クルマ好きにも刺さる!? 日産サクラ&三菱eKクロスEVの魅力とは何か?


 今年5月20日に発表された軽EVの2台、日産サクラと三菱eKクロスEVの売れゆきが絶好調だという。両車とも最廉価グレードで239万円台という価格設定になっているのだが、国から55万円もの補助金が出るのに加え、各地方自治体からも補助金が出る(東京都の場合で45万円)。

 そんな軽EV2台は一般ユーザーだけでなく、クルマ好きにも刺さる内容となっているのだとか。その詳細について自動車評論家の国沢光宏氏が指南する。

文/国沢光宏写真/佐藤正勝、三菱自動車

【画像ギャラリー】売れゆき絶好調の新型軽EV2台、日産サクラ&三菱eKクロスEVを写真でCHECK!(22枚)画像ギャラリー

■国からの補助金だけで55万円!

日産サクラ。すでに国沢氏もプロトタイプを試乗しているが、やはり「買い!」の1台なのか

 電気軽自動車の日産サクラと三菱eKクロスEVの売れゆきが好調だ。7月1日時点でのバックーオーダーについて日産と三菱の広報に聞いてみたら、いずれも「4カ月程度を考えていただければと思います」。

 ディーラーに問い合わせてみたら地域差もあって、短ければ3カ月。長いと「年内には納車できると思います」。半導体や部品不足が伝えられるものの、生産は順調らしい。

 さて、サクラとeKクロスEV、迷っているならどうか? ここは積極的に「買い!」だと思う。なんせ補助金がステキ過ぎる! 国から出る電気自動車への補助金はSAKURAとeKクロスEVだと55万円。

 これだけでも239万円台のグレードならeKクロスのガソリン車「T」(ターボエンジン搭載。168万8500円)にかぎりなく近い184万円となる。サクラとeKクロスEV、ガソリンターボ車と同じ64psですから。

 夜に安い電力料金プランを選べば(地域によって幅がある。以下は21.16円/kWhとそれほど安くない東京電力の場合)、15km走るのに使う電気代は40円程度。ガソリンなら160円だから4倍! 5万km走ったら、14万円対53万円になり、大差がつく。エンジン車より高い分は、2万kmも走ったらモトが取れてしまう。オイル交換もしなくてよいから、その分も浮く。

■減りゆくガソリンスタンドに行く必要もなし?

サクラの給電口。もはや減っていく一方のガソリンスタンドに通わなくてすむのは朗報なのかもしれない

 さらに素晴らしいのは、少なくなる一方のガソリスタンドに行かなくてもいいこと。もはやスタンドまで20分以上かかるような地域も出てきた。電気なら日本全国津々で使える。200Vの普通充電用のコンセントは、近所の電気屋さんに頼むと高くて2万~3万円あれば付く。

 1時間の充電で20kmくらい走れる電力を貯められます。1日60km走る人は3時間の充電ということ。

 サクラとeKクロスEV、東京都在住の方なら1秒も迷わず「買いでしょう!」と答えておく。東京都の場合、さらに45万円の補助金が出る! 139万円で買えるということ。

 電気料金の安さまで考えると、100万円クラスの軽自動車と同じくらいの総合コスト(車両+エネルギーコスト)ですむ計算。東京都の軽自動車はすべてサクラとeKクロスEVになってもおかしくないほどのインパクトがある。

■440万円の「軽EV+V2H+太陽光発電」が164万円!

こちらはeKクロスEV。東京都在住の方ならV2Hと太陽光発電のセットでの購入を筆者はお薦めする

 東京都在住で、この際「イッキに二酸化炭素排出量を減らしてやろう!」と思うのなら、太陽光発電と一緒に導入すると一段と面白い。補助金が30万円アップの75万円になるため車両価格は109万円に! 

 そのうえ、V2H(電気自動車の電力を電力不足時や停電時は家庭に流せる装置。工賃も合わせて100万円前後)を付けるなら全額補助! 3kWの太陽光発電ならさらに45万円の補助金が出る!

 つまり、239万円の電気自動車と100万円のV2Hに100万円の3kW太陽光発電をセットで導入したら、通常439万円が164万円になるということ。これだけで需給状況が逼迫し、計画停電すらあると言われている今年の冬も、停電時はV2Hで通常どおり過ごせるし、電気料金を毎月1万円程度安くできる。東京都在住なら、この際、3点セットの導入を強く薦めておきたい。

次ページは : ■EVで気になるバッテリーの寿命は?

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ