一生に1回くらい頂点に乗ってみないか? レクサスLSの進化と現在地【おっさんはこれに乗れ!】


「今の時代、おっさんはどんなクルマに乗るべきか?」

 いやもちろん、どんなクルマに乗ったっていいのだが、アナタ(おっさん)が仮にクルマ好きなら、周囲のクルマ好きからどう見られるかを意識するはずだ。そして少なくとも、「シブイなぁ!」とか、「わかってるね~」と思われたい、と願うのではないだろうか? そういう選択を、ワタクシ清水草一が独断で展開いたします!

文/清水草一
写真/トヨタ

【画像ギャラリー】いまおっさんが乗るべきレクサスLSを写真で知る!(13枚)画像ギャラリー

■歳を重ねると大型セダンに惹かれるようになる

 私がこれまで所有した中で一番大きいセダンは、シトロエンC5(最終型)だった。シトロエンC5なんていうマイナーなクルマを、世間がどれくらい認知していたか不明だが、とりあえずそこそこの大型セダン(全長4795×全幅1860×全高1470mm)で、なんとなく高級そうには見えたはずだ。

 そんなC5に乗っていると、「扱いが違う!」と感じるシーンがしばしばあった。決してそんなに頻繁にではないが、なにかこう、ちょっと特別扱いしてくれるような気配を感じるのだ。それはとても気持ちのいいものだった。おっさんは、特別扱いされたい年頃なのである。

 もちろん大型セダンは、走りも気持ちいい。ロングホイールベースで足はフンワリなので(モデルによりますが)、高速巡行は最高だ。若いころはスポーツカー一筋でも、おっさんになると、大型セダンに惹かれるようになってくる。

 ならばいっそのこと、国産高級セダンの最高峰、レクサスLSに乗ってみたらどうだろう? おそらく周囲の扱いは段違いだろうし、高速巡行は高級温泉旅館のように快適だ!

 なにごとも、頂点はスバラシイ。私はフェラーリやランボルギーニでそれを体感した。クルマの種類は違えども、レクサスLSにも「頂点!」という感覚は濃厚だ。おっさんは、一生に一度は頂点を極めろ!

レクサスの頂点であり、国産車の頂点とも言えるのがLS。卓越した基本性能に庶民の概念を超えるレベルの高級装備が盛り込まれている

■究極の進化を果たした現行型LS

 では、どのレクサスLSを選ぶべきか。日本で販売されたレクサスLSには、2006年から2017年までの初代(海外では4代目)と、2017年からの現行モデルである2代目(海外では5代目)がある。

 現行モデルは、すでに何度も小改良を受け、細かいところが改善されている。登場当初は、ハンドリングのスポーティ志向とランフラットタイヤの初採用が重なって、LSとは思えないほど乗り心地がドシンバタンと悪かった。正直、「これがニッポンの最高峰かよ!」だったが、2019年10月の小改良で、夢のようにフワッフワに変身。本来あるべき姿に戻った。

2017年に発売された現行型LSは、従来の4ドアセダンとは一線を画す斬新なクーペシルエットを採用していた

 が、トヨタ様も「これはさすがにフワフワすぎる」と思ったのか、2020年にはそこも修正し、世界に誇れる最高級の「しなやかスポーティ」な乗り心地を獲得した。その後ランフラットタイヤを廃止して新開発のノーマルタイヤに変更するなど、遥かなる高みを目指してカイゼンを続けている。

 つまり、現行LSの新車を買えば、間違いなく日本の頂点。こと快適性に関しては、世界の頂点と言ってもいい。パワーユニットはV6ターボでもV6ハイブリッドでも、どちらも素晴らしい。

 しかし、LSの新車価格は、最廉価グレードの「LS500 Iパッケージ」でも1071万円する。中心価格帯は1300万円から1500万円。一番お高い「LS500h EXECUTIVE Advanced Drive」だと1792万円! メルセデス・ベンツ Sクラスよりはだいぶお安いですが、「おっさんはLSに乗れ!」と言われても、おいそれと乗れるもんじゃない。やっぱりここは中古車だろう。

 現行型のLSでは、前述のように2019年10月以降生産のタマが断然イイのだが、新しすぎて、まだ中古車があまり出回ってしないし、価格もお高い。新車よりは300万円くらい安いけれど、この価格帯で300万円安くても、それほどのお買い得感はない。

次ページは : ■先代型の中古車ならすでに100万円を切っている!?