フルモデルチェンジもアクアが低迷!! 半導体不足だけじゃない!? かつての王者苦戦のワケ

フルモデルチェンジもアクアが低迷!! 半導体不足だけじゃない!? かつての王者苦戦のワケ

 2021年7月に2代目へフルモデルチェンジしたアクア。「どんな人にも、どんな時でもいい」をキャッチフレーズに、大きな進化を遂げたのだが、初代ほどの元気がない。

 フルモデルチェンジから現在まで、乗用車ブランド通称名順位の月別順位でも首位を取れず、中段に沈むことも多い。かつての人気車アクアはどこへ行ったのか。アクアが苦戦する理由を考えていく。

文/佐々木 亘
写真/TOYOTA、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】PR不足? ハイブリッドしかないのが裏目に出た? 苦戦の現行型アクア 一発逆転の手段はあるのか!?(10枚)画像ギャラリー

■初代アクアに比べると目立つPR不足

2011年登場の初代アクア。販売開始から1カ月で月間販売目標の10倍におよぶ12万台の受注を記録した
2011年登場の初代アクア。販売開始から1カ月で月間販売目標の10倍におよぶ12万台の受注を記録した

 初代アクアの登場は、非常に衝撃的なものだった。販売開始から1カ月で月間販売目標の10倍におよぶ12万台の受注を記録する。アクアのCMを見ない日はないほど、毎日さまざまな時間帯でPRが行われていた。認知度は急激に高まり、その後も販売台数は高い水準で維持されている。

 モデル中期から末期になると、CMの内容をがらりと変わった。「千本桜」や人気RPG「ファイナルファンタジー」「ドラゴンクエスト」の曲を使い、印象に残るCMづくりで認知度をキープ。

 若年層から30~40代のファミコン世代にスポットを当て、アピールの仕方や売り方にも工夫があったように見える。最終型では鬼滅の刃のオープニング曲「紅蓮華」をリミックスして使用し、若い世代への訴求をさらに強めた印象だ。

 対する現行型のCMは、発表当初には目にすることがあったが、他車種のCMに比べると、放送回数は少ない。今は、カローラクロス、ノア、ハリアーなどが目に留まり、あとはトヨタイムズの印象が強く残る。余程のアクアファンでない限り、あの「いい」CMを覚えている人は少ないのではないだろうか。

 店頭でのPRも少ない。販売店に立つ横断幕や旗は、ノア/ヴォクシー、SUVを主にしたもので、展示車両でもアクアの姿はほとんど見なくなった。人目から、どんどんと遠ざけられていくアクア、売れ行きが芳しくないのも頷ける。

■ハイブリッド専用車であることが足かせに

 トヨタラインナップでは、すでにハイブリッド設定のないクルマを探すほうが難しい。かつてはプリウス、アクアが代表格であったハイブリッド車は、ほぼ全車種に設定され、さらにガソリンモデルが併売されている。

 現在トヨタを引っ張る人気車種は、ヤリス(ヤリスクロス)、ルーミー、ライズ、アルファード、ノア/ヴォクシー、ハリアーと言ったところだろう。こうした販売台数トップ10の常連車種に混ざって、時々アクアが顔を出す程度だ。

 この中で、ハイブリットの設定がないのはルーミーのみ、逆にハイブリッドだけなのはアクアだけとなる。そのほかのクルマはすべて、ハイブリッド(ライズのe-SMARTハイブリッドを含む)とガソリンの併売車種だ。

 ルーミーに関しては、価格の安さと機能的で広い室内空間が、若年層と高齢ユーザーにズバッと刺さっている。特徴がわかりやすく、ユーザーへ訴求しやすいクルマだ。

 対してハイブリッドだけのアクアは、ヤリス以上カローラスポーツ未満という車格を生かせず、両者の間に埋もれてしまっている。選択肢が少なく、売り手側もターゲットがわかりにくいと敬遠気味だ。

 ハイブリッドにこだわり、ハイブリッドであることがアクアの価値であったが、今ではそれが大きな足かせとなってしまったのだろう。

次ページは : ■プリウスの廉価版は必要ない! 高級アクアの開発が急務?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ