今、20代男性の4割がデート経験なし! かつての「恋愛仕様」ホンダS-MXが偉大だったワケとは!?

今、20代男性の4割がデート経験なし! かつての「恋愛仕様」ホンダS-MXが偉大だったワケとは!?

 近年、車中泊が当たり前のように宿泊の手段として通用する。クルマも車中泊することを見越したような装備を採用したものも増えてきており。電気の供給能力を純正搭載するなど、どんどん使いやすくなっている。

 そんなクルマたちのハシリは何か? そうするとこのクルマが浮かんでくる。そんな存在がS-MXだ。

 今回はそんなS-MXについて、どうして失敗してしまったのかを筆者に振り返ってもらう。実は、質実剛健な良車だった!?

文/清水草一
写真/ベストカーweb編集部

【画像ギャラリー】時代のあだ花!? S-MXを画像で振り返り!(5枚)画像ギャラリー

■かつて「走るラブホテル」とあだ名されたクルマがあった

 先般発表された、内閣府の「男女共同参画白書」(令和4年版)には、以下に紹介する衝撃的な数字が並んでいる。日本では、男女とも晩婚化・未婚化が進んでいるが、男女交際そのものが、大きく減少しているのだ。


<現在、配偶者、恋人がいない人の割合>
20代女性/51.4%
20代男性/65.8%

<これまでデートした人数が0人という人の割合>
20代独身女性/25%
30代独身女性/22%

20代独身男性/40%
30代独身男性/34%

 20代男性の3分の2に、パートナーの異性がおらず、しかも4割は、一度もデートすらしたことがないのである。しかも、「したいけどできない」というよりも、「別に無理してしたくない」というケースが、年々増えているようだ。

 そんな現状からは想像もつかないが、今を去ること26年前、ここ日本で、「走るラブホテル」と呼ばれるクルマが誕生した。ホンダS-MXである。それは、若いカップル向けに作られた、新しいデートカーの形だった。

 1990年代前半のホンダは、得意のスポーツモデルの販売不振に苦しんでいた。そんな時、苦し紛れに出した都会派ミニバンの初代オデッセイが大ヒット。それで息を吹き返したホンダは、「クリエイティブ・ムーバー・シリーズ」と題して、ステップワゴン、CR-V 、S-MX、と、立て続けにRVを発売し、どれもヒットさせた。

 ただ、これら4台のなかで、S-MXだけが一代かぎりで消滅の憂き目に遭っている。その理由はさまざま言われているが、「走るラブホテル」のイメージが強調されすぎて、徐々に敬遠されるようになったこともあるだろう。

■質実剛健な造りとデザインだったが…

 S-MXのパッケージングは非常にまっとうだった。ベースとなった初代ステップワゴンの全長を切り詰め、居住性をある程度切り捨てることで、スポーティな走りを実現。デザインはかつての「ステップバン」を髣髴とさせるシンプルな箱型で、そこには機能美があった。

 居住性を切り捨てたと言っても、大人が4人乗るには充分なスペースだったし、それを全長4m弱で実現していたのは、むしろアッパレだった。S-MXは、見方を変えれば、現在のフリードプラス(2列シート仕様)やソリオの祖先である。

写真はS-MX「ローダウン」で、標準グレードに対して15mm車高が下がっていたり、低音域を強調したマフラーが採用されていたりとライトチューニング的な変更がされている
写真はS-MX「ローダウン」で、標準グレードに対して15mm車高が下がっていたり、低音域を強調したマフラーが採用されていたりとライトチューニング的な変更がされている

 ところが、当時のS-MXはそのスペースがむしろ「いやらしいもの」のように思われてしまった。なぜならホンダは「これこそカップルに最適な、新しいデートカーです!」という、明確な方向性を打ち出していたからだ。前後ともベンチシートで男女が密着可能。シートをすべて倒してフルフラットにすればベッドに早変わり。

 しかも、後席右にあった小物入れが、ティッシュボックスを置くのに最適なサイズだったことが、決定打となった。S-MXという車名自体、「SEXの文字りだ」と言われた。

次ページは : ■バブル期の風が生み出した良心

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ