ETCでポイ活が捗りまくる!?? 意外と知られていないすげえお得なETCドライブ旅

ETCにはお得がいっぱい!! ドライブ旅に使い倒さにゃ損!! 高速道路でポイ活しよう

 利用率90%超と、高速道路を利用するうえで当たり前の存在となりつつあるETC。決められた時間にETCレーンを通過するだけで適用される深夜割引や休日割引は知っている人も多いだろう。しかし、実はETCには登録制でポイントが貯まるマイレージサービスや、マイレージサービスに登録した人だけが受けられる平日朝夕割引などなど、まだまだお得なサービスがあることをご存じだろうか。首都高や阪神高速など都市部では適用されないのが残念だが、高速道路の使い方次第では交通費を節約することができる。

 今回は、意外と知られていないマイレージサービスと、平日朝夕割引について紹介する。普段から通勤やドライブで高速道路を利用しているドライバーはもちろんだが、帰省や旅行で高速道路を利用するような予定がある人にも参考にしていただきたい。

文/入江 凱、写真/写真AC

【画像ギャラリー】ETCを賢く活用! 高速道路でポイントを貯めよう(7枚)画像ギャラリー

登録・年会費は無料! ETCマイレージサービスって何?

 ETCマイレージサービスとは、全国の道路事業者が行っている事前に登録したETCカードを利用した際の通行料金に応じてポイントが貯まるサービス。一定のポイントまで貯めることで高速道路や有料道路の支払いに充てられる「還元額」というものに交換することができる。

 ポイントを還元額に交換すると、次にETCを利用した際に自動で還元額分が支払いに充てられる。還元額という名前が聞き慣れないという人も多いかもしれないが、還元額とは無料通行分のことで、要は500円分の還元額を使用すれば500円分が無料になるということだ。巷のポイントカードなどと同じしくみだ。

 登録・年会費は無料となっているので、あまり高速道路や有料道路を利用する機会がないというドライバーでも登録しておいて損はないだろう。家族旅行やドライブで走っているうちに気づいたらポイントが貯まっていた、なんてこともあるかもしれない。

ポイントと還元額ってどのぐらい貯まる?

ETCにはお得がいっぱい!! ドライブ旅に使い倒さにゃ損!! 高速道路でポイ活しよう
アクアラインでETCマイレージサービスを利用した場合、アクアライン割引で走行料金は800円、さらに80ポイントが貯まることになる

 一般的なポイントカードであれば「100円につき1ポイント、1ポイント=1円として扱う」というシンプルな形式が多い。しかし、ETCマイレージサービスでは道路事業者ごとにポイントが付与される金額や換金額の交換レートが異なっているため、少々わかりづらくなっている。まずは通行料金に応じて貯まるポイントが以下の通りだ。

ETCにはお得がいっぱい!! ドライブ旅に使い倒さにゃ損!! 高速道路でポイ活しよう
通行料金に応じて付与されるポイント。事業者によってポイントの付き方が違い、別の事業者のポイントを合算することはできない

 +αの道路事業者は月の利用額が一定以上の場合、さらに加算ポイントが用意されている。愛知県道路公社の場合は、通常は100円につき1ポイント加算だが、月間利用額が5000円を超え、1万円までの場合には、100円につき4ポイント加算される。

 さらにポイントと交換できる還元額も以下のように事業者によって異なる。一律に「1ポイント=1円」ではないので間違えないようにしたい。

ポイントは一定まで貯まらないと還元額に交換することはできない。その代わり還元額はポイントと違い事業者に関わらず対象である道路なら使用することができる

ポイントは有効期限切れに注意! 

 NEXCOなどの還元額の交換レートを見ると1000ポイント=500円分、3000ポイント=2500円分となっており、大量にポイントを貯めてから還元額に交換したほうがお得と言える。

 少しずつでもじっくりとポイントを貯めてから還元額に交換したいところだが、残念ながらそれはできない。ポイントは走行の翌月20日に付与されるが、ポイントには還元額に交換できる有効期限が設定されているからだ。有効期限はポイントが付与された年度の翌年度末となっており、この期間内に還元額に交換しなかったポイントは失効してしまうので注意しよう。有効期限が少しややこしいので、例を挙げるが、ネットなどで確認しよう。

ex.
2022年3月20日に付与されたポイント
→有効期限は2023年3月末 

2022年4月20日に付与されたポイント
2023年3月20日に付与されたポイント
→ともに有効期限は2024年3月末

2023年4月20日に付与されたポイント
→有効期限は2025年3月末

 ポイントの還元額への交換はインターネットや電話で行うことができるが、交換忘れを防ぐために、一定のポイントが貯まると自動で還元額に交換してくれるサービスもある。

 ただし、このサービスも事業者ごとに異なるうえ、かなりたくさんのポイントが貯まらないと自動で交換するサービスの対象とならないことが多い。 そのため、有効期限が近く、さらに自動交換されるほどポイントが貯まりそうにない場合は、手動で交換するようにしよう。

 また、ポイントから交換した還元額には有効期限はないが、ポイントや還元額が2年間(730日間)増減がない(使用していない)場合はマイレージ登録自体が取り消しとなり、同時に還元額も消失する。

 上記の表は、ポイントが一定額まで貯まると自動で還元額に交換してくれるサービスの事業者ごとの一覧。通行料金10円につき1ポイントが付与されるNEXCOの例で見てみると単純計算で合計50000円分の走行をしないと自動交換の対象である5000ポイントには達しない。有効期限が近づいてもポイントが十分に貯まらないようなら手動で還元額に交換しよう。

次ページは : ETCマイレージサービスに登録する方法

最新号

ベストカー最新号

新型クラウン深掘り&注目4モデルの12連発試乗記!! ベストカー9月10日号

注目が続く新型クラウン。もっと情報を知りたい!という人向けへの「クラウン深掘り」企画。これがベストカー9月10日号の一番の目玉。さらに、その新型クラウンの第5のボディ、クーペの情報や、「SUVにしますか、ほかのタイプにしますか?」という特集も見逃せません!

カタログ