目立たないけど魅力的!? 隠れグレード 6選の買い得度


 ほとんどの車種には、エンジンや装備内容などが違う複数の「グレード」が用意されている。なかでもスポーツ仕様のトップグレードや最も売れるグレードは、何かと注目度が高い。

 スズキ スイフトを例にするなら、前者はスイフト“スポーツ”、後者はハイブリッド系のグレードといったイメージだろう。

 一方で、目立たないものの個性を見せる“隠れグレード”も存在する。先述のスイフトでいえば“RS”などもその好例だ。

 こうした隠れグレードは「買い」なモデルでもあるのか? 6つの隠れグレードの買い得度を判定!

文:渡辺陽一郎
写真:編集部、NISSAN、TOYOTA、HONDA、SUBARU
ベストカー 2018年10月10日号


隠れグレード【1】デミオ/15MB

価格:156万600円/主な特徴的内容:モータースポーツ用途を見据え、専用セッティングを施したトルクフルな1.5Lエンジンと6MTの採用

 「15MB」はモータースポーツのベース車両で、エンジンは1.5Lの直噴式だ。デミオで唯一プレミアムガソリン仕様となる。トランスミッションは6速MTのみで、ギヤ比は15MB専用となっている。

 そのほかの装備は、マイチェン前に設定されていた価格が最も安い「13C」(※現在は廃止)に準じるが、ホイールは軽量な15MB専用のアルミ製となる。

 価格は156万600円で、以前の「13C」に比べて16万7400円高い。このうち、アルミホイールが6万〜7万円に相当するから、エンジン性能の向上に支払われる対価は10万円前後だ。

 エンジン排気量の価格換算は「100ccあたり2万円」が相場となる。200ccなら4万円だから、10万円に達する15MBは割安とはいえない。

 それでも販売台数のかぎられるモータースポーツのベースエンジンで、使用燃料がプレミアムガソリンに変更されることまで考えると、価格は妥当だろう。

買い得感:★★★☆☆

隠れグレード【2】フェアレディZ/ヘリテージエディション

価格:408万240~415万8000円/主な特徴的内容:レーシングストライプ入り専用ボディカラー(4色)、イエロー×ブラックの専用内装色を採用

 初代フェアレディZは、日本だけでなく北米でも注目を浴びた。1977年には、北米でイエローのボディにブラックのレーシングストライプを装着する「280Zスペシャルデコレーションパッケージ」が設定され、高い人気を得ている。

 そこで現行フェアレディZに、リメイク版のヘリテージエディションを用意した。

 内外装は41年前に発売された「280Zスペシャルデコレーションパッケージ」に似ている。イエローのボディカラーやデカールは、ヘリテージエディション専用だ。ステアリングホイール、フロントセンターコンソールなど、内装も専用色に仕上げた。タイヤサイズなどを含めた装備内容は、フェアレディZの標準仕様と同じだ。

 価格は17万2800円高い。色彩の変更で、この金額が上乗せされた。特別仕様車としては割高感が伴う。

買い得感:★☆☆☆☆

次ページは : 隠れグレード【3】アクア/クロスオーバー

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ