ランクルもプラドも絶好調なのに……三菱 パジェロだけがなぜ衰退したのか?


 1980年代後半から始まったRVブーム。その筆頭はランクルやパジェロ、サファリにハイラックスサーフなど多くのメーカーからさまざまなモデル登場し、いわば超激戦区であったのだ。ところが、先に挙げたクルマたちで唯一国内で未だに販売しているのはランクルだけとなってしまった。

 今思えば信じられない話だが、パジェロは月販台数一位を獲得するほど超人気モデルで、いまでいうN-BOX並に売れていたのだ。ところが、2019年を以て国内市場から撤退し、海外でも徐々に終売となっている。一体なにが原因でランクル兄弟に負けてしまったのか?

文/渡辺陽一郎、写真/MITSUBISHI、TOYOTA

【画像ギャラリー】4駆といえばパジェロ! 歴代モデルをイッキ見(9枚)画像ギャラリー

■新車の3割がSUVに! しかも本格クロカンが復権の兆し

2021年登場のトヨタ ランドクルーザー。納期待ちが4年以上という人気ぶりだ

 今はSUVが人気のカテゴリーになった。販売ランキングの上位には、ヤリスクロス、カローラクロス、ライズなどが並ぶ。国内で売られる小型/普通乗用車に占めるSUVの比率も、2010年頃は10%少々だったが、今は30%を上まわるまでに。今やミニバンと並ぶ人気のカテゴリーなのだ。

 売れ筋のSUVは、ヤリスクロスのような乗用車用のプラットフォームを使ったコンパクトなシティ派だが、最近は悪路向けのSUVも注目されている。例えば軽自動車サイズのジムニーは、悪路向けのSUVだが、販売店によると「契約から納車までの期間は今でも約1年」という。

 ジムニーは2018年に現行型を発売した時に比べると、国内の届け出台数を2倍近くまで増やした。2022年1~5月の1か月平均届け出台数は約3600台だから、N-WGNよりも少し多い。それでも納期は縮まらないのだ。

 2021年に現行型へフルモデルチェンジされたランドクルーザーは、今でも納期が4年以上だ。開発者は「中東地域向けの車種だから、日本への割り当て台数は、生産総数の10%を大幅に下まわる。その結果、納期が長引いている」という。

 ボディがひとまわり小さなランドクルーザープラドは、2009年の登場だから納期は短いが、それでも販売店では「約8か月を要するから、2022年6月の契約では、納車は2023年2月頃になる」という。

 ランドクルーザープラドだけでも、2022年1~5月には1か月平均で約2200台が登録され、売れ行きはRAV4に迫る。なぜジムニーやランドクルーザーが最近になって注目されているのか。

■ジムニーランクル人気は原点回帰が要因! ラングラーはポロと並ぶ販売台数に

 もともとSUVは、悪路を走る機能を備えるクルマとして誕生したが、道路の整備が進むと、悪路を走破する機会は減った。その結果、野性的な外観のカッコ良さと、ワゴンスタイルによる車内の広さがSUVの魅力になり、乗用車と同じプラットフォームを使うシティ派SUVが増えた。

 近年では2WDを中心に、シティ派SUVが大量に販売され、飽食気味になっている。その結果、ジムニー、ランドクルーザー、同プラドのような2WDを設定しない悪路向けのSUVが、いわば原点回帰として注目されるようになった。

 同様の傾向が輸入車にも当てはまり、2021年の輸入車販売ランキングを見ると、ジープ・ラングラーが上位に入る。メルセデスベンツAクラスを上まわり、フォルクスワーゲンポロと同等の台数を販売した。従来ならば、ジープブランドで悪路向けSUVのラングラーが販売の上位に入ることなど、考えられなかった。

次ページは : ■今はなきパジェロの初代モデルが市場を激変させた! ほかのモデルも続々追従