後ろ姿はランボルギーニ!? 重武装感に萌える! ――先代シビックハッチバック【おっさんはこれに乗れ!】


「今の時代、おっさんはどんなクルマに乗るべきか?」

 いやもちろん、どんなクルマに乗ったっていいのだが、アナタ(おっさん)が仮にクルマ好きなら、周囲のクルマ好きからどう見られるかを意識するはずだ。そして少なくとも、「シブイなぁ!」とか、「わかってるね~」と思われたい、と願うのではないだろうか? そういう選択を、ワタクシ清水草一が独断で展開いたします!

 今回は、後ろ姿がスーパーカーに見えるかもしれない、いや、全然違うといえば違うけど(笑)、なんとなく横長六角形のイメージがあのクルマに見えてくる先代型ホンダ シビックハッチバックを取り上げる。

文/清水草一
写真/ホンダ、フォッケウルフ

【画像ギャラリー】いまおっさんが乗るべき先代型シビックHB(とランボルギーニ)を写真で見る!(8枚)画像ギャラリー

■リアデザインが秀逸なスポーティハッチバック!

 夜、首都高を走っていて、合流してくるクルマの後ろ姿に一瞬「ランボルギーニか!?」と思ったら、先代型のシビックだった。それもでっかいリアウイング付きのタイプRではなく、ノーマル(1.5ターボ)のハッチバック!

 先代シビックは、タイプRの戦闘的なルックスに注目が集まったが、ノーマルのハッチバックも、巨大なリアウイングこそないものの、基本的なデザインはタイプRと同じだった。特に夜だと、まず目に飛び込んでくるのはテールランプの造形だ。それに関してはタイプRもノーマルも変わりなく、カウンタックからアヴェンタドールまで継承されている横長六角形のランボルギーニスタイルに見えないこともない(私は元カウンタックオーナーです)!

2017年に発売された先代型シビックは、セダン/ハッチバック/タイプRと3つのバリエーションがラインナップされていた

 先代シビック、特にタイプRのデザインに関しては、良識派カーマニアから「あまりにもガンダム的」「ホンダはまだこんなデザインをやってるのか」という声が聞かれた。確かにゴテゴテと満艦飾のエアロや、巨大なエアインテーク&ダミーのエアアウトレットは、古臭いといえば古臭いが、男は本能的に、こういった「武装」に惹かれてしまう。個人的には、「ちょっと気恥ずかしいけどカッコイイなぁ」という感想を抱いたものだ。

 タイプRではないノーマルのハッチバックも、前述のようにリアウイングを外し、全体的にやや大人しくしただけで、フォルムは変わらない。タイプRだと派手すぎるけど、ノーマルならちょうどイイネ! と感じるガンダム世代のおっさんは、少なくないのではないだろうか?

 昔からスポーツカーは、後ろ姿が重要だといわれる。なぜならスポーツカーは速いので、一般車は必ず追い越される(はず)。一般車のドライバーがスポーツカーを直接目にするのは、後ろ姿ばかり(のはず)だからだ。スポーツカーは、他車を抜き去ったあと、「あれに抜かれたならしょうがない」と思わせなくてはならないのだ。

 後ろ姿が戦闘的なクルマというと、たとえば日産 GT-Rやランボルギーニなど、どれもこれも本物のスポーツカーばかりで、フツーのモデルにはない。かつて三菱 ランエボがガンダムだった時代も、フツーのランサーは地味だった。スバル インプレッサも同様だ。

 昔も今も、フツーのクルマに、後ろ姿が戦闘的に見えるモデルなんてほとんど存在しない。現行型のシビック(ハッチバック)も、落ち着いた大人のデザインに変身した。先代シビックハッチバックは、フツーのクルマとして、かなり唯一絶対的な存在なのだ!

ロー&ワイドなスタイルにダイナミックな造形で、スポーティな雰囲気が漂っている先代型シビックハッチバックのリアスタイル

次ページは : ■”神”譲りの走りをもつフツーのクルマ!?