新型テスラモデルYの実車を見に行ってきた! モデル3と比べてどう違うのか?


 6月10日にテスラのプレミアムミッドサイズSUV、モデルYが日本で受注開始された。2020年から導入されているアメリカでは人気車種となっており、2022年1~3月期にモデルYは約5万2000台が登録され、全米EV新車登録台数トップの座に輝いた(調査会社Experian調べ)。

 ちなみに2位は約4万8000台のテスラモデル3、そして3位は約9000台のテスラモデルSだ。4位のフォードマスタング Mach-Eの登録台数が約7000台だから、アメリカ市場でモデルYはその7倍以上売れているということになる。

 そんなモデルYだが、右ハンドル仕様が生産される上海ギガファクトリーがコロナ規制により台数が稼げず、受注開始が延期されていた。それも正常化に向かいつつあり、ようやく日本で受注開始となった。その実車をテスラ新宿で見られるというので、さっそく見に行ってきた。

文/柳川洋
写真/ベストカーweb、柳川洋

【画像ギャラリー】モデルYとモデル3を画像で徹底チェック!(27枚)画像ギャラリー

■写真と実際に見るのでは大違い! モデル3と比べ物にならないぐらい強い押し出し感

6月10日から受注が開始されたテスラモデルY。ボディサイズは全長4751×全幅1921(ミラー含まず)×全高1624mm
こちらはモデル3。ボディサイズは全長4694×全幅1849×全高1443mm。画像ではあまり雰囲気の違いが感じられないが、実際はボリューム感がかなり違うという

 ウェブサイトで見たモデルYは、モデル3がわずかに大きくなり、車高が高くなっただけに見え、それほど強い印象を受けなかった、というのが正直な感想だ。だが、テスラ新宿でモデルYのRWDの実車をこの目で見てみたら、モデル3とは全く違うボリューム感に圧倒された。

 リアフェンダー部の張り出しが大きく、ホイールアーチ部の艶消しのモールがそれをさらに強調、またオプションの20インチホイールが装着されていたこともあり、後ろから見た時に受ける「押し出しの強さ」が半端ではないのだ。

実車を確認すると、リアフェンダーの張り出しとボディのベルトラインがモデル3とは大きく異なることがわかる

 圧倒的なボリューム感を生み出しているもう一つの要因が、ドアパネルとテールゲートの形状。モデルYはSUVということもあり、リアトランクを備えるモデル3と違ってパワーテールゲートが採用されているが、ドアパネルからテールゲートまで流れるラインの位置が、とても高いのだ。ドアパネル上端は、ご覧の通り身長178センチの筆者の腰骨の位置より高い。

ドアパネルの上端は筆者の腰骨より上、肋骨の一番下あたりに位置。ドア本体は縦にも横にも大きい

 モデルYのサイズは、テスラのオーナーズマニュアルによると全長4751mm×全幅1921mm(ミラー含まず)×全高1624mm。モデル3の4694mm×1849mm×1443mmと比較して、モデルYは57mm長く、72mm広く、181mm高いことになる。

 実車において、モデルYの車格がモデル3対比で1枚も2枚も上に見えるのは、この高さによる部分が大きいのではないかと感じた。

こちらはモデル3。先の画像と手を当てている高さは同じだ。モデルYとの高さの違いが非常に大きいことがお分かりになるだろう

■高さは車内空間の広さと快適さ、開放感にもつながっている

身長178cmの筆者がリアシートに座った状態。一枚ガラスのガラスルーフによって室内空間は明るく開放感抜群だ。なお、膝先空間はこぶし1.5個分のスペース

 その高さは、SUVの美点としての前方視界の良さだけではなく、車内空間の広さ、特に後部座席の開放感と快適さにつながっている。身長178センチの筆者に合わせたドライビングポジションを取ったとしても、その後ろのシートに座ると、膝先空間にはこぶし1.5個分ほどの余裕がまだある。

 その上、前席シート下に空間があり、そこに投げ出すように足を入れることができるため、窮屈さをほとんど感じない。さらに分割可倒式のリアシートは、リクライニングも可能で、座り心地も良い。

 足元の広さに加え、ヘッドクリアランスも大きく、フロントからリアに続く大きな一枚ガラスのルーフウインドウの開放感もあって、モデルYのリアシートに座る人の満足度は相当高いのではないかという印象を受けた。

リアシート背もたれのリクライニングは3段階調整が可能だ
モデル3よりシートの取り付け位置が高く、シート下に足を入れることができるので乗車姿勢に余裕ができる。モデル3はここまで足が深く入らない

次ページは : ■大人4人乗車で4人分のゴルフバッグも無理なく積める実用性の高さも兼ね備える

最新号

ベストカー最新号

新型クラウン深掘り&注目4モデルの12連発試乗記!! ベストカー9月10日号

注目が続く新型クラウン。もっと情報を知りたい!という人向けへの「クラウン深掘り」企画。これがベストカー9月10日号の一番の目玉。さらに、その新型クラウンの第5のボディ、クーペの情報や、「SUVにしますか、ほかのタイプにしますか?」という特集も見逃せません!

カタログ