鳴かぬなら、鳴くまで待とう! レクサス IS【おっさんはこれに乗れ!】


「今の時代、おっさんはどんなクルマに乗るべきか?」

 いやもちろん、どんなクルマに乗ったっていいのだが、アナタ(おっさん)が仮にクルマ好きなら、周囲のクルマ好きからどう見られるかを意識するはずだ。そして少なくとも、「シブイなぁ!」とか、「わかってるね~」と思われたい、と願うのではないだろうか? そういう選択を、ワタクシ清水草一が独断で展開いたします!

文/清水草一
写真/トヨタ

【画像ギャラリー】いまおっさんが乗るべきレクサスIS(現行型)を写真で見る!(7枚)画像ギャラリー

■国産車にこだわるおっさんが選ぶべきブランド

 おっさんは、歳を重ねるほどに冒険ができなくなる。人間だもの、当たり前のことである。長年ドイツ車にあこがれを抱いていたとしても、「ガイシャなんて分不相応だ」とか、「ガイシャは故障が怖い」とか、「ガイシャなんて近所に何を言われるかわからない」とか、あるいは「国産車がこれほど優れているのに、なぜわざわざガイシャに乗る必要があるのか!」くらい、強い意志を持って国産車にこだわるおっさんも少なくないことだろう。

 ドイツ車はダメ! もちろんフランス車やイタリア車やアメリカ車なんて論外! というおっさんが、満を持して乗るべきブランドは何か。

 レクサスである。「である」というより、それしかあるまい。鉄壁の信頼性を誇るトヨタ車の、さらに上位に位置する高級ブランド、それがレクサスだ。

 鉄壁の信頼性を誇るトヨタ車の「上」なのだから、その信頼性はまさにテッパン。この世にこれ以上信頼できるブランドがあるだろうか? レクサスが信頼できない人は、おそらくこの世に信頼できるものなど何もない。せいぜい金(ゴールド)の価値くらいだろう。

 まあとにかく、レクサスはこれ以上ない手堅い選択だ。武将で言えば徳川家康である。信長のように高転びにあおのけに転ぶことはないし、秀吉のように朝鮮に出兵して大損害を出すこともない。石橋を叩いて渡り、ついには260年の太平の世を作り上げるのだ(家康は生涯何度も大バクチを打った生粋の戦国武将ですが、イメージ的にはそうなります)!

 どんなに信長がカッコよく、いかに秀吉が滝昇りに出世しようとも、最終的には家康の勝利。それがレクサスというブランドの立ち位置である。

満を持して日本でブランドを開設すると、じっくり時間をかけながら現在の立場を築き上げたレクサス。まるで最後の最後に天下を手中に収めた徳川家康のようだ

 レクサスはブランドとして十分魅力的だ。若い女性にも非常に人気がある。ガイシャに乗っている男はチャラチャラしているけれど、レクサスは堅実で安心安全でお金もある。つまり家康のようにテッパンなのである。おっさんにはモテるとかモテないとか、もはや関係ない話だが、とにかくレクサスのブランドイメージはテッパンなのだ。

 レクサスはディーラーも素晴らしい。建物も素晴らしいが、なによりもサービスが素晴らしい。レクサスのディーラーは、トヨタディーラーとはまったくの別世界。民宿と高級ホテルくらいの差がある。

 そのサービスは、ドイツ車のディーラーなんかよりもはるかに上だ。ドイツ車のディーラーに行くと、営業マンに値踏みされるような被害妄想を感じるが、レクサスでは絶対そんなことはない。誰でももれなくお殿様・お姫様気分にしてくれる。まさに竜宮城である。

■ドイツ御三家に対する激しい情念!

 では、おっさんはレクサスの何に乗るべきか。

 もちろん何に乗ってもいいのだが、家康の中の家康、定番中の定番と言えば、ミドルセダンのISだ。サイズが手ごろで使い勝手は万能。レクサスはISを買っておけば間違いない!

 しかもISは、2020年のビッグマイナーチェンジによって、ほとんどフルモデルチェンジ級の変更を受け、別物のクルマに生まれ変わった。見た目もぐっとカッコ良くなったが、走りの進化には心底驚かされた。その質感の高さは、「ついにレクサスがドイツ御三家に勝った!」と言えるほどのものだ。

2013年に発売された現行型レクサスISは日本では2代目(初代モデルは日本ではトヨタ アルテッツァとして販売された)。レクサスのブランドアイコンとなるスピンドルグリルが採用された

 レクサスの看板パワートレインは、トヨタ得意のハイブリッドだ。トヨタのハイブリッドというと、燃費はいいが走りはイマイチという印象もあるが、2.5Lハイブリッドシステムを積むIS300hに乗ると、パワートレインのことを忘れるほどシャシーが素晴らしく、それだけで十分ヨロコビに浸ることができる。

 つまり、やっぱりハイブリッドにはダイレクト感が全然なくて、スポーティに走るには物足りないのだが、シャシーがあまりにもイイ! しなやかに路面をいなして乗り心地抜群なのに、ハンドリングがスポーティで思い通りのラインをトレースできるので、それだけで「ああ、いいクルマだなぁ」と満足してしまうのだ。

 これがIS300の2Lターボ(245馬力)になると、いいエンジンを回すヨロコビも加わる。”たかが”2L 4気筒ターボだが、今や2L 4気筒ターボこそが、全世界のプレミアムブランドで主役を張っている。ISのエンジンは、トルクフルなのは言うまでもないが、高回転までブチ回した時の回転フィールもスムーズかつ適度に官能的。レクサスのエンジンもここまで来たか……と唸るしかない。燃費はあまり良くないですが。

 3L V6自然吸気エンジン(318馬力)搭載のIS350ともなれば、贅沢の極み。今やこのクラスで、大排気量マルチリシンダー自然吸気エンジンを積むモデルは希少だ。それは、とろけるようなフィーリングの、古き良き余裕のパワー/トルクである。燃費は相当悪いですが。

 レクサスのセダンには、ドイツ御三家に追いつき追い越せという激しい情念を感じる。ISは、その情念のカタマリとも言うべきスポーツセダンなのである! おっさんはレクサスISに乗れ!

次ページは : ■初期モデルが狙い目な理由