人生で一度は味わいたい!! ドイツ製大型高級セダンは100万円台から買える! 【おっさんはこれに乗れ!】


「今の時代、おっさんはどんなクルマに乗るべきか?」

 いやもちろん、どんなクルマに乗ったっていいのだが、アナタ(おっさん)が仮にクルマ好きなら、周囲のクルマ好きからどう見られるかを意識するはずだ。そして少なくとも、「シブイなぁ!」とか、「わかってるね~」と思われたい、と願うのではないだろうか? そういう選択を、ワタクシ清水草一が独断で展開いたします!

文/清水草一
写真/メルセデスベンツ、BMW、アウディ

【画像ギャラリー】いまおっさんが乗るべきドイツ3メーカー車を写真で見る!(9枚)画像ギャラリー

■買いたいクルマが買えない世の中で狙うべきは……

 中古車が高騰している。一部のマニアックなモデルが暴騰しているだけでなく、ごく普通のモデルも驚くほど高くなってしまった。データを見ると、ピークは2022年3月で、その後やや落ち着きを見せているが、あくまで高止まりで、またいつ上昇に転じるかわからない。

 中古車が高くなると、お買い得感が薄らいでしまう。なにせ新車がなかなか手に入らない状況なのだから当然だ。トヨタ 新型ランクルやレクサス LXなんか、受注停止で買えなくなってしまった。

 そんな時、おっさんはどうするべきか? 「人の行く裏に道あり花の山」という。投資の世界で使われる格言だが、いまや自動車購入も一種の投資。表がダメなら裏を行くべきだろう。

 では、裏とは何か。裏の裏の中古車選びとはどんなものか!?

 ドイツ製の大型高級セダンである。メルセデスベンツ Sクラス、BMW 7シリーズ、アウディ A8というドイツ御三家の最高級セダン軍団は、新車価格が2000万円級であるのに対して、中古車相場が猛烈に安いことで、昔から有名だった。

ベンツ、BMW、アウディと、3ブランドともプレミアムサルーン製造を得意としている(写真は先々代型BMW7シリーズ)

 こういった最高級セダンを買うのは、基本的に富裕層。中古車を買うなんていう思考回路自体がなかったりするのである。なかには買い替えの際、下取りではなく、「必ず廃車にしてくれ」と念を押す人もいるという。意味がよくわからないが、自分が乗っていたクルマが流通することが耐えられないらしい。とにかくそういう方も存在する。

 富裕層が乗っていたドイツ製最高級セダンたちは、デカすぎて邪魔だし、維持費がかかるし、燃費も悪い。庶民にはなかなか手が出ない。だから需要が少ない。高級スポーツカーのように希少でもない。ガンガン相場が下がるのは当然なのだ。

 では、どれを選ぶべきか。まず年式だが、一応「10年落ち」までを目安にしたらどろうだろう。もちろんそれより古くてもいいのだが、13年超経過すると自動車税がアップするし、トラブルの確率も高くなる。このテのクルマの電子部品が壊れたら、修理には莫大な費用がかかる。

 間違っても「一生乗る!」なんて思ってはいけない。10年落ちを買って2~3年乗り、人生の美しい思い出にするのが、相場師的なクルマ選びとしてベターではないだろうか。10年落ちのドイツ製最高級セダンというと、次のようなラインナップになる。

■Sクラスは先々代型か先代型か!?

【メルセデスベンツ Sクラス】
 先々代型が2013年前半まで販売され、2013年の途中から新型(先代型)に切り替わっている。現行型は昨年(2021年)から。

【BMW 7シリーズ】
 先々代型が2009年に登場し、2015年まで販売された。現行型はまだ出たばかりで、納車は始まっていない。

【アウディA8】
 先代型が2010年に登場し、2018年まで販売された。

 これら3モデルのなかで、最も相場が安いのは、最もタマ数の多い先々代型メルセデスベンツ Sクラスだ。中古車は100万円強から存在し、200万円前後でそこそこのタマを買うことができる。Sクラスは2021年に新型に切り替わったため、10年落ちは2代前になっていることも、安さの要因のひとつだろう。

 しかし、「ドイツ車は、熟成の進んだモデル末期を狙え」というのは、ひとつの鉄則。先々代型Sクラスは、ルックスは威風堂々(Sクラスは常に威風堂々だけど)。走りにも文句はなし。おっさんは先々代型Sクラスに乗ってブイブイ言わせろや!

 ひとつ新しい先代型Sクラスの場合、300万円が目安になってくるが、マニアなら是非狙うべきモデルが存在する。ディーゼルハイブリッドの「S300h」だ。メルセデスの最高級セダンなのに燃費が抜群で、満タンで鹿児島から東京まで走破できるというのが謳い文句だった。

 実際、ロングドライブなら20km/Lを超えるほど燃費がいい。もちろん加速も文句なし。フィーリングもスバラシイ。これだけは、マニアの一生モノとして手に入れたいモデルである。ディーゼルなので耐久性は高いはずだ。

メルセデスベンツのフラッグシップといえばSクラス。先代型の高級感はは間違いなく世界トップクラス

 ただし先代型S300hの中古車は希少だ。メルセデスが気合を入れて日本に導入し、テレビCMまで打ったにもかかわらず、販売はサッパリだった。Sクラスの新車をお買いになる富裕層は、ディーゼルとか燃費とか、そんなことをコレッポッチも考えない人が多いかったのである。

 それでもこのS300h、300万円前後から物件が存在し、400万円以内で手に入れられる。決して安い買い物ではないが、マニア受けするモデルなので、将来的に値段があまり下がらない……かもしれない。マニアックなおっさんは先代型S300hに乗れ!

次ページは : ■7シリーズとアウディA8のおすすめエンジンは?

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ