実際に乗ってわかった! 2021年度日本で一番売れたN-BOXが「マジで売れるこれだけの理由」

■同じ軽自動車でもひと味違うN-BOX

 ここまで読んで「軽自動車ならみんな同じでしょ!」と思うだろう。確かにボディサイズや取り回しは変わらない。けれどN-BOX以外の軽自動車って、なんか質感が落ちる傾向。「満足できない」と言い換えてもよかろう。

 タントやスペーシアに乗ると、「軽自動車ですね」になり、「これでいいや」とは思えないです。こう書くと「あんたは軽自動車をナメているのか?」と思うかもしれない。

 そら違います。むしろ軽自動車は好きだ。軽自動車歴を書くと、ビートにカプチーノ、ネスタSC、サンバーSC。そして現在もサンバーとスバル360を持っている。次に狙っているのはハイゼットデッキバンといった具合。これらのクルマは軽自動車としての魅力を持っているけれど、1台でやろうと思わない。セカンドカーとして考える。趣味のクルマ+軽自動車ということ。

■軽でありながら白ナンバーの乗用車と同等のクオリティと安全性

 N-BOXの場合、「これ1台でいいや」と思えるクルマの質感を持っているのだった。エンジンや足回り、インテリアの質感などすべてのクォリティが白ナンバーの乗用車と変わらない。なぜか? 

 ホンダ自身、軽自動車だからという理由で基準を変えていないからである。例えば安全性。今までの流れを見るとホンダ以外は「軽自動車だからコストと重量とバランスを取る」という選択をしてます(※註:公的な安全性を試験するJNCAPの歴代データを見れば明確にわかります)。

 軽自動車は白ナンバーの登録車より使われる場所が狭く、平均速度だって低い。統計を見ていると「軽自動車だから事故死者が多い」みたいなデータなし。総合的に評価したら、軽自動車についていえば、安全性は衝突基準をクリアすればコストや軽さを優先するという考え方は正しいのかもしれないが、私は100%納得できない。ホンダも同じように考えているらしく、「命の大切さは同じです」。

■昨年末の一部改良でACCに渋滞追従機能搭載

2021年12月の一部改良でオートブレーキホールド付き電子制御パーキングブレーキを全車に標準装備した。これに合わせ、N-BOXのホンダセンシングのACCには渋滞追従機能が追加された
2021年12月の一部改良でオートブレーキホールド付き電子制御パーキングブレーキを全車に標準装備した。これに合わせ、N-BOXのホンダセンシングのACCには渋滞追従機能が追加された

 設計時点で軽自動車と登録車の基準を分けるという考え方をしていない。こういったクルマ作りがすべての点に出てくるんだと思う。N-BOXのハンドルを握っていると軽自動車に乗っていることを忘れ、小さい普通のクルマに乗っている感覚。だからN-BOXに乗ってると「これ1台でいいかな」となり、クルマ好き的にマズいということになる乗り心地だって白ナンバーと変わらず。

 ただ、今までN-BOXは電動パーキングブレーキを採用していなかった。N-WGNやN-ONEが先行して採用していたのに、コストの関係なのかワイヤー式のパーキングブレーキだったまま。従ってアダプティブクルーズコントロールは車速30km/hくらいになると勝手にリセットされるという、ひと世代前のクルマと同じで使い勝手が悪かった。この一点でN-BOXを薦められず。

 で、今回の改良でやっと電動パーキングになり、アダプティブクルコンで停止まで制御してくれるように進化。高速道路の渋滞で使ってみたら、やっぱり「コレがなくちゃ!」。今やN-BOXの弱点はなくなった。400kmくらい試乗してみたが、恐ろしいことに「これ1台でいいかな?」。

■こんなにバランスのいいクルマってほかにありますか?

 そもそも考えてみて欲しい。乗り心地はいい、狭い日本の道路や駐車場でストレス感じないほど取り回しいい。

 燃費はまったく気にしないで乗って15km/L以上走る。流れのいい道なら20km/L近いほど。高速道路の100km/L巡航は、横風に敏感なのを除けば快適。大人4人が余裕で乗れ、大きな荷物だって運べちゃう。

 文字どおりN-BOXがあれば、ほかにクルマ不要。それでいて200万円で買えて、5~7年乗った後のリセールバリューは驚くほど高い。こんなバランスのいいクルマってほかにありません!

【画像ギャラリー】ホンダ『N-BOX』発売10周年の軌跡を画像でチェック!!(34枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ランクルミニの確定デザイン入手!! ベストカー10月10日号

カタログ