早すぎたホンダ エレメント……今や中古価格急上昇! 大人気ラシーンに続く?

ホンダ エレメントの中古相場がじわじわ上昇中! 大人気ラシーンに続く?

 新車時にはメーカーが思っているほど売れなかったにもかかわらず、中古になってしばらくしてから人気が燃え上がるクルマは時折あらわれる。

 最近では日産 ラシーンの価格が高騰している。ほどよいサイズとカワイらしいデザイン。そして人気アニメなどに登場したことから大人気となっているのだ。専門店まで存在するほどなのである。

 そんなラシーンにつづくモデルとして注目したいのが、ホンダ・エレメントである。はたして、どんなプロフィールのクルマなのだろうか。

文/山本晋也、写真/HONDA、NISSAN

【画像ギャラリー】こいつで走ればそこはカリフォルニア!! アメリカを感じるポップなSUV・ホンダ エレメント(13枚)画像ギャラリー

■ラシーン&エレメントが高騰中! さほど売れてないクルマがなぜ!?

1994~2000年にかけて生産された日産 ラシーン

 日産 ラシーンは、1994~2000年にかけて生産されたモデル。テールゲートにスペアタイヤを背負っていることからもわかるように当時の典型的なSUVスタイルとなっているが、メカニズムとしてはサニーそのものといえるものだった。ある意味で、ファッションSUVの先駆けといえるのがラシーンだ。

 新車時には爆発的に売れたわけではなかったが、適度なレア感と、一周回ったことで洒落たルックスと評価され、ここ10年ほど中古車相場は高値安定している。おおよそ25年も前のクルマなのに150万円前後の価格をつけているくらいだ。

 新車時価格が180万円あたりだったことを思えば、驚くほどの価値を残しているといえる。

 そんなラシーンにつづくといえるのが、ホンダ エレメントだ。このところじわじわと中古相場を高めている。相場の中心は100万円前後となるが、モノによっては250万円を超える個体も存在している。

 このようにカスタムされた個体が高値をつけて相場を引っ張り上げている点でもラシーンのムーブメントが盛り上がった頃を思わせる。というわけで、ホンダ・エレメントとはどういったクルマだったのか、あらためて解説してみよう。

■エレメントはまさにアメリカを体現! フラットフロアなど使い勝手もバツグンだった

2003年に登場したホンダ エレメント。Bピラーレスの観音開きドアが特徴のクロスオーバーSUVで、企画は北米。各所の機能にアメリカンな空気が漂う

 そのデューは2003年。北米で企画されたクロスオーバーSUVで、Bピラーレスの観音開きドアが特徴。丸目風の異形ヘッドライトや樹脂むき出しのパーツを多用するなど、非常に道具感のあるスタイリングとなっているのもエレメントの個性となっている。

 こうしたスタイリングはライフガードステーションをモチーフにしている。ライフガードステーションというのは、海の安全を守るライフガードが待機する場所で、砂浜に建てられた少し高い建物のこと。

 遠くからも一目で存在がわかるという部分では、まさにライフガードステーション的なルックスといえる。同時に海が似合う、自由の象徴といったイメージもエレメントのスタイリングには込められている。

 またパッケージングとしてはサーフィンで使われるロングボードがそのまま積めるということも重視されており、そのためにフラットフロア化にこだわっているのも特徴だ。

 広いラゲッジは休息スペースとしての活用の意識されているもので、広々とした空間を生み出すために跳ね上げ式のリアシートを採用しているのもユニークなところだ。

 テールゲートが上下分割式となっているのも休息スペースを最大化するための工夫だ。

 こうした設計としたのは、アメリカではピックアップトラックのテールゲートに腰かけて食事を楽しむ「テールゲートパーティ」という文化があり、そうした使い方ができるよう考慮したものだという。まさに北米におけるカルチャーをリサーチして生まれたのがエレメントといえる。

次ページは : ■車幅がネックだったが、いまやフツーのサイズに! 不満点もあるが走破性は申し分なし

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

サッカー日本代表に負けじとアツい! 創刊45周年記念号 第2弾! ベストカー12月26日号

大盛り上がりのサッカー日本代表同様に、アツい内容でお届けするのが発売中のベストカー12月26日号! 創刊45周年記念第2弾の今号は名物の「ゼロヨンテスト」特集や今年を振り返る「クルマ界2022 The総括」特集。大注目の格好いい新型プリウスを丸裸にする特集もあります!

カタログ