おちおち安心して乗れない!? なぜトヨタ車が盗難車のターゲットにされやすいのか?


■全世界で信頼される品質のトヨタブランド

 そうなると、左側通行&右ハンドル車である、イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、タイ、ケニアなどの国や地域でトヨタ車の人気が高いのか、という話になってしまう。

 確かに、そうした国や地域ではトヨタ車は新車も中古車も正規販売されており、市場のニーズも高い。

 ただし、そのほかにも経済発展途上国のなかには、右側通行&左ハンドル車の法規制のなかで、日本から輸入された右ハンドル車が当たり前のように走っている風景を、筆者は現地で見たことがある。そうした国でもトヨタの新車は正規販売されている。

 または、右側通行&左ハンドル車の国や地域でも、日本からの盗難車を「ブツ取り用」とすることも当然考えられるし、高級車については右ハンドル車から左ハンドル車への大規模改造を施すケースもあり得るかもしれない。

 いずれにしても、日本での盗難車の主流がトヨタ&レクサスで、それらが海外へ流れている可能性が高いという考え方の裏側には、トヨタの商流網が世界の国や地域をまんべんなく張り巡らさせており、グローバルでユーザーからのトヨタ&レクサスに対する信頼度が高いということになる。

■日本では知られていない海外でのふたつの話

 最後に、盗難車と直接的な関係は別として、日本ではあまり知られていないトヨタ&レクサスの海外事例をふたつ紹介しておく。

 ひとつは、先ほど右ハンドル車の国としても名前が出た、アフリカのケニアだ。同国では、タクシー需要として、カムリやカローラなどの4ドアのトヨタ車に対する需要が高い。「トヨタ車は(いつまでも)壊れない」といった、トヨタ神話があるほどだ。

 こうした需要を見越した日本の大手中古車事業者などが、日本とケニアを直接結ぶ中古車販売ルートを設けるケースもある。走行距離が10万km超でも、ケニア向けでは付加価値の高くつくトヨタ車が日本国内で充分な在庫があるということだろう。

 もうひとつの事例は、東南アジアのカンボジアだ。こちらはトヨタ現地法人を直接取材した際、同社の社長から直接聞いて驚いた話がある。

 なんと、海外から並行輸入された事故車まで、一定の条件のもと、トヨタの正規販売店やトヨタ関連部品を扱う販売店で一般整備を受け付けているというのだ。

 なかでも人気なのは、初代と2代目のレクサスRXで、主にアメリカからの輸入だという。

1998年に登場した初代レクサスRX、日本名ハリアー。北米の販売は好調でレクサスブランドの確立に一役買った

 こうしたビジネスモデルについて、将来的にアフリカなどの一部の経済発展途上国で事業展開するうえでの実証試験的な要素もあった。一定条件をつけたうえとはいえ、事故車や並行輸入車でもトヨタ車&レクサス車について、しっかりと整備を行うことが新車製造と新車販売を担う者としての使命であるということだ。

 ただし、当然ながら盗難車については論外だ。盗難車であるかどうかは、しっかりと調べたうえでこうしたビジネスモデルが成り立つことがトヨタの信頼につながるのだと思う。

■あとがき

 繰り返すが、こうした事案は筆者の過去の体験の紹介であり、盗難車と直接関係する話ではないことをご承知おきいただきたい。

 また、盗難車でトヨタ車が多いことに対する考察についても、あくまでも筆者個人による仮説であることを改めて申し上げておく。

 本稿は、トヨタ車にかぎらず、どのようなモデルが盗難車ランキングで上位になるならない、という点を強調することが目的ではなく、こうした機会に自動車の盗難という社会の現実をより多くのユーザーに知っていただくための内容である。

【画像ギャラリー】2021年、車両本体盗難の車名別盗難状況ワースト10のクルマを写真でチェック(10枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

新型クラウン深掘り&注目4モデルの12連発試乗記!! ベストカー9月10日号

注目が続く新型クラウン。もっと情報を知りたい!という人向けへの「クラウン深掘り」企画。これがベストカー9月10日号の一番の目玉。さらに、その新型クラウンの第5のボディ、クーペの情報や、「SUVにしますか、ほかのタイプにしますか?」という特集も見逃せません!

カタログ