インド生まれのFUSOトラックは約3万5000台! 三菱ふそう川崎工場と双璧を成すアジア市場の基盤オラガダム工場が創業10周年

2025年までにカーボンフリーの操業を達成

 2021年、世界中で新型コロナウイルスの流行が続くなか、DICVの輸出台数は前年比25%増加した。

 DICVの取締役社長・CEOのサティヤカーム・アーリャは、「サプライチェーンの混乱、資源・原油価格の上昇、パンデミックの影響にもかかわらず、国内卸売で前年比48%増、トラック、バス、部品の輸出で過去最高の伸びを達成することができました」と成果を評価している。

 また三菱ふそうと同様に、DICVも生産分野を含めたバリューチェーン全体でのサステナビリティに取り組んでいる。

 DICVは事業の成長とともに、環境やサステナビリティへのコミットメントを強めてきたが、オラガダム工場の最新設備はすでに再生水のみを使用しており、さらに2025年までにカーボンフリーな操業を達成する予定だという。

【画像ギャラリー】ダイムラー・トラック・アジアのインド・オラガダム工場をギャラリーで見る(7枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!