年層向けのクルマが多かったネッツ店で専売され、FRスポーツセダンの再燃を託されたクルマでもあった。

 フロントグリルやトランクリッド、ステアリングホイールなど、そこにあるべきトヨタのCIは、ほとんど取り除かれ、パッと見た限りでは、どこのメーカーのクルマかわからない。

 少々古臭さがあった、当時のトヨタっぽさを徹底的に排除し、純粋にセダン復権をかけて作られたアルテッツァ。特徴的な、クロノグラフをモチーフにしたスピードメーターからは、新鮮さが感じられる。

 また、ショートボディと、素直なサスペンションセッティングで、小気味いいハンドリングを体感できる素直なスポーツセダンだった。十分な運動性能を確保しながら、大人4人がしっかりと座れる居住スペースも用意し、セダンとしての機能性も高い。

 アルテッツァは今見ても、セダンとして完成されていたクルマだったと思う。この正統派セダンが、なぜ短命に終わったのか。当時を知る営業マンの話から、アルテッツァに課せられた様々な使命が見えてきた。

■たった数年でエントリースポーツセダンが高級セダンに変化

 生産台数は約8年間で11万台を超える。アルテッツァは、極端に売れなかったクルマではない。

 当時の販売状況を知るベテラン営業マンは、アルテッツァがマイナーチェンジや一部改良を繰り返すたびに、ユーザー層が大きく変わったと話す。

 初代モデルの車両本体価格は、エントリーグレード(RS200)で207万円、最上級グレード(Z エディション)でも254万円だった。これが、最終型になると、224万7000円~312万3,750円と大幅に値上がりする。新入社員がなんとか頑張ってローンを組み、購入できたクルマが、数年後にはナイスミドルが求める上級セダンになってしまったのだ。

 発売当初は20代~30代前半のユーザーと商談することが多かったが、時が経つごとに年齢層は上がり、最終的にはクラウンやマークXを購入しても違和感のない層が、購入ユーザーの中心になったという。

 そこにはAE86の再来というイメージは無く、アリストに次ぐ上級セダンが鎮座していた。

■セダンユーザーの期待を全て背負わせた?過度な期待がアルテッツァを潰す

 初代アルテッツァは、先行したイメージと完成車の差が大きかった。

 ベンチマークにされたのは、車重1トンを切るレビンとトレノだ。対して、アルテッツァの車重は最も軽いモデルで1.3トンを超える。AE86のような、軽さを武器にした走りを想像していた人たちは、アルテッツァを酷評した。

 1.5トン以下のセダンとしては、高い次元の走りを実現していたと筆者は思うのだが、当時アルテッツァに寄せられていた期待は、さらに高いものだったのだろう。

 ならばと、欧州Dセグメントセダンを意識して、高級路線を歩み出したアルテッツァ。北米では、レクサスISとして販売され、相応の人気を得たモデルに成長している。ただし、内装を中心に、かなり手を加えられたISだからこそ支持された面も大きくあり、ISよりグレードの落ちるアルテッツァは、日本国内に自らを落ち着ける場所がなくなってしまった。

 メーカー、ユーザー、評論家など、多方面から様々な期待を背負い、その期待に応えるべく変化をしたものの、自らの進むべき方向性を見失ってしまったアルテッツァ。その系譜は、現在もレクサスISとして残っているが、願わくはトヨタにもこうしたスポーツセダンの血が、今も継承されていて欲しかったと思う。

アルテッツァの系譜は、現在もレクサスISとして残っている

 現行型のGR86は、どちらかといえばAE86よりもアルテッツァの乗り味に近い。そして価格も最終型のアルテッツァ並みだ。改めて今のトヨタラインナップを見ると、200万円台でアルテッツァのようなスポーツセダンがあったら、どんなに魅力的だろうと考えてしまう。

 初代カタログには「はじめての世界へ。」と記されているが、この世界はどんなものだったのだろうか。クルマの魅力を凝縮した、アルテッツァの世界をじっくり見てみたかった。

【画像ギャラリー】FRスポーツセダンの再燃を託された「アルテッツァ」を画像でチェック(5枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

ビッグネームが続々復活の情報捕捉!! ベストカー6月26日号

日本の自動車メーカーの2022年度3月期の連結決算が発表され、軒並み好調! クルマの販売も好調で、クルマへの関心が高まってきています。そんななか、発売中のベストカー6月26日号は新型フェアレディZの走行取材企画あり、スカイラインクロスオーバーやパジェロミニの復活登場のSCOOP企画あり、FRにスポットを当てた企画ありと盛りだくさん。「読み逃し」なく!! です。

カタログ