仕入れ値高くて利益薄!? 今や定番のOEM車はいったい誰が得をするのか


 トヨタとダイハツ、トヨタとスバル、日産と三菱、スズキとマツダなど、今や各メーカーにOEM車がラインナップされるようになった。他メーカーで作られたものを、自社のエンブレムに付け替えただけと言われることもあるが、各社が導入するOEMにはどんな意味があるのだろうか。

 一見すると他社で販売するクルマを自動車メーカーが製造することは矛盾も含んでいるようにも思える。松屋の牛丼を吉野家が製造することはないのと同じだ。しかしOEM車は、誰の得であり損なのか、OEMの開発・販売事情を解説していこう。

文:佐々木 亘
画像:TOYOTA

【画像ギャラリー】トヨタのOEM車「ルーミー」「ライズ」を画像でチェック(13枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ