ハリアー、アルファード……ベンツBMWがナンボのもんじゃい! もはや外車を置き去りにする国産プレミアムコスパカーとは

ハリアー、アルファード……ベンツBMWがナンボのもんじゃい! もはや外車を置き去りにする国産プレミアムコスパカーとは

 いまや日本車はガイシャを超えた! ハリアー、アルファード、レクサスLCの3車種は、クオリティ、走りの質感、コストパフォーマンスなど、もはや外車ブランドなんかいらないと思わせるほどではないだろうか。

 はたして、どんなところが外車と違い、外車をタジタジにする魅力を備えているのか、モータージャーナリストの小沢コージ氏に存分に語ってもらった。

文/小沢コージ、写真/TOYOTA、LEXUS、BMW、メルセデスベンツ

【画像ギャラリー】ベンツ&ロールスとヨコを張る!? もはや輸入車をぶっちぎり!! コスパ激アツな国産プレミアムカー3車種(20枚)画像ギャラリー

■日本が誇るプレミアムコスパカー炸裂!

トヨタ ハリアー。全長×全幅×全高=4740×1855×1660mm 価格:299万円〜443万円
トヨタ ハリアー。全長×全幅×全高=4740×1855×1660mm 価格:299万円〜443万円
BMW X3。全長×全幅×全高=4720×1890×1675mm 価格:713万円〜920万円
BMW X3。全長×全幅×全高=4720×1890×1675mm 価格:713万円〜920万円
ベンツ GLC。全長×全幅×全高=4670×1890×1645mm 価格:731万円〜1008万8000円
ベンツ GLC。全長×全幅×全高=4670×1890×1645mm 価格:731万円〜1008万8000円

 いま実は国産車がヤバい! ってかコストパフォーマンスがマジでヤバい!! 小沢は一部国産車を勝手に「プレミアムコスパカー」と称してますが、どれも金額に見あわないクオリティを存分に発揮しております。

 特に個人的にピカイチなのはミディアムSUVのトヨタハリアー。コイツは本当に凄い。そもそも全長4.7m台のSUVにして299万円スタートってだけで凄いのに、一部デザインやクオリティは価格倍以上のドイツSUVにも匹敵。

 こう言うと一部輸入車ファンは必ず「わかってねぇなぁ」とか「走りの質が国産とはレベチ」とか言うけど、逆に言わせて貰うと今のメルセデスやBMWがかつての「最善か無か」的芸術品顔負けクオリティで作られてるかってはなはだ疑問。なんだかんだで時代相応の合理的デザインであり、作りの延長線上でしょう。

 ハリアーで具体的に凄いのはデザインとインテリア。確かに299万円の最安2Lガソリン「S」グレードは露骨な釣りモデルで内装は割と素っ気ない部分あり。だが、1つ上の341万円ガソリン「G」は、質感の高い合皮とファブリックのコンビシートはかなりリッチで、装備も十分魅力的。

 オマケにACC&レーントレーシングアシストの運転支援から7インチデジタルメーターからプロジェクターLEDヘッドランプまで標準。ハイテクの先進安全と2連ワイドモニターを売りにしながら、両方付けると平気でオプション代40万円超のどこかのプレミアムとは全然違うわけよ。

トヨタ ハリアー シート
トヨタ ハリアー シート

 そのほか今や自然保護の観点から合皮を「フェイクレザー」といって珍重するブランドもあるなか、ハリアーの合皮&ファブリックシートはなかなかのレベル。ドア回りのグレーのウッド調パネルにしても質感は高い。

 同時にさほど評価されてない2.5Lハイブリッドだけどトヨタはもっと自慢した方がいい。システム出力はFFが218ps、4WDが222psで、なんとWLTCモード燃費はリッター21.6~22.3km!

 ハイブリッド独特のラバーバンドフィールは残ってるけどこの世代で相当良くなったし、なによりメルセデスSUVの2Lディーゼルモデルの最高出力は194psで、WLTCモード燃費がリッター15.1kmってどうよ。多少の味わいをさっ引いてもトヨタ2.5Lハイブリッドは凄すぎ。

次ページは : ■アルファードの快適さはワールドクラス

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!