ハンドリングのハイブリッドか、トルクの22XDか!? ――3代目マツダ アクセラ 連載【おっさんはこれに乗れ!】


「今の時代、おっさんはどんなクルマに乗るべきか?」

 いやもちろん、どんなクルマに乗ったっていいのだが、アナタ(おっさん)が仮にクルマ好きなら、周囲のクルマ好きからどう見られるかを意識するはずだ。そして少なくとも、「シブイなぁ!」とか、「わかってるね~」と思われたい、と願うのではないだろうか? そういう選択を、ワタクシ清水草一が独断で展開いたします!

文/清水草一
写真/マツダ

【画像ギャラリー】いまおっさんが乗るべきマツダ アクセラ(3代目)を写真で見る!(6枚)画像ギャラリー

■マツダ3とアクセラとの大きな違い

 クルマ好きのおっさんなら、マツダにはリスペクトを感じているに違いない。

 マツダは、クルマ好きの心の琴線に触れる、いいクルマを数多く作ってきた。ロータリーエンジンをはじめとして、独自のメカにもこだわってきた。「なんでこんなにクルマ好きだけを相手にしたようなクルマばっかり作ってるんだ!」と呆れるほどだ。

 が、個人的には、クルマ好きのおっさんのひとりとして、ここ最近のマツダ車には納得できない部分がある。特に接地感と乗り心地に関しては、「前モデルのほうがはるかによかった」ということがある。

 その最たる例が、アクセラと、その後継モデルたるマツダ3だ。アクセラがあれほど豊饒な接地感としなやかな乗り心地を持っていたのに、登場当初のマツダ3の足まわりはしなやかさがなく、路面からガンガン突き上げがきた。「マツダはいったいどうしちゃったんだ!」とおおいに嘆いたものだ。

 これはもう、リアサスがマルチリンクからトーションビームになったっていうことじゃ説明できない。乗り味の哲学そのものが変わったように思えた(マツダ側は全否定)。

アクセラはファミリアの系統を受け継ぐコンパクトセダン&ハッチバック。最終型となる3代目モデルは2013年に登場した

 マツダ3の足は、その後のマイナーチェンジで徐々に改善され、元のしなやかさを取り戻しつつあるが、まだアクセラの域には達していない。本来、クルマはどんどん進歩して当たり前なのに、「前モデルのレベルに戻るのが楽しみ!」なんてなぁ……。あくまで好みの問題ではありますが。

 とまあ苦言を呈してみましたが、しかし「前のモデルのほうがよかった」というのは、ある意味朗報だ。新車より中古車のほうがいいということなのだから、そのぶん安くいいクルマが買えるので。

■ハイブリッドはワインディングでベストの走り!

 というわけで、2013年から2019年まで生産された3代目アクセラは、カーマニア的には傑作。さすがにデザインはマツダ3の入魂ぶりに負けるが、ハンドリングや乗り心地は、クルマ好きのおっさんなら間違いなく感動モノである。

欧州テイストなスタイリングの3代目アクセラ。先代型(2代目モデル)よりシンプルで大人っぽい雰囲気となった

 では、3代目アクセラではどのグレードがおすすめなのか、2つほどスイセンさせていただきます。

●スイセングレードその1
「セダン ハイブリッド」

 アクセラの足まわりのよさは、ヨーロッパの実用車そのもの。具体的にはフォード フォーカス(2代目)に近く、カッチリしているんだけどしなやかで、タイヤが路面をつかんで離さないフィーリング満点だ。どこまでも走って行けそうな気にさせられる。

 なかでも一番感心したのは、ハイブリッドの足まわりだ。ハイブリッドシステムはプリウスのものを使っているが、エンジンはマツダ製で排気量は2.0L(プリウスは1.8L)。出力は3代目プリウスと同じ99psだが、なにしろシャシーがアクセラなので、走りはまったくレベルが違う!

 ハイブリッドバッテリーを車体後方に積んでいるため、前後重量配分がよく、ワインディングでのハンドリングは、アクセラのなかでもベストだった。

 といっても販売は、バカ売れする3代目プリウスを尻目に鳴かず飛ばずだったが、いまコイツを中古車で選択するオッサンは、「悟りの境地じゃのう……」と、カーマニアから尊敬されるに違いない。

 狙いは、モデル末期の高年式車。2018年式でも150万円前後で買える。150万円で20km/L以上走ってハンドリング抜群のコンパクトセダンなんて、アクセラハイブリッドだけ!

次ページは : ■余裕の走りでロングドライブにも最適なディーゼル!