6000万円のスカイラインR34GT-Rと500万円から買えるR33GT-Rとの差 コスパ激しいR33GT-Rの魅力と不満点


 2022年夏に発売予定の日産フェアレディZだが、すでに車両本体価格も発表。また240台限定の抽選販売となった特別仕様車「Proto Spec」は1万人以上の応募が殺到した。

 その裏で、フラッグシップスポーツカーのGT-Rは2022年モデルの注文台数が予定販売台数に達したため、オーダーストップ。騒音規制などにより、このまま生産終了となると言われている。

 GT-Rは新車が手に入らないと言われるようになった2022年3月から中古車相場は値上がりしはじめ、5月の平均価格は約1539.3万円と最高値を記録。わずか3カ月で約540万円も値上がりしている。

 その現行型GT-Rの中古車の平均価格を上回っているのが、1999年~2002年に販売されたR34型スカイラインGT-R。1989年に登場したR32型から始まった第2世代スカイラインGT-Rの集大成となるモデルだ。

 R34型スカイラインGT-Rは直列6気筒エンジンを搭載した最後のモデルということで、非常に人気が高く、現在中古車の平均価格はR35GT-Rの約1539.3万円を上回る約1783.8万円となっている。

 特にVスペックIIニュルは3000万円をゆうに超え、5500万円、6000万円の中古車が販売されており、これまでにない爆上がりをみせている。

 そこで、ここではR34型スカイラインGT-Rとその旧型であるR33型の中古車相場を比較し、R33型も今後中古車相場が上昇するのかどうかを考えてみたい。

文/萩原文博、写真/日産自動車

【画像ギャラリー】1千万円台は当たり前!? 中古車価格でも王者の風格!! 第2世代GT-Rの勇姿(8枚)画像ギャラリー