悩ましいCX-8の2列目シート!! 最上級グレードより「買い」のグレードがあった

CX-8の2列目シートはどれを選べばイイ!? 最上級グレードより買いのグレードがあった

 ベンチシートに2種類のキャプテンシート……と2列目シートだけでも3種類もラインアップするマツダCX-8。

 頻繁に7人を乗せるならばベンチシート一択だが、違うとなればかなり悩むモノ。もちろんグレードによって選択できない仕様もあるが、どれが一番使い勝手がいいのか!? 買いグレードは一体どれだ?

文/青山尚暉、写真/MAZDA

【画像ギャラリー】マツダ CX-8の「2列目」に注目!! 最上級グレードをとるのか、超便利グレードをとるのか!?(7枚)画像ギャラリー

■SUVでキャプテンシートを選べるのは2台だけ!! ただ2列目シートの選択が超悩ましい

2列目シートだけでも3種類のバリエーションを持つマツダ CX-8

 クルマ購入時、ナビやサンルーフなどの装備を選ぶことはあっても、シートの選択は、軽自動車の前席のベンチシート、セパレートシート、輸入車によくあるコンフォートシートとスポーツシートの設定はあったとしても、とくにセダンやコンパクトカーではまずないことだ。

 もちろん、ミニバンでは2列目席にベンチシートとキャプテンシートが用意されているのは通例で、アルファードに至ってはベンチシートから最上級のエグゼクティブラウンジシートまでの4種類が揃っている。ファミリーからVIPまでの幅広いユーザーに向けたハイエンドミニバンらしい設定とも言えるのだ。

 その点、SUVの後席に選択の余地はないのが普通だ。デザイン、形状は一緒で、表皮にファブリック、合皮、本革が用意されているぐらいのものである。ところが、国産SUVの中で、後席に3種類ものシートが揃い、選択を迫られる(!?)クルマがある。それが、マツダの3列シートSUV、CX-8である。

■キャプテンシートは絶対条件も最上級グレードは注意が必要!?

 CX-8の2列目席には、キャプテンシートと同様のシート骨格構造を用いた7人乗り仕様に用意される6:4分割のベンチシート。一気に車内の高級感、着座の贅沢感が高まる、SUVとの組み合わせではなかないキャプテンシート(センターウォークスルー)。

 そして最上級の2列目席となるアームレストコンソール付きキャプテンシートが用意されている。

 ベースグレードの25S/XDのみ2列目ベンチシートの7人乗り(2+3+2人)となるものの、それ以上のグレードでは6/7人乗り、2列目キャプテンシートとベンチシートが選べるようになっている。

 CX-8の車格、エクスクルーシブなキャラクターから2列目席はキャプテンシートで決まりだが、上記のようにキャプテンシート(センターウォークスルー)と最上級のアームレストコンソール付きキャプテンシートがある

 最上級グレードの25S/25T/XD エクスクルーシブモードのアームレストコンソール付きキャプテンシートはパワーシート&パワーウォークイン仕様となり、左右2席の間にアームレスト付きコンソールがドーンと鎮座する。

 当然、2列目席の居心地、シート周りの高級感、リクライニングなどの操作性、アームレスト付きコンソールにカップホルダー×2、充電用USB端子、小物入れ、ストレージボックスまで備わる便利さ、飛行機のアッパークラスを思わせる贅沢な居心地感では最上となるだろう。

 それこそ、ハイエンドミニバンの上級グレードから乗り換えてもまったく不満のない2列目席居住空間ということだ。

 CX-8は299.42万円~(2.5Lのガソリン車)。最上級グレードのXDエクスクルーシブモードでも476.3万円(いずれも2WD)と、その全長4900×全幅1840×全高1730mmのボディ、2930mmのホイールベースによる堂々たるサイズ、車格感からすれば、かなりリーズナブルな価格設定である。

 勢い、ほかにはなかなかない2列目キャプテンシートを備えるSUVということもあって「せっかくならアームレストコンソール付きキャプテンシートが備わる最上級グレードのエクスクルーシブを選んでしまおう」と盛り上がりがちである。

 だが、じつは同じ6人乗りでも、その下の25S/XDのLパッケージのキャプテンシートを選択するほうが正解だったりするのである。

次ページは : ■最上級グレードはNG!? 3列目の使用頻度でグレードを決めるべし