実際に乗ってわかった! 2021年度日本で一番売れたN-BOXが「マジで売れるこれだけの理由」

実際に乗ってわかった! 2021年度日本で一番売れたN-BOXが「マジで売れるこれだけの理由」

 ホンダのN-BOXは、2021年度(2021年4月~2022年3月)の新車販売台数が19万1534台となり、登録車を含む新車販売台数が第1位となった。軽四輪車にかぎれば2015年から2021年の7年連続で新車販売台数1位を獲得している。また、2021年5月末には累積販売台数が200万台突破と、不動の人気を誇る。

 しかし、N-BOXはなぜここまで販売台数を伸ばし、長期間人気を保てるのであろうか?

 特段価格が安いわけではないし、スタイルはシンプル、悪く言えば平凡、飽きがこないといえばまあプラス評価になる。では、中身がそんなにいいのだろうか?

 そこで、数多くのクルマの試乗で評論してきた国沢光宏氏が、N-BOXに長期間乗ってみて、いろいろ「ヤバい」理由を紹介する。

文/国沢光宏、写真/ホンダ

【画像ギャラリー】ホンダ『N-BOX』発売10周年の軌跡を画像でチェック!!(34枚)画像ギャラリー

■N-BOX1台あればすべて事足りてしまう!?

ホンダN-BOXは2021年度(2021年4月~2022年3月)の新車販売台数において1位を獲得した。軽四輪車に至っては2015年から7年連続で1位を獲得している

 N-BOXは軽自動車のベンチマークだと考えている。モデルチェンジしたり、マイナーチェンジを行ったりするごとにジックリ&長い距離を乗ってます。そしていつも「コレはヤバいヤツだ!」と思う。

 実際、このクルマ1台あればすべて満足できてしまう。直近のマイナーチェンジでアダプティブクルーズが停止まで制御してくれるようになり一段と充実した。改めてN-BOXを紹介したい。

 私だけかもしれないが、クルマ好きにとって一番の「恐怖」はクルマに興味を失ってしまうことだと考えている。クルマという素晴らしい趣味をなくせば、もはや世の中に楽しみなどありません(大ゲサ?)。

 クルマ趣味の王道といえば「ハンドル握ってない時でもアタマの中にあるクルマ」だと思う。休日が楽しみなクルマでもいいし、常に修理を考えているようなクルマでもいい。はたまた「買い物に行くんだけど、歩こうか、クルマで行こうか」と迷うような取り回しの悪いクルマなんかも面白いと思う。

■狭い日本に軽自動車はストレスフリー

 そういった「クルマ好きのスケール」でN-BOXを見ると、すべての点で「あかんな~」。あまりによくできているのだった。

 まず、取り回し性が徹底的にいい。どんなトコロに乗って行っても駐車時にストレスなし。小回り効いて、外寸ちっちゃいですから。

 全幅1900mmのボルボXC60だと駐車場所を決めるのに「ここでいいのか?」と考える。N-BOXだと1台分のスペース空いていれば、どこでも駐められるのだった。前後の余地が少ない縦列駐車のパーキングスペースだって気にならない。

 練馬区(特に西武新宿線)にありがちな狭い駅前までの送迎も平気。もっと言えば、クルマの中で待っていたって周囲に迷惑かけないです。

■同じ軽自動車でもひと味違うN-BOX

 ここまで読んで「軽自動車ならみんな同じでしょ!」と思うだろう。確かにボディサイズや取り回しは変わらない。けれどN-BOX以外の軽自動車って、なんか質感が落ちる傾向。「満足できない」と言い換えてもよかろう。

 タントやスペーシアに乗ると、「軽自動車ですね」になり、「これでいいや」とは思えないです。こう書くと「あんたは軽自動車をナメているのか?」と思うかもしれない。

 そら違います。むしろ軽自動車は好きだ。軽自動車歴を書くと、ビートにカプチーノ、ネスタSC、サンバーSC。そして現在もサンバーとスバル360を持っている。次に狙っているのはハイゼットデッキバンといった具合。これらのクルマは軽自動車としての魅力を持っているけれど、1台でやろうと思わない。セカンドカーとして考える。趣味のクルマ+軽自動車ということ。

次ページは : ■軽でありながら白ナンバーの乗用車と同等のクオリティと安全性

最新号

ベストカー最新号

ビッグネームが続々復活の情報捕捉!! ベストカー6月26日号

日本の自動車メーカーの2022年度3月期の連結決算が発表され、軒並み好調! クルマの販売も好調で、クルマへの関心が高まってきています。そんななか、発売中のベストカー6月26日号は新型フェアレディZの走行取材企画あり、スカイラインクロスオーバーやパジェロミニの復活登場のSCOOP企画あり、FRにスポットを当てた企画ありと盛りだくさん。「読み逃し」なく!! です。

カタログ