ルーミー ライズはダイハツ製! ヒット車連発のダイハツ車の魅力と欠点とは

ルーミー ライズはダイハツ製! 実はトヨタよりクルマ作りが上手? ヒット車連発のダイハツ車の魅力と欠点とは

 4月の新車販売台数で初の1位となったトヨタルーミー、そして6位のトヨタライズ。ご存じの方も多いと思うが、この2車種はダイハツが主導で企画開発し、生産もダイハツが行う、ダイハツからのOEM供給車である。

 ちなみに、4月1位1万1108台を売り上げたルーミーのダイハツ版はトールで36位792台、6位6343台を販売したライズのダイハツ版ロッキーは24位1610台と、ダイハツトールはトヨタルーミーの1/14、ダイハツロッキーはトヨタライズの1/4。

 圧倒的にトヨタ車に比べ、ダイハツ車のほうが少ないが、中身はほぼ同じだ。

 もちろん全国に約6000店舗で全店扱いのルーミー、ライズに比べ、トール、ロッキーを販売するダイハツディーラーは全国約790店舗。実にトヨタディーラーはダイハツディーラーの約8倍と圧倒的に販売力の差がある。

 さて、よい商品を手頃な価格で販売するという「良品廉価」なクルマ作りが知られているダイハツ。いま、ダイハツ車の魅力と欠点とは何か、探ってみた。

文/渡辺陽一郎
写真/トヨタ、ダイハツ、ベストカーweb編集部

【画像ギャラリー】商用車はダントツ!! 軽乗用車はトヨタOEMで順調!! ダイハツ良品廉価のラインナップ!!(20枚)画像ギャラリー

■ダイハツを支える軽商用車

2021年12月にマイナーチェンジを受けて登場したダイハツ ハイゼットトラック(エクストラ)

 今は軽自動車の人気が高い。2021年度(2021年4月から2022年3月)に国内で販売された新車の内、軽自動車が37%を占めた。そして軽自動車のトップメーカーがダイハツだ。2021年度には50万6436台の軽自動車が届け出され、2位は47万498台のスズキであった。

 ただし軽の乗用車に限ると、ダイハツの届け出台数は34万8154台で、スズキの36万328台よりも少ない。ダイハツで好調に売られるのは軽商用車になり、2021年度には15万8282台を届け出した。

 スズキの11万170台に比べると1.4倍に達する。このようにダイハツは、軽商用車の好調に支えられ、軽自動車の販売1位になった。
 
 ダイハツの軽商用車で、特に販売が好調なのは、ハイゼットトラックの7万9692台と、ハイゼットカーゴ(バン)の7万8569台だ。ライバル車のスズキキャリイは4万8175台、エブリイバンは6万519台だから、ダイハツ車の売れ行きが圧倒的に多い。

 ダイハツの軽商用車は全般的に設計が新しく、ハイゼットカーゴは2021年12月にフルモデルチェンジを行った。

 この時にはアトレーも一新され、従来のワゴン仕様からバン仕様にカテゴリーを変えた。従って現在のアトレーは、ハイゼットカーゴの上級シリーズになる。ハイゼットトラックも、同時にマイナーチェンジを行った。

 新開発された機能としては、後輪駆動車用のCVT(無段変速AT)がある。走行状態に応じて最適な変速が無段階で行われ、燃費効率が向上した。従来の4速ATに比べると、変速されるギヤ比も幅広くなるから、登り坂での発進も力強い。

 電子制御式4WDも採用され、衝突被害軽減ブレーキも進化した。さらに荷室のデコボコを減らすなど、商用車としての使い勝手も向上している。

 ただしダイハツの軽商用車は、ハイゼットとアトレーのフルモデルチェンジで売れ行きを伸ばしたわけではない。2020年度も軽乗用車はスズキが多く、ダイハツはその不振を軽商用車でカバーしていた。

 ダイハツの苦悩は、タントの販売不振と、それによってスズキに負けている軽乗用車の売れ行きだ。現行タントは2019年に登場して、2020年にはN-BOXと販売1位を争うハズだった。

 ところがタントの売れ行きは、N-BOXの66%にとどまってしまった。スペーシアも抜けず、軽自動車の販売順位は3位だった。2021年も3位で、N-BOXとの差は縮まらない。

 ちなみに先代タントは好調だった。発売の翌年となる2014年には、1年限りではあったが、N-BOXや先代アクアを抜いて国内販売の総合1位になった。この年のタントは23万4456台を登録したが、現行型の2020年は12万9680台だ。コロナ禍の影響を受けたとはいえ、2014年の55%では少なすぎる。

次ページは : ■重要な「軽自動車販売1位」の看板