新型テスラモデルYの実車を見に行ってきた! モデル3と比べてどう違うのか?


 6月10日にテスラのプレミアムミッドサイズSUV、モデルYが日本で受注開始された。2020年から導入されているアメリカでは人気車種となっており、2022年1~3月期にモデルYは約5万2000台が登録され、全米EV新車登録台数トップの座に輝いた(調査会社Experian調べ)。

 ちなみに2位は約4万8000台のテスラモデル3、そして3位は約9000台のテスラモデルSだ。4位のフォードマスタング Mach-Eの登録台数が約7000台だから、アメリカ市場でモデルYはその7倍以上売れているということになる。

 そんなモデルYだが、右ハンドル仕様が生産される上海ギガファクトリーがコロナ規制により台数が稼げず、受注開始が延期されていた。それも正常化に向かいつつあり、ようやく日本で受注開始となった。その実車をテスラ新宿で見られるというので、さっそく見に行ってきた。

文/柳川洋
写真/ベストカーweb、柳川洋

【画像ギャラリー】モデルYとモデル3を画像で徹底チェック!(27枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ