日本じゃ不人気だけど乗るといい! 心を打つホンダのスポーティセダン4選 新連載!!【おっさんはこれに乗れ!】


 「今の時代、おっさんはどんなクルマに乗るべきか?」

 いやもちろん、どんなクルマに乗ったっていいのだが、アナタ(おっさん)が仮にクルマ好きなら、周囲のクルマ好きからどう見られるかを意識するはずだ。そして少なくとも、「シブイなぁ!」とか、「わかってるね~」と思われたい、と願うのではないだろうか? そういう選択を、ワタクシ清水草一が独断で展開いたします!

文/清水草一
写真/ホンダ

【画像ギャラリー】いまおっさんが乗るべきホンダのスポーティセダンを写真で見る!(14枚)画像ギャラリー

■ドイツ車の雰囲気を持つモデル群

 まず推薦したいのは、近年のホンダの不人気セダン群である。具体的にはこの4台だ!

●グレイス(2014年~。2020年に販売終了)
●シビック(2021年~)
●インサイト(2018年~。年内で販売終了)
●アコード(2020年~)

 現行型シビックは、正確にはセダンではなく5ドアハッチバックだが、セダンに近いボディ形状ということで、便宜上セダンの仲間に入れさせていただきました! シビックを除いて、どれも販売は振るわない(or 振るわなかった)。比較的好調なシビックも、国内では月に1000台には届いていない。

販売の勢いがなくなって久しいが、いつの時代もクルマの基本は4ドアセダン。実用性と走行性能を両立しているモデルが多い

 しかしどれも、乗ると実にホンダらしい、いいセダンばかりだ。スポーティなフォルムとスポーティな走りが、おっさんの心を打つのである。

 クルマ好きのおっさんは、基本的にこういうスポーティなセダンが好きだ。理想的にはドイツ御三家のDセグメントセダンということになるが、これらホンダの不人気セダン群には、BMW3シリーズやアウディA4の雰囲気がある(断言)! おっさんならたいていは好きなはずである。

■若い女子にとってセダンのイメージは?

「いまどきおっさんがセダンに乗るのは、おっさんの二乗にならないか?」

 そう思われるかもしれないが、その考えは間違っている。おっさんは堂々とセダンに乗るべきなのだ! おっさんはおっさんっぽさを隠してもムリ! ならば最初からおっさんの二乗で勝負すべし! その掛け算によって、逆に「シブイなぁ!」「わかってるね~」となるのである。

近年は、なだらかなクーペ風のルーフラインを備えた流麗なイメージのセダンが増えてきた。街の中で見ても実にスタイリッシュ!

 若い女子も、意外とセダンが好きだ。若い女子にとっては、もはや「セダン=高級車」しか知らない。つまりセダンに乗るおっさんは、おっさんらしくちゃんとカネを持ってる立派なおっさん、という認識になるのである。もちろん、だからといってチューしてくるわけではないが、なんとなく好印象は抱いてくれる(断言)!

 なかでも、ホンダの不人気セダン群は、カーマニア的には間違いなく、いいクルマばかりであり、若い女子的にはドイツ御三家的なスポーティセダンばかり。そこらの一般人の目は無視して、おっさんは、おっさんカーマニアと若い女子の目さえ意識すれはいい。

■カーマニアからどう見られるか!?

 では、いよいよこれらのクルマがどのように見られるかを、具体的に見ていこう。

【グレイス】

フィットアリアの系譜を受け継ぐコンパクトセダンで、惜しくも2020年で販売終了に。ハイブリッドとガソリン両モデルをラインナップしていた

おっさんカーマニアの目……フィットのセダン版だけど、クルマの質感ははるかに上だよね。ハイブリッドながら、エンジンはさすがホンダ! NSXっぽいいい音をさせて回るんだよなぁ。6速DCTなので、ちゃんと段付きの加速が楽しめるのもいいね!

若い女子の目……よくわかんないけど、どことなくBMW3シリーズに似てるかも!

<購入ガイド>
 すでに絶版なので中古車を買うしかないが、前期型なら確実に100万円ポッキリでイケる。Honda SENSING(ホンダセンシング)のついた後期型でも、総額150万円あれば大丈夫だ。

【シビック】

2021年に登場した11代目となる現行型シビック。歴代10モデルでさまざまな変遷を重ねたが、新型では「操る喜び」「クルマとの一体感」を目指した

おっさんカーマニアの目……いま大注目のスポーツセダンだよね! とにかくデザインがカッコいいよ。BMW3シリーズ的なプレミアムスポーツセダンの雰囲気がビンビンじゃないか! 初期受注の4割が6速MTだったって聞くけど、それだけで「シビックって凄いクルマだなぁ」って、尊敬の眼差しを向けちゃうよ。2022年7月には新開発の2.0L eハイブリッドが追加されるんでしょ。それも大注目だね!

若い女子の目……よくわかんないけど、結構ダンディかも! パパに乗ってほしい。

<購入ガイド>
 まだ発売されたばかりだし、新車を奮発しよう!

【インサイト】

初代、2代目、そして現行型の3代目と、間を空けつつも代を重ねてきたインサイト。新型は2018年に開口部の広いリアバックドアを備えて登場!

おっさんカーマニアの目……正体不明な大型セダンの雰囲気がイイんじゃないかな。インサイトなんて一般人はほとんど誰も知らないけど、そんなクルマに乗ってるっていうだけで一目置くよ。それにコレ、昭和のオッサンのイメージじゃないよね? やっぱアメリカだよね? これだけ大柄なボディに1.5Lハイブリッドで、それなりにちゃんと走るのがシブイ。燃費もまあまあみたいだし。

若い女子の目……ぜんぜんわかんないけど、パッと見はイケてるかも。

<購入ガイド>
 販売終了も迫っていて、新車を買うのはためらわれるが、条件のいい在庫車があれば買い。中古の場合、3年落ち以内のタマで、総額280万円が目安だ。

【アコード】

レジェンドなき今、ホンダのフラッグシップサルーンとなったアコード。10代目となる現行型は、ロー&ワイドなフォルムで2020年に発売された

おっさんカーマニアの目……日本ではまるで売れてないけれど、北米や中国では依然としてベストセラーカーなんだよね。実際乗ってみると、それだけのことはあると思ったよ! 乗り心地はすばらしくしなやかだし、身のこなしはスポーティ。快適性もすごく高い。特徴は薄いけど、欠点はどこにもないね。実にいいセダンだよ。わざわざアコードに乗るなんてシブすぎる!

若い女子の目……ホンダの重役さん?

<購入ガイド>
 車両本体500万円近い高級セダン。値落ちも激しいので、新車を買うのは勇者のみ。2年落ちを総額350万円以内で狙え。あるいは、あと3年待て!

【画像ギャラリー】いまおっさんが乗るべきホンダのスポーティセダンを写真で見る!(14枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ